プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2012/02/25 (Sat) 23:21:34
「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)
 昨年12月12日に第5期の決算を行った「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用報告書を取り上げる。設定時に1万円だけ買ったファンドであるが、運用報告書はきちんとチェックしたい。

 第5期(1年間)の運用成績は-10.0%と悪い成績となった。債券も組み入れている「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」とは単純に比べることはできないが、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が-6.8%なので、これと比べても悪い成績と言える。

 基準価額のプラス要因となった組入れファンドは「T.ロウ・プライス大型バリュー株式ファンド(米ドル)」だけであり、それ以外はあまり影響を与えなかったか、マイナス要因となったものだ。

“「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/18 (Sat) 23:32:41
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)
 昨年12月12日に第5期の決算を行った「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を取り上げる。この運用報告書は毎年1月終わりか2月初めの日曜日に届いており、休みの日にじっくりと読んでもらおうとの意図が感じられる。

 さて、運用成績だが、-6.4%とマイナスの悪い成績であった。ただし、このファンドはインデックスファンドを組み入れたファンドなので、インデックスにきちんと連動出来ていることが重要だ。組み入れられている各ファンドはインデックスにほぼ連動出来ているようで、問題はなさそうだ。

“「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/10/29 (Sat) 23:59:18
さわかみファンド運用報告書(2011年8月23日決算)
 2011年8月23日に第12期の決算を行ったさわかみファンドの運用報告書を見てみる。さわかみファンドはめっきり話題になることが少なくなった感じもするが、話題になるとすると批判的な内容ばかりで、ちょっと残念な感じもする。

 さて、第12期(1年間)の運用成績だが、-7.2%の下落となった。ベンチマークを決めていないので基準となるものがないのだが、同期間のTOPIXを計算してみると約-9.0%(配当落ち後)、日経平均は約-4.2%(配当落ち後)で、配当金分を考慮すると、ほぼTOPIX並みで、日経平均と比べると大きく下回る成績だったと言える。意外に第12期のさわかみファンドの運用成績はよくなかったようだ。

“さわかみファンド運用報告書(2011年8月23日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/05/28 (Sat) 23:50:30
バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド運用報告書(2010年9月30日決算)
 バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドの第40期運用報告書が届いたので、今回はこれを取り上げる。毎度のことだが、外国籍の投資信託の運用報告書は日本語のものを出す関係で決算日からかなり後になって届く。バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドも同様で、だいたいゴールデンウィーク前後に届く。

 あらためてバンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドを簡単に説明しておくと、全体の資産のうち60%~65%を高格付けの中長期債に、残りを配当のある株式に投資するファンドで、特に債券は高格付の長期債(15年以上)へ、株式は平均を上回る配当を行うものへ投資する方針である。設定は1970年7月1日で、実に39年以上の歴史がある息の長いファンドである。

 私はこのファンドを債券クラスに分類している。

“バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド運用報告書(2010年9月30日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/04/30 (Sat) 23:58:32
「ニッセイ日経225インデックスファンド」運用報告書(2011年2月15日決算)
 2月15日に第7期の決算を行った「ニッセイ日経225インデックスファンド」の運用報告書を取り上げる。東日本大震災前の決算で比較的堅調な内容であると予想できるが、重要と思われるところを見ていこう。

 第7期(1年間)の運用成績は+8.9%とまずまずのプラスであった。インデックスの日経平均株価は+7.3%であり、2%以上上回っているが、おそらくは配当金の分の差が大きいと思われ、「おおむね日経平均株価に連動しました。」と運用報告書には書かれている。

 最も重要なコストであるが、1万口当たり

   信託報酬     26円
   売買委託手数料  1円
   保管費用等    0円

となっており、信託報酬以外のコストも低く抑えられている。上記のコストを合計すると27円になり、率にすると0.2726%となる。前期とほぼ同じコストで、ETF並みに低く、非常に好感を持てる。

“「ニッセイ日経225インデックスファンド」運用報告書(2011年2月15日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/04/02 (Sat) 23:44:24
「eMAXIS先進国株式インデックス」運用報告書(2011年1月26日決算)
 1月26日に第2期の決算を行った「eMAXIS先進国株式インデックス」の運用報告書を取り上げる。運用報告書は1か月ほど前に届いていたのだが、東日本大震災があったため読む気にならず、ほったらかしになってしまっていた。

 第2期(1年間)の運用成績は+6.0%と適度な上昇となった。ベンチマークは+4.3%と表示されており、1.7%もの開きがあるが、これはマザーファンドで配当・利子収入等の要因が2.6%あり、この分が大きい。インデックスが配当落ちのため、見かけ上インデックスとの差が大きく見えるのだと思われる。ほぼインデックスに連動した運用ができたと思われる。

“「eMAXIS先進国株式インデックス」運用報告書(2011年1月26日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(6)
2011/02/19 (Sat) 23:46:09
「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2010年12月10日決算)
 昨年12月10日に第4期の決算を行った「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用報告書を取り上げる。時間があまり取れず、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を読んでから少し時間が空いたが、ようやく読むことができた。

 第4期(1年間)の運用成績は+7.3%とまずまずのプラスとなった。債券も組み入れている「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」とは単純に比べることはできないが、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が-1.0%とマイナスであったことを考えると、かなり健闘した運用成績だったと言える。ただ、設定来では「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に比べて1割弱悪い運用成績となっている。

“「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2010年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/02/05 (Sat) 23:44:58
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2010年12月10日決算)
 昨年12月10日に第4期の決算を行った「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を取り上げる。この運用報告書は1月30日(日)に届いたのだが、昨年も一昨年も日曜日に届いたような気がする。セゾン投信は運用報告書が日曜日に届くようにしているのかもしれない。仕事が休みで比較的時間に余裕のある日曜日に届けば、その日の内に読む可能性が高く、そんな配慮があるもかもしれない。運用報告会も7か所で行うようで、運用しっ放しではなく、ファンドの保有者にきちんと報告する姿勢が感じられてとてもよい感じがする。

 さて、内容だが、第4期(1年間)の運用成績は-1.0%と小幅なマイナスであった。ベンチマークが存在しないためインデックスにきちんと連動できたかどうか分からないが、投資先ファンドの組み入れ比率がおかしな比率になっていないように見えることから、ほぼ連動できていると思われる。

“「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2010年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/01/29 (Sat) 23:40:53
「STAM グローバル株式インデックス・オープン」運用報告書(2010年11月10日決算)
 11月10日に第6期の決算を行った「STAM グローバル株式インデックス・オープン」の運用報告書を取り上げる。運用報告書は1か月ほど前に届いていたのだが、いつものように読むのが遅くなってしまった。

 このファンドはインデックスファンドなので、運用方法にほとんど変化はないはずで、それほどきちんとチェックする必要もないかもしれないが、インデックスとのかい離が大きくなっていないか、信託報酬以外のコストが多くかかっていないかなどは、しっかりとチェックしていきたいと思う。

 第6期(半年間)の運用成績は+2.5%と小幅な上昇となった。ベンチマークは+3.0%と-0.5%の差が出ている。この差は、為替評価日格差要因-1.2%、配当金要因+1.2%、信託報酬要因-0.4%、銘柄要因等-0.1%ということだ。少なくとも信託報酬分を下回るのは当然のことであり、その他も特に問題になるような差ではないようだ。

“「STAM グローバル株式インデックス・オープン」運用報告書(2010年11月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2010/10/16 (Sat) 23:54:16
さわかみファンド運用報告書(2010年8月23日決算)
 今回は2010年8月23日に第11期の決算を行ったさわかみファンドの運用報告書を見てみる。最近はblogなどでさわかみファンドが話題になることも少なくなった感じがしており、さわかみファンドの存在さえ忘れてしまうことも多い。運用報告書は1か月近く前に届いたのだが、運用報告書が届くまでは決算日を過ぎていたことにも気付かなかったくらいだ。

 さて、第11期(1年間)の運用成績だが、-12.1%の下落となった。ベンチマークを決めていないので基準となるものがないのだが、同期間のTOPIXを計算してみると約-15.0%(配当落ち後)、日経平均は約-13.8%(配当落ち後)で、配当金分を考慮すると、ほぼインデックスと同じ成績だったと言える。これまではインデックスを上回ることが多かったような気がするが、さすがに今期も上回るとはいかなかったようだ。当然そんなこともあるだろう。

“さわかみファンド運用報告書(2010年8月23日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(4)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。