FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/02/01 (Sat) 08:30:00
運用経過(2020年1月31日)
 資産残高は約1か月前と比べて1%ほど減少した。1%の変動というのは小さいが、新型コロナウイルスの影響で大きく、乱高下している感じ。

 それにしても、新型コロナウィルスの感染力は思った以上のものだ。症状が出ていない人でも新型コロナウィルスの陽性反応が出ている人が結構いる模様。その割には、株価は軟調気味であるが、今のところ大きく下げる感じではないように感じている。感染拡大が収まらなければ株価は大きく下げる可能性があるが、感染拡大を阻止する策も実行されるであろうから、一方的な感染拡大にはならないことを期待したい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2020/02/01 (Sat) 08:30:00
2020年上期投資状況推移
 2020年1月31日時点の投資状況は次のとおり。

 なお、リスク資産のみで安全資産は含めていない。


“2020年上期投資状況推移”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/12/27 (Fri) 23:28:42
運用経過(2019年12月27日)
 資産残高は約1か月前と比べて2%ほど増加した。NYダウはまた過去最高値を更新し、好調が続いている。どこまで上昇するのか、心配になってしまう。バブル崩壊を経験している者としては、上昇を続けるのは心配になってしまうのである。

 NYダウに比べると日経平均は重い値動き。日経平均はバブル時の最高値には遠く及ばず、いつ過去最高値を更新できるのか、想像すらできない。

 今年一年間を振り返ってみると、アメリカと中国の貿易摩擦問題がありながらも、株式は総じて好調だったと思う。私の資産の利益は200万円ほど増えた。かなり大きな金額で、うれしい反面、これが維持できない可能性も高く、来年は下落も覚悟している。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


“運用経過(2019年12月27日)”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/30 (Sat) 10:00:00
運用経過(2019年11月29日)
 資産残高は約1か月前と比べて4%ほど増加した。NYダウは過去最高値を更新し、相変わらず好調だ。日本株式もそれに連動する形で小幅な上昇を続けている。ただ、個人的には過熱感を感じており、さらなる上昇には疑問が残る。

 香港情勢や、アメリカと中国の貿易問題など懸念もある。下げそうに思っていても下げずに上げる相場が続いており、なんとも不思議な感じがしている。今年も残りあと1か月となった。今年の残り1か月の株式相場はどう推移するのであろうか?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/11/02 (Sat) 00:39:37
運用経過(2019年11月01日)
 資産残高は約1か月前と比べて3%ほど増加した。株価は下がりそうでいて下がらず、高値圏を保っている。S&P500種株価指数は過去最高値を更新したようだ。それにくらべると日本株式はバブル時の最高値にはほど遠く、アメリカ株式のような勢いも感じられない。

 例年、10月から年末にかけて株価は低迷する印象が強いが、今年は今のところ下げていない。この状態を保つのか、保てないのか、ん~、やはり分からない。少し下げて安く仕込みたい気持ちが強いのは気のせいだろうか?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/09/28 (Sat) 21:12:24
運用経過(2019年09月27日)
 先月終わりと比べると、資産残高は10%ほど増加した。アメリカと中国の貿易摩擦問題が解決に向かうのではないかとの期待が高まったことが要因のようだが、再びその期待が後退する懸念が高まっているようで、方向感が見えない展開が続きそうだ。

 日本は来月10月から消費税増税が行われるため、その影響が心配される。ただ、来年6月まではキャッシュレス決済での2%還元があるため、消費税増税の悪影響が出るのは来年7月以降か?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/08/31 (Sat) 21:57:42
運用経過(2019年08月30日)
 アメリカ・トランプ大統領の中国への追加関税問題を抱えながら、アメリカ株は大きく崩れず、値を保っている感じだ。大きく下げた後、ずるずると下げずに反発している。

 中国への追加関税問題が解決すると、さらに株価が上昇するのか、中国への追加関税問題解決の後、株価への新たな好材料がなくなり、株価が下げるのか、やはり予想は難しいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/07/26 (Fri) 23:07:17
運用経過(2019年07月26日)
 今年も後半戦に入ったが、アメリカ株は比較的堅調で、NYダウは27,000を超え、好調さを保っている。景気減速が懸念されているものの、利下げ期待が株価を下支えしているようである。株価の過熱感も指摘されているが、あまり下がらないのは、不思議な感じもしている。

 一方の日本株は円高懸念もあって、どちらかというと軟調な展開だ。中国の景気減速や、韓国に対する輸出規制強化も日本経済に悪い影響を与えるかもしれない。そんな悪い材料がある中ではむしろ株価は健闘しているのかもしれない。

 今後の株価の下落が心配されるところであるが、そうなるかどうかは分からないので、売却することなく、積み立て投資を継続するつもりだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。



2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/07/26 (Fri) 23:06:56
2019年下期投資状況推移
 2019年12月27日時点の投資状況は次のとおり。

 なお、リスク資産のみで安全資産は含めていない。


“2019年下期投資状況推移”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/06/28 (Fri) 23:32:55
運用経過(2019年06月28日)
 早いもので今年も半分が過ぎた。この半年間を振り返ってみると、アメリカ・トランプ大統領による中国への関税引き上げや、イランへの制裁などの問題があるが、その割には株価はそれほど下げることなく保っているように思う。

 ただ、景気はピークを付けリセッションの可能性もあることが言われており、今後の株価が好調さを保つことは難しいかもしれないことは頭に入れておく必要があると思う。

 それでも長期的には株価は上昇すると思うので、積み立ては継続する。また、株価は予想に反して上昇することもよくあり、稚拙な考えや行動はよい結果をもたらさないと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/06/02 (Sun) 21:47:25
2019年上期投資状況推移
 2019年6月28日時点の投資状況は次のとおり。

 なお、リスク資産のみで安全資産は含めていない。

“2019年上期投資状況推移”の続きを読む>>
2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2019/06/02 (Sun) 21:41:29
運用経過(2019年05月31日)
 令和に入った最初の月の私の資産残高は10%近いマイナスとなった。株価が下げたのは令和に入ったからという訳ではなく、アメリカのトランプ大統領の中国やメキシコに対する関税引き上げが要因だと思うが、先行きが少し心配な感じもする。

 平成初期のことを思い出してみると、あの当時はバブルの絶頂期と言ってもいい時代で、日本の株価は上昇していたと思う。調べてみると、アメリカ株が大きく下げたブラックマンデーは1987年10月19日。日経平均もブラックマンデーでは大きく上げたが、平成元年の1988年4月にはブラックマンデーの下落分を取り戻し1989年12月29日には日経平均は史上最高値38,957円を付けた。

 しかし、その後はバブル崩壊で総じて下落。1992年3月には日経平均は2万円を割り込み、2003年には7,607円まで下落。その後1万円台を回復するも、2008(平成20)年にはリーマンショックなどもあり、6,994円まで下落した。その後は金融緩和などにより株価は回復したが、2万円を少し上回る水準。

 平成を振り返ってみると、最初よくてもその後は悪い株価が続いていた。令和は最初は悪いが、その後はよい株価になることを期待したい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2019年以降運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天スーパーポイントが貯まる。楽天スーパーポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他