FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2019/05/27 (Mon) 23:19:48
blogを休んでいた間の資産運用について
 blogを休んでいた間の資産運用について書こうと思う。

 blogを休んでいた間は仕事が忙しいこともあり、投資信託の基準価額のチェックはあまりやっていなかったし、資産残高のチェックもほとんどやっていなかった。ただ、データだけはきちんと残しておかなければならないという意識はあって、2、3か月に一度は投資信託の基準価額のチェックを行い、Excelに入力していた。

 その時に役立ったのはモーニングスターに蓄積されていたデータであった。過去のものをさかのぼって調べることができ、欠かすことなく取得することができた。おかげでblogを休む前に作っていたExcelのグラフは継続して作れている。



“blogを休んでいた間の資産運用について”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/04/20 (Sat) 17:49:55
過去の19年間を振り返って
 これまで投資信託による資産運用をはじめて19年間になるが、その運用経過を振り返ってみる。それにしても19年という歳月は長い。そんな長い期間も運用してきたのか?と思うとともに、意外に早く過ぎ去ってしまったとも感じる。


 この19年間の資産残高の推移と損益率の推移は以下のグラフとなる。

資産残高推移(2000年07月-2019年03月)


 薄い青色が元本、濃い青色が評価額、赤い線が損益率の推移だ。元本は期間によって積立額は多少異なるが、右肩上がりで増えていっている。株価が好調な時も不調な時も関係なく積み立てて増えている。これが大事。株価の先の動きは分からないから、株価を考えずに機械的に積み立てを行うのだ。簡単なようで難しいと言う人が結構多いが、私は積み立てを止めたいと思ったことはほとんどなく、すんなりと続けてこられたように思う。

“過去の19年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/04/13 (Sat) 10:27:43
blogを中断している間の資産の変更について
 blogを中断している間もインデックスファンドの積み立ては継続していたが、一部資産の変更を行った。具体的には海外ETFを売却し、外国株式のインデックスファンド(国内の円貨で評価する投資信託)に乗り換えた。

 なぜそのような変更を行ったかというと、外国株式のインデックスファンド(国内の円貨で評価する投資信託)の信託報酬が大きく下がり、海外ETFで保有するメリットが薄れたと感じたからだ。海外ETFで保有するとインデックスファンド(国内の円貨で評価する投資信託)で保有するのに比べて結構デメリットが大きい。

“blogを中断している間の資産の変更について”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2014/06/30 (Mon) 22:54:29
過去の14年間を振り返って
 1年に1度、積立投資を始めてからのことを振り返っているが、今年は少し早めに、今年の上半期が終わるタイミングで振り返ってみることにした。

 この14年間の資産残高の推移と損益率の推移は以下のグラフとなる。

資産残高推移(2000年07月-2014年06月)

 このグラフをパッと見てもこれと言って感じることはないかもしれないが、赤い折れ線の損益率(右軸)をみると、0%を境に上下に大きくぶれている。0%より上の場合は利益が出ているのだが、0%より下の場合は損失が出ていることになる。

“過去の14年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(9)
2013/08/15 (Thu) 23:20:12
過去の13年間を振り返って
 毎年このエントリを書いて思うのだが、積立投資を始めて10年以上も過ぎ、時日の経つのは本当に早いものだなあと感じる。

 このエントリはITバブルの崩壊で運用成績が大きく落ち込んだ後、見事に回復した2007年から書いている。2007年の時にはこの後は順調に上昇するはずだと思って書いたのだが、そのようにはならず、サブプライムローン問題、リーマンショックで再び大きく落ち込むことになってしまった。幸いにも昨年終わり頃からの急上昇でプラス圏になり、プラス幅は40%前後まで来ていて、ITバブル崩壊、サブプライムローン問題、リーマンショックで大きく落ち込んだのは、今となってはいい思い出だ。

資産残高推移(2000年07月-2013年08月)


“過去の13年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(7)
2012/10/26 (Fri) 23:48:48
運用経過(2012年10月26日)
 石原慎太郎氏が東京都知事を辞めて、新党を立ち上げ、自ら党首となり、次期衆院選で比例区から立候補する意向を示した。このニュースには正直驚いた。既に80歳の年齢であるので、そろそろ政治から引退する方向だと思っていたからだ。

 石原慎太郎氏のいろいろな発言に賛同するところもあるのだが、強引さが目立ち賛同できないところも多い。そんな人が選挙に出て、もし自分が投票する立場になったら、この人に投票するかどうか、非常に微妙なところだ。かといって他に魅力ある政治をやってくれそうな党も見当たらない。今度衆議院選挙が行われたら、本当にどうなることだろう。まだ少し時間があるので、どの政党がよいか、じっくりと考えたい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/08/31 (Fri) 22:37:38
運用経過(2012年08月31日)
 早いものでもう8月が終わる。学校の夏休みも終わり、来週からは朝の電車も少し混雑するだろう。

 株式市場は、また雰囲気が悪くなってきた。これから9月、10月を迎えるが、この9月、10月という季節は、ブラックマンデーなど株価が大きく下がることが多く起こった時期である。今年も株価が大きく下がることを少しは覚悟しておいた方がよいかもしれない。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/07/28 (Sat) 23:44:10
過去の12年間を振り返って
 毎年8月の中旬に書いていたエントリだが、今年は都合により少し早めに書いてみた。

 今年でもう12年になるのだなあと、自分でも驚くほど年数が経ってしまった。その12年の推移をまとめたのが以下のグラフ。12年も経って未だに損益はマイナスで、なんのために投資してきたのか?とも思われるが、真ん中の時期を除いて低空飛行を続けている。

資産残高推移(2000年07月-2012年07月)

“過去の12年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2012/01/28 (Sat) 20:00:58
PRU海外債券マーケット・パフォーマー運用報告書(2011年12月12日決算)
 昨年12月12日に第11期の決算を行ったPRU海外債券マーケット・パフォーマーの運用報告書を取り上げる。このファンドは追加購入もしておらず、保有する金額も少ないので、普段はあまり気にすることもなく、保有していること自体を忘れてしまいがちである。一昨年の決算の運用報告書をblogで取り上げるのもすっかり忘れてしまっていたようだし。

 第11期(1年間)の運用成績は以下の通り。

  PRU海外債券    -2.1%
  インデックス    -1.3%

 -2.1%と悪い成績であったが、ヨーロッパの国債デフォルト懸念のことを考えると、思ったほど悪い成績ではないような気がする。でもその前の第10期が-8.5%とかなり悪い成績なので、デフォルト懸念はその前に既に織り込まれていたということだろう。

 第11期の運用成績とインデックスとの差は0.8%で、ほぼファンドにかかる信託報酬などのコストで説明がつく。運用報告書にも「概ねシティグループ世界国債インデックス(除く日本)に追随する動きとなりました」と書かれている。ただ、インデックスとの差をもっと具体的に要因別に書いてほしいところだ。

“PRU海外債券マーケット・パフォーマー運用報告書(2011年12月12日決算)”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/08/27 (Sat) 23:52:47
短期で儲けようと考えてなくてよかった
 このところ株価は大きく上下に動いて、下落基調を強めている。リーマンショックから2年半以上が経過し、このタイミングでリーマンショックの時のような激しい動きに遭遇するとは思ってもいなかった。

 このような株価の大きな動きにあって、中には動揺して保有資産を売却してしまった人もいるかもしれないし、また、この下落は絶好の買い場とみて買いに走ったが、タイミングが早く含み損を拡大させてしまい、落ち込んでいる人もいるかもしれない。逆にうまく安値を拾えてホクホク顔の人もいるかもしれない。

 いろいろな人がいると思うが、私は、下がったのはちょっと残念であるが、まあそんなこともあるだろう、定年する頃に株価が上がっていてくれたらそれでいいので、今の動きはそんなに気にならないというのが、負け惜しみでも何でもなく、正直なところである。

“短期で儲けようと考えてなくてよかった”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/08/20 (Sat) 23:43:12
過去の11年間を振り返って
 この時期の恒例となったが、これまで資産がどのように推移したのか、今年も振り返ってみようと思う。この11年間の資産運用は、運用がうまくいっていない悪い時期が多かったような気がするが、本当にそうなのか、あらためて見てみたいと思う。

 これまでの11年間の資産残高推移は以下。

資産残高推移(2000年07月-2011年08月)


“過去の11年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(6)
2010/12/04 (Sat) 23:51:34
新興国へ投資することに消極的な理由
 私は新興国へ投資するのはかなり消極的である。今回はその理由を書いてみたいと思う。

 さかのぼること10年。それはITバブルの時代である。私はちょうどその頃に投資を始めたのであるが、IT株が大きく上昇するのを見て、それに乗らなければと思って投資を始めたのではない。たまたま投資を始めた時とITバブルの時期が重なっただけである。おそらくであるが、私が投資を始めたのはIT株を中心に上昇を始めたばかりの頃で、まだIT株が大きく上昇していると認識していた人は少なかったのではないかと思う。

 投資を始めた途端に、私が購入した投資信託も面白いように上昇した。毎月数パーセントずつ上昇し、半年後には投資した金額が1.5倍ほどになった。その後、一時的に少し下落したが、さらに上昇し、1年後には2倍くらいにまで増えた。そこからバブルは崩壊し、下り坂を転げ落ちるように下落し、元本を大きく割り込むことになった。

“新興国へ投資することに消極的な理由”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。(2013/4/1現在)
投資の参考になった本
その他