fc2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2022/10/01 (Sat) 00:00:00
運用経過(2022年09月30日)
 約1か月ごとの資産状況。

 資産残高は約1か月前と比べて5%ほど下落した。欧米は物価上昇が止まらず、アメリカは大幅利上げを継続していて、株価は下落が続いている。それでもNYダウは30,000ドルを僅かに割った水準で、それほど大きな下落には感じていない。

 株価は下落が先行しているが、ネット上ではさらなる大きな下落が生じるのではないかという記事も見られる。こういう内容の記事が当たるかどうかは全く分からないが、物価上昇が止まらない中では金融引き締めを強化する必要があると思うので、株価はもっと下がってもおかしくないと思われる。これまで株価がよかった後の反動があってもおかしくなく、下落した時の心の準備はしておきたい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/10/01 (Sat) 00:00:00
2022年下期投資状況推移
 2022年9月30日時点の投資状況は次のとおり。

 グラフでは分かりにくいが、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」2万円/月の積み立てを継続している。

 なお、リスク資産のみで安全資産は含めていない。


“2022年下期投資状況推移”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2022/09/02 (Fri) 23:30:00
運用経過(2022年09月02日)
 約1か月ごとの資産状況。

 資産残高は約1か月前と比べて0.5%ほど上昇した。一時はアメリカの大幅利上げがなくなるのではないかとの楽観論が広がり、株価は上昇していたが、その後、物価上昇を抑えるための大幅利上げの懸念が高まり、株価は大きく下落した。

 直近で株価は大きく下落したが約1か月前と同じ水準で、物価上昇が止まらないことや、大幅利上げなど、悪材料があるにもかかわらず、株価は下げ続けない状況が続いている。

 アメリカではいつの間にか新型コロナウイルスの脅威は静まったように感じる。日本も少しずつ新型コロナウイルスに対する脅威は小さくなっているように感じるが、感染者は減ったとは言え、まだそれなりに高い水準であり、もうしばらくは気を付けた方がよさそうだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/08/27 (Sat) 09:30:00
金融庁がNISA投資枠拡大・恒久化を要望
 2022年8月24日の日本経済新聞によると、金融庁がNISA投資枠拡大・恒久化を要望したとのこと。

金融庁は2023年度税制改正要望に少額投資非課税制度(NISA)の投資上限引き上げを盛り込む。現行制度は年間投資枠が120万円の「一般NISA」と40万円の「つみたてNISA」などがある。非課税となる総投資枠の拡大や投資期間の恒久化も求める。



 以前からNISA投資枠の拡大、恒久化が望まれていたが、それが実現する可能性がある。

 現在の投資枠は一般NISAが120万円×5年間=600万円、つみたてNISAが40万円×20年間=800万円となっているが、
7月に日本証券業協会が発表した提言では、一般NISAが240万円/年、つみたてNISAが60万円/年と例示されている。この例示が採用されるのかは分からないが、投資枠が拡大されることはよいことだ。


“金融庁がNISA投資枠拡大・恒久化を要望”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/07/29 (Fri) 23:30:00
運用経過(2022年07月29日)
 約1か月ごとの資産状況。

 資産残高は約1か月前と比べて6%ほど上昇した。アメリカFRBの大幅利上げ予想があったにも関わらず、意外にも大きく上昇した。また、アメリカGDPは2四半期連続でのマイナス成長で、リセッション(景気後退局面)入りとなったが、今のところ株価は大きく下げることなく、落ち着いた動きとなった。

 これだけ長い間株価が大きく下げ続けない状態が続いているのは、個人的には疑問である。新型コロナウイルス、ロシアのウクライナ侵攻、アメリカのリセッション入りなど悪材料が続いているのに、株価は底堅く推移している。なんとも株価の動きは難解で予想が付かない。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2022/07/16 (Sat) 10:30:00
2022年夏のボーナスは3年ぶりに過去最高
 7/15の日本経済新聞の記事によると、2022年夏のボーナス3年ぶりに過去最高を更新したとのこと。

日本経済新聞社がまとめた2022年夏のボーナス最終集計(6月30日時点)で、全産業の平均支給額は前年比10.47%増の85万3748円となり、3年ぶりに過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍から回復し、資源高の価格転嫁に成功した企業などで最高益が相次ぎ、社員に手厚く還元する動きが広がった。



 新型コロナうウイルス禍から回復しと書かれているが、まだ回復は途上で、まだ回復しきっていないと思っていたので、そういう状況の中での過去最高更新というのは意外であった。

 とは言え、新型コロナウイルスが発生した直後の1年間くらいと比べると、はるかに回復はしており、特に鉄道や航空などのは交通関係は大きな赤字から黒字になるほどに回復しており、格段によくなっていることに違いはない。


“2022年夏のボーナスは3年ぶりに過去最高”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/07/01 (Fri) 23:00:00
運用経過(2022年07月01日)
 約1か月ごとの資産状況。

 資産残高は約1か月前と比べて1%ほど減少した。ロシアのウクライナ侵攻やインフレ懸念などで、株価は大きく下げ続けるかとも思ったが、一時は大きく下げたが、下げ続けずに踏ん張った感じだ。ニューヨークダウは一時30,000ドルを割り込んだが、盛り返した後、下落基調が続いている。

 やはり株価の動きを読むのは難しい。下げ続けるのか、逆に上昇するのか、下げるにしてもどこまで下げるのか、まったく予想がつかない。この数年間は上昇することが多かったので、反動で下げそうなものであるが、意外に大きく下げない。でも、忘れたころにドカンと大きく下げる可能性もあるが、それがいつなのか、そんなことは起きないのか、分からない。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/07/01 (Fri) 23:00:00
2022年上期投資状況推移
 2022年7月1日時点の投資状況は次のとおり。

 グラフでは分かりにくいが、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」2万円/月の積み立てを継続している。

 なお、リスク資産のみで安全資産は含めていない。


“2022年上期投資状況推移”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/06/18 (Sat) 21:00:00
北村慶さんの「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論」を読んで
 北村慶さんの「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論」を読んでみた。北村慶さんというとかなり前の著書になるのだが、「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵」を読んでいて、北村慶さんの著書を久しぶりに見つけたので読んでみた。


金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

 この著書は北村慶さんが実際に13年間に渡ってインデックス投資を行い、その運用成績を載せ、インデックス投資の有効性を示す内容となっている。

 以前の著書でもインデックス投資の有効性を述べていたと思うので、今になって実際にインデックス投資を行う内容を載せたのがいい意味で意外であった。実際のインデックス投資の運用結果を載せることで、あらためてインデックス投資の有効性を強く示したかったのだろう。


“北村慶さんの「金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論」を読んで”の続きを読む>>
投資本 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2022/05/28 (Sat) 00:00:00
運用経過(2022年05月27日)
 約1か月ごとの資産状況。

 資産残高は約1か月前と比べて2%強下落した。5月はアメリカ株が大きく下落した感覚を持っていたが、資産残高はそれほど大きく下落した訳ではなかった。外国株の下落がそれほどでもなかったのは円安が効いたのかもしれない。

 とは言え、欧米は利上げが続きそうであり、日本も物価上昇が顕著でそのうち利上げする可能性も高く、そうなると株価は大きく下落する可能性もある。これまで何年もの間、株価は堅調な動きが続いていたが、それが逆回転し始めたのかもしれない。

 この先大きく下げるようであれば、安く買えると思って、少し喜ばしくも思う。そうなったら積み立ての金額を増額しようかとも考えているが、果たして株価はどうなるであろうか?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2022/04/29 (Fri) 00:00:00
運用経過(2022年04月28日)
 約1か月ごとの資産状況。

 資産残高は約1か月前と比べて2%強下落した。ゼロコロナ政策の経済への悪影響の問題などで中国株の下落が影響してか、月の後半にかけて株価は大きく下落した。

 そんなところに予想外のアメリカの1-3月期GDPマイナス成長のニュース。でもネガティブサプライズになっていないようで、直後に株価は大きく下落していない。もしかしたら金曜日の朝を迎える頃に大きく下落しているかもしれないが。株価の予想は難しい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(1)
2022/04/16 (Sat) 08:30:00
ANAのすばらしい対応
 投資とは関係ない話題なので、興味のある方だけお読みください。

 ANAのマイルが少し貯まっていたのだが、新型コロナウイルスのため、使えずにいた。1月下旬の時点で3月末まで有効なマイルがあったのだが、昨年夏くらいにマイルの有効期限を延長してくれた後はマイルを延長してくれる通知がなく、もう有効期限の延長はないのだろうと思って、3月上旬にマイルを使って旅行に行く計画を立てた。

 2月中旬になってANAのマイルの有効期限が延長されることになり、マイルを使う旅行は少し早まって決めてしまったと少し後悔したものの、その時は、まあ旅行に行って気分転換するのも悪くないかなと思って、旅行を楽しみにする気持ちが強かった。

 しかし、その後、新型コロナウイルスは感染者を大きく増大させ、旅行も控えた方がよいと思い始め、マイルを変えた特典航空券の利用条件を調べたら、日時の変更であれば手数料がかからずにできることが分かった。


“ANAのすばらしい対応”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントでの投信の購入が可能。(2022/2/1現在)
  • 松井証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXISなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。販売会社が受け取る信託報酬の一部(0.3%を超える分)を返してくれる「毎月ポイント・現金還元サービス」が特徴的で、ポイント還元は現金に比べて10%増し。(2022/2/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。セゾン共創日本ファンドが新規に設定された。(2022/2/1現在)
投資の参考になった本
その他