プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2012/03/17 (Sat) 23:13:00
STAMシリーズの信託報酬が引き下げられる
 先週、住信アセットマネジメント株式会社と中央三井アセットマネジメント株式会社の合併に伴い、STAMとCMAMのファンド名が変わることになったが、ファンドの合併などが行われず、コストの引き下げが行われないのが残念だという内容のエントリを書いたのだが(「STAMとCMAMのファンド名称が変更」)、早速STAMシリーズの信託報酬が引き下げられることになったようである。

 私が以前保有したことがある「STAMグローバル株式インデックス・オープン(新名称:SMTグローバル株式インデックス・オープン)」は信託報酬が0.105%引き下げられて0.525%となるとのことだ。これで同じ会社で運用することになる「CMAM外国株式インデックスe(新名称:外国株式インデックスe」の信託報酬と並ぶことになる。

“STAMシリーズの信託報酬が引き下げられる”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/03/10 (Sat) 22:52:52
STAMとCMAMのファンド名称が変更
 住信アセットマネジメント株式会社と中央三井アセットマネジメント株式会社の合併に伴い、それぞれの会社が運用する一部のファンド名称が変わるようだ。両会社には低コストのインデックスファンドがあるが、そのファンドの名称が変わるようだ。私が保有する、または以前保有していた外国株式のインデックスファンドは以下のように変わるようだ。

 STAMグローバル株式インデックス・オープン
   → SMTグローバル株式インデックス・オープン

 CMAM外国株式インデックスe
   →外国株式インデックスe

 どうでもよいことだが、この2つのファンドの名称の変わり方を見ると同じようなルールではないので、どうしてこのような名称にしたのか、不思議な感じがしてしまう。どちらも文字数が減っているのは同じだが、片方は1文字減って、もう片方は頭のアルファベット4文字全部がなくなる変更で、変更の仕方がこうも大きく違うのも面白い。

“STAMとCMAMのファンド名称が変更”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2011/12/04 (Sun) 01:49:47
個人向け復興国債が12/5から募集開始
 東日本大震災の復興財源に活用される「個人向け復興国債」の販売が12月5日から開始される。基本的な条件はこれまでの個人向け国債と変わらないようだが、1つだけちがうところがあって、購入者には財務相の名前で感謝状を贈られるということだ。

 ちなみに12月5日から募集が開始される分の利率は以下の通り。

   変動型10年物   年率0.72%
   固定型5年物   年率0.33%
   固定型3年物   年率0.18%

 この利率をみると銀行の定期預金などと比べると若干よいと思われ、また東日本大震災の復興財源に活用されるということなどを考慮すると、それなりの数が売れるように思う。

 ただ、財務相の名前で感謝状がもらえるということにあまり魅力を感じないのはわたしだけだろうか。感謝状の紙代、印刷代などを考えると、数が多くなるとこれだけで結構な金額になり、感謝状を止めてその金額を復興財源に回した方がよっぽど世の中の役に立つように思う。何か特典を付けて少しでも多くの人に買ってもらうという意図は分かるが、もう少し知恵を絞ってほしかった感じがする。

“個人向け復興国債が12/5から募集開始”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/09/10 (Sat) 23:19:14
2011年秋の個人向け国債はキャンペーンで大盤振る舞い?
 口座を持っている(と言っても休眠口座いに近いが)野村証券からダイレクトメールが来た。2、3か月に1回は来るように思うが、今回はA4を折らずに大きな郵便物で送られてきて、ちょっと目立った。最初は内容はどうせしょうもないものだろうとあまり興味を持たなかったのだが、郵便物の大きさに気を魅かれてしまい中身を見てみた。

 そうすると社債などの広告の他に「秋の個人向け国債」の広告が入っていて、野村証券のキャンペーン内容が書いてあった。そのキャンペーン内容は新規資金での購入の場合は100万円につき3,000円の商品券がもらえるという結構いい条件で、500万円を超えると、600万円未満までは20,000円の商品券、それ以上は100万円増えるごとに4,000円の商品券が追加され、1,000万円を超えるとさらによい条件という(上限あり)、ちょっとびっくりするような条件のよいキャンペーンのようだ。もしかしたら以前からやっていたのと同様な内容かもしれないが。

“2011年秋の個人向け国債はキャンペーンで大盤振る舞い?”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/25 (Sat) 23:55:01
個人向け国債10年変動金利型って有利になったのか?
 個人向け国債10年変動金利型の金利の設定方法が6月募集分から変わった。どのように変わったかというと以下の通り。

   変更前 10年固定利付国債の実勢金利 - 0.80%
   変更後 10年固定利付国債の実勢金利 × 0.66

 現在の10年固定利付国債の実勢金利が1.17%なので、上記の式に当てはめると以下のようになる。

   変更前 1.17% - 0.80% = 0.37%
   変更後 1.17% × 0.66 = 0.77%

 これを見ると変更後の方が変更前の2倍以上高い金利となっており、「金利の設定方法の変更により有利になった」という人が多いようなのであるが、個人的には疑問を感じている。

“個人向け国債10年変動金利型って有利になったのか?”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(4)
2011/03/06 (Sun) 00:18:26
「さわかみファンド」が騒がれているが
 最近、「さわかみファンド」に対する批判的なblogのエントリが増えている。特に「日経マネー 2011年4月号」に載った澤上篤人氏の発言内容が問題だということらしい。私はこの「日経マネー 2011年4月号」の記事を読んでいないのだが、ネットから得られる内容を読むと、確かに澤上篤人氏は正しくないことを言っているように思う。

 ただ、この程度の内容でこれまでの「さわかみファンド」の実績をすべて否定するようなものではないのではないかという気がしている。澤上篤人氏が意図的に事実と異なることを言ったとは断言できないと思うし、単なる記憶違いで事実とは異なることを言ってしまった可能性もあるのではないかと思う。

“「さわかみファンド」が騒がれているが”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(9)
2011/02/26 (Sat) 23:18:20
「CMAM外国株式インデックスe」は予想通りの低コスト
 「CMAM外国株式インデックスe」の第1回目の決算が2月7日に行われたが、運用報告書が公開されるのは少し後の3月くらいになると思っていたが、本日サイトを訪れたところ、早くも運用報告書が公開されていた。

 注目のコストは

  信託報酬      39円
  売買委託手数料   0円
  有価証券取引税   0円
  保管費用等      4円

となっていた。

 この中でも注目すべきところは信託報酬以外のコストである。保管費用等が4円?一瞬ちょっと多いかなと思ったが、冷静に計算してみるとトータルのコスト率は0.579%となり、STAMやeMAXISなどよりも低コストとなる。

“「CMAM外国株式インデックスe」は予想通りの低コスト”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(4)
2010/12/25 (Sat) 23:51:23
個人向け国債の商品性の改善?
 個人向け国債の商品性が改善?されるらしい。財務省のサイトの What's NEW には「個人向け国債の商品性の改善を予定しています。 」が載っていて、これをクリックすると4ページのPDFファイルが開かれる。

 このPDFファイルを見ると、

1.変動10年の金利設定方法の見直し
 (1)変更の趣旨:低金利時の商品性の改善
 (2)現状:仕上がり金利=基準金利(10年固定債の市場金利)-0.8%
 (3)変更内容:仕上がり金利=基準金利(10年固定債の市場金利)×0.66
  ※ 低金利時に仕上がり金利が低くなりすぎないよう掛け算方式とする。掛ける値は、中長期的に見て投資家の受け取る利子が現行の引き算方式と同水準となる0.66 とする


とあり、金利が引き算から掛け算の方式に変わるようだ。平成23年7月発行分から適用されるということだ。もう一つ「2.中途換金禁止期間等の統一」という変更もある。

 これって「改善」なのか?と思ってしまう。確かに今のような低金利では上記のような掛け算方式の方が高い金利となるが、将来金利が上がった時には引き算方式の方が高い金利となるからだ。

“個人向け国債の商品性の改善?”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/07/31 (Sat) 23:51:51
投資信託の目論見書が簡素化される
 2010年7月1日以降有価証券届出書の提出が行われるファンドから順次、交付目論見書が簡素化されることになったようだ。これにより投資信託によっては100ページ以上にもおよぶ分厚い目論見書が10ページ程度の薄いものになるようだ。

 今回の簡素化はよい面と悪い面があると思うが、トータルで見るとよい方向に向かうような気がする。

 まず、よい面であるが、運用の基本方針やファンドの仕組み、分配の方針などが図表を用いて説明され、読む方にとっては分かりやすくなるはずである。何ページもじっくり読んでようやく分かったことが、そんなに時間をかけなくても分かるようになる可能性がある。

“投資信託の目論見書が簡素化される”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2010/07/06 (Tue) 00:21:06
STAMインデックスファンドが信託報酬を引き下げ
 先日、「STAMグローバル株式インデックス・オープン」の運用報告書についてのエントリを書き、信託報酬を引き下げてほしいことを書いたばかりなのだが、ついにSTAMの信託報酬の引き下げが実現されるようだ。

 信託報酬の引き下げは7月30日からで、私が保有している「STAM グローバル株式インデックス・オープン」は

   引き下げ前 0.777% → 引き下げ後 0.63%

となるということだ。STAMシリーズの他のファンドも引き下げられるようだ。

 詳しくは運用会社の住信アセットマネジメントのサイトか、相互リンク先のblogを見てほしい。

“STAMインデックスファンドが信託報酬を引き下げ”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(2)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。