FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/01/18 (Sat) 08:30:00
日本でインデックスファンドが全体の半分を超えたようだ
 2020年1月14日の日本経済新聞によると、日本の投資信託の半数以上がインデックスファンドとなったようだ。私はこの記事を見た時には非常に驚いた。私がインデックスファンドを中心とした投資を始めた頃には、圧倒的にアクティブファンドが多く、正確な数字は覚えていないが、インデックスファンドは1割とか2割程度しかなかったように思う。

 インデックスファンドはバンガードなどに代表されるようにアメリカで多くなっていると思っていたが、意外なことに、アメリカではインデックスファンドは全体の4割程度に留まるようで、日本はアメリカを追い越したようだ。

 ただ、インデックスファンドの信託報酬は平均で0.71%で、アクティブファンドの平均1.36%を下回るものの、この数年で信託報酬が大きく低下したインデックスファンドがあることを考えると、インデックスファンドの低コストが活かされているとは言えない状況だ。

“日本でインデックスファンドが全体の半分を超えたようだ”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2020/01/11 (Sat) 08:00:00
SPGアメックスカードの収支(2019年)
 約1年前にSPGアメックスカードを作ったのだが、旅行をする人にとっては大いに役立つカードだと思っている。昨年1年間ではまだ活用しきれているとは言えないが、昨年1年間の収支をまとめてみたい。収支と言っても収入の方は付与されたポイントの価値で見ることにする。

 その前に、SPGアメックスカードとは、アメリカンエクスプレス社が発行するマリオットグルーとの提携のクレジットカードで、このカードを作るとマリオットグループの会員制度Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格を得られるというものだ。Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格を得ると、マリオットグループのホテルの宿泊で優先的にアップグレードしてくれたり、割増のポイントが付いたりする。


“SPGアメックスカードの収支(2019年)”の続きを読む>>
SPGアメックス | Trackback:(0) | Comments:(0)
2020/01/05 (Sun) 23:40:35
2020年が始まった
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 2020年が始まってもう5日間も経った。昨年末から今年の初めにかけて9連休。休みはあっという間に終わった。今年の初めは近場に出かけたりして、のんびりという感じではなく、慌ただしく過ぎた感じだ。

 今年の株価はどうなるであろうか?年明け早々、アメリカ株は大きく上昇し、過去最高値を更新して始まったが、翌日には大きく下落し、変動幅の大きな相場を予感させる。日本株は1/1の日本経済新聞によると、好調な株価予想が多かったが、どうなるであろうか?


“2020年が始まった”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/12/27 (Fri) 23:28:42
運用経過(2019年12月27日)
 資産残高は約1か月前と比べて2%ほど増加した。NYダウはまた過去最高値を更新し、好調が続いている。どこまで上昇するのか、心配になってしまう。バブル崩壊を経験している者としては、上昇を続けるのは心配になってしまうのである。

 NYダウに比べると日経平均は重い値動き。日経平均はバブル時の最高値には遠く及ばず、いつ過去最高値を更新できるのか、想像すらできない。

 今年一年間を振り返ってみると、アメリカと中国の貿易摩擦問題がありながらも、株式は総じて好調だったと思う。私の資産の利益は200万円ほど増えた。かなり大きな金額で、うれしい反面、これが維持できない可能性も高く、来年は下落も覚悟している。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


“運用経過(2019年12月27日)”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/12/22 (Sun) 08:00:00
2019年冬のボーナス
 2019年冬のボーナスが支給され始めているが、日本経済新聞によると、意外にも減少傾向のようだ。

2019年冬のボーナス調査(12月2日時点)で全産業の1人当たりの税込み支給額(加重平均)は7年ぶりに減少に転じ18年冬比0.99%減の84万293円だった。企業の業績悪化を反映し、米中貿易摩擦の影響で電機や化学など製造業の落ち込みが響いた。



 私の勤める会社もボーナスが支給されたが、表面上は減少はしていないのであるが、特別加算などが減り、トータルでは減少する人が多かったようである。減ったといっても給与の数か月分の金額がもらえる。世の中にはボーナスが出ない人もいるようであり、ボーナスが出ることに感謝しなくてはならないとも思う。

“2019年冬のボーナス”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/12/14 (Sat) 11:00:00
投資信託の買付時手数料の無料化が広がる
 投資信託の買付時手数料の無料化が広がっている。さすがに保有している間ずっとかかる信託報酬は無料にはならないが、主にネット証券で買付時の手数料を無料化するところが増えている。SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券の各社では、12月に入って(日にちはバラつきがあるが)、販売するすべての投資信託で買付時の手数料を無料化するようだ。

 買付時に手数料がかかること自体が疑問ではあった。販売する側からみると販売時に経費などがかかるであろうが、それは投資信託以外のモノなどの販売でも同じで、投資信託以外で販売時に手数料がかかることは少ないと思う。コンビニやスーパーで買い物をする時に手数料はかからない。でも、なぜか投資信託の場合は販売時に手数料がかかるものが多かった。この手数料が無料になることはよいことだと思う。


“投資信託の買付時手数料の無料化が広がる”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/12/07 (Sat) 09:00:00
増税後の2019年10月の消費支出は前回増税より大きな落ち込み
 日経電子版によると、総務省が6日発表した10月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は物価変動の影響を除いた実質で前年同月に比べて5.1%減り、落ち込み幅は5%から8%に消費税率を上げた後の2014年4月(4.6%減)より大きかった、とのことだ。

 この消費支出の落ち込みは意外であった。食料品などで軽減税率が導入され、また、クレジットカードなどのキャッシュレス決済で一部金額が還元されることも行われ、増税の感覚がそれほど大きくないと思われたからだ。

 消費支出の落ち込みは増税だけの影響ではなく、台風で店舗が営業できず、来客が減った影響もあるようだ。確かに関東などを襲った2つの台風の影響はあったと思うが、個人的には台風の影響がそれほど大きいのかと少し疑問に思うところもある。

 この落ち込みが一時的なものであればよいのだが、一時的なものでないとすると日本経済の先行きは大いに心配である。消費税3%が導入され、その後5%に税率が上がった後の景気の落ち込みがひどかったが、そのようなことにならないように祈りたい。


その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/30 (Sat) 10:00:00
運用経過(2019年11月29日)
 資産残高は約1か月前と比べて4%ほど増加した。NYダウは過去最高値を更新し、相変わらず好調だ。日本株式もそれに連動する形で小幅な上昇を続けている。ただ、個人的には過熱感を感じており、さらなる上昇には疑問が残る。

 香港情勢や、アメリカと中国の貿易問題など懸念もある。下げそうに思っていても下げずに上げる相場が続いており、なんとも不思議な感じがしている。今年も残りあと1か月となった。今年の残り1か月の株式相場はどう推移するのであろうか?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/22 (Fri) 23:00:05
つみたてNISAの非課税期間がいつ始めても20年に
 2019年11月22日の日本経済新聞で「つみたてNISA延長へ いつ始めても非課税20年」との記事が出ていた。記事によると、現行では最長で2037年末までだが、原則としていつから始めても20年間、非課税になるよう改める とのことだ。

  この改正はいいことではあるが、私は既につみたてNISAを始めているので、私個人のつみたてNISAの期間が延長されることはない。

 年間40万円、20年間でトータル800万円が積み立てられるのだが、これが仮に2倍になったとすると、800万円が課税されず、税率が20%とすると160万円の税金を払わなくてすむことになる。年間40万円というのは少ないなあと感じていたのであるが、20年という期間になると大きくなるものである。ただし、20年後に2倍になるかどうかはまったく分からないのであるが。


“つみたてNISAの非課税期間がいつ始めても20年に”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/16 (Sat) 10:00:00
寒くなり、乾燥が進んでいる
 気温が下がり寒くなっている。北海道では氷点下になるところが出てきたようで、寒波も到来し、吹雪いたところもあったようだ。

 東京でも街中ではコートを着ている人が多くなっており、秋が深まっている。とはいえ、関東では紅葉はこれからのようで、冬にはまだ早い感じだ。

 気温の低下に伴って乾燥も進んでいると感じる。乾燥すると肌がかゆくなるのだが、先週あたりから私は肌がかゆくなり始めた。こんなに早く肌がかゆくなってしまうのは、年を取ったせいで、肌も弱くなってしまったのだろうか。


“寒くなり、乾燥が進んでいる”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/10 (Sun) 00:22:41
2019年中間決算で製造業の減益決算相次ぐ
 2019年中間決算発表のピークが過ぎたが、SMBC日興証券の集計によると、金融業を除く東証1部上場企業の最終(当期)利益合計額は、3年ぶりに前年同期比減少となる見通しとなったとのこと。特に製造業を中心に業績予想の下方修正が相次ぎ、2020年3月期も厳しい見方が多いようだ。米中貿易戦争による世界経済の減速で、海外収益が落ち込んだことが原因のようだ。

 米中貿易戦争は米トランプ大統領に振り回されている感じも受けるのだが、これが本当の原因だとすると、アメリカおよび中国の経済に対する影響力はかなり大きいことになる。日本にそんな影響力は無いだろうと思ってしまう。日本のバブルがはじけた時でさえも、経済が悪くなったのは日本だけに留まり、日本以外はそれほど影響を受けることなく、好調な経済を持続できた感じがしている。


“2019年中間決算で製造業の減益決算相次ぐ”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/02 (Sat) 00:39:37
運用経過(2019年11月01日)
 資産残高は約1か月前と比べて3%ほど増加した。株価は下がりそうでいて下がらず、高値圏を保っている。S&P500種株価指数は過去最高値を更新したようだ。それにくらべると日本株式はバブル時の最高値にはほど遠く、アメリカ株式のような勢いも感じられない。

 例年、10月から年末にかけて株価は低迷する印象が強いが、今年は今のところ下げていない。この状態を保つのか、保てないのか、ん~、やはり分からない。少し下げて安く仕込みたい気持ちが強いのは気のせいだろうか?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天スーパーポイントが貯まる。楽天スーパーポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他