プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2014/06/30 (Mon) 22:54:29
過去の14年間を振り返って
 1年に1度、積立投資を始めてからのことを振り返っているが、今年は少し早めに、今年の上半期が終わるタイミングで振り返ってみることにした。

 この14年間の資産残高の推移と損益率の推移は以下のグラフとなる。

資産残高推移(2000年07月-2014年06月)

 このグラフをパッと見てもこれと言って感じることはないかもしれないが、赤い折れ線の損益率(右軸)をみると、0%を境に上下に大きくぶれている。0%より上の場合は利益が出ているのだが、0%より下の場合は損失が出ていることになる。

“過去の14年間を振り返って”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(9)
2014/06/27 (Fri) 22:53:52
運用経過(2014年06月27日)
 ブラジルでのサッカーワールドカップだが、日本代表はコロンビアに負けてしまい、残念ながらグループリーグを突破できなかった。ワールドカップが始まる直前の試合ではよい結果を出していたので、ワールドカップで1勝もできなかった結果を信じることができないくらいだ。

 日本代表は我々が期待したほど実力が付いていなかったということか、それとも他国が日本代表以上に力を付けていたということか?ワールドカップでは運がなかったということもあろうが、運だけでは説明できない力の差も感じた。

 それでも日本代表は全力を尽くしたと思う。お疲れさま。この先もいろいろな試合がやってくるはずで、そのためにも練習を積んで実力を付け、少しでも世界レベルと戦えるようになってほしいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/06/20 (Fri) 23:09:28
運用経過(2014年06月20日)
 ブラジルでのサッカーのワールドカップだが、日本代表は初戦のコートジボワール戦を逆転負けで落とし、ギリシャとの2戦目を引き分け、グループリーグ突破が厳しくなった。初戦のコートジボアール戦は日本が先に点を取りながら逆転されたのは、非常に残念であった。だが、まだもう1戦残しているのであきらめずにがんばってほしい。

 株価は調整を終え、上昇してきている感じもあるが、勢いに欠ける感じがする。これから暑くなり、夏枯れ相場になることも十分に考えられる。今年はこんな勢いを欠く、ダラダラとした動きが続くのかもしれない。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/06/13 (Fri) 23:11:22
運用経過(2014年06月13日)
 ブラジルでサッカーのワールドカップが始まったが、日本代表は直前の試合でよい結果を残していたので、ワールドカップ本番での活躍が期待される。グループリーグ突破も厳しいとの見方もあるようだが、そんなネガティブな見方は気にせず、一生懸命に戦って、よい結果につなげてほしいと思う。

 株価の方はさえないが、日本株式は意外にも週末に上昇し、さらなる上昇も期待される。昨年大きく上昇したので、今年も再び大きな上昇を望むわけではないが、今よりはもう少し上昇してほしいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/06/06 (Fri) 21:56:05
運用経過(2014年06月06日)
 今週の初めには関東では30度を超える暑い日になり、北海道では37度にもなる暑い暑い日になった後に、予想通りというか、多くのところで梅雨入りし、暑さも一服した。梅雨入りした途端に大雨で被害を受けたところもあるようで、今後の天気については要注意だ。

 ECB、欧州中央銀行は前例のないマイナス金利の導入を決定した。その効果は不透明のようだが、ここまでやるか!と思わせる政策はある意味重要で、よく決めたと思う。ただ、ヨーロッパの景気はそれだけ深刻だということで、非常に心配される。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/05/30 (Fri) 23:30:34
運用経過(2014年05月30日)
 気温が高い。ついこの前、25度を超える夏日になる日が出てきたかと思えば、今週は連日30度前後の日が続き、今度の土日は30度を超える真夏日や所によっては35度を超える真夏日になるところもあるようだ。天気予報などでは、体がまだ暑さに慣れていないので熱中症に注意するようにと繰り返し言われており、体には少し堪えるだろう。

 一方で、エルニーニョが発生し冷夏になるような話もあり、この暑さは一体どうなっているのか?と思うが、夏が暑くなると景気にもよい影響があるので、期待したい。その前に梅雨を乗り切る必要があるが。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/05/23 (Fri) 23:36:12
運用経過(2014年05月23日)
 気温が高くなってきて、夏日になることが多くなってきた。外では上着を着ない人も多く、ワイシャツがもう半袖の人もいる。クールビズが浸透してきて、少しくらい暑くてもあまり辛くなくなってきているのはいいことだ。

 しかし、間もなく梅雨が来て、その後には暑い夏が待っている。今年の夏はものすごく暑くなるのだろうか?エルニーニョが発生し、冷夏になるところもあるかもしれないという話もあるようだ。暑くなるか、寒くなるかで経済にも大きく影響を与えるので、心配なところだ。

 株価は、荒れるとも思ったが、落ち着きを取り戻している感じだ。上昇しなくても落ち着いていれば、安心して見ていられるので、よいかもしれない。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/05/17 (Sat) 00:03:55
運用経過(2014年05月16日)
 5月のゴールデンウィーク前後から株価が荒れることが多いことを書いてきたが、今年はそれほど大きく下落している訳ではないが、今週後半だけ見ると大きく下落している感じで、今年も傾向としては当てはまっている感じがしている。6月にかけてもっと大きく荒れることも考えられるので、注意して見守りたい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/05/10 (Sat) 00:23:17
運用経過(2014年05月09日)
 過去の記憶から、5月のゴールデンウィーク前後から株価は大きく荒れることが多いということを書いたが、今年もその傾向が見られるかもしれない。ゴールデンウィーク明けの5/7(水)には日経平均が400円を超える下落となった。その翌日は少し持ち直し、一方的な下落とはなっていないが、戻しは小幅で、軟調な動きだった。

 来週以降はどうなるか分からないが、もう一段の下落は覚悟しておいた方がよいかもしれない。もし、その通りになったとしても、慌てず冷静に見守りたいところだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/05/02 (Fri) 23:31:22
運用経過(2014年05月02日)
 株価、特に日本株式の株価は軟調な動きだが、これはある意味よい動きかもしれない。というのは、先週も書いたが、ゴールデンウィーク前後から株価は大きく荒れることが多いという記憶があるからだ。

 過去のデータを見てみると、昨年は5月初めに大きく上昇した後、5月下旬から6月上旬にかけて大きく下落し、一昨年は5月上旬から中旬にかけて大きく下落している。今年はどうなるか分からないが、荒れることも覚悟しておいた方がよいだろう。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2014年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。