プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2013/11/24 (Sun) 17:27:15
「BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)」2014年1月号に掲載された
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2014年 01月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2014年 01月号 [雑誌]

 2013年11月25日発売の「BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)」2014年1月号に掲載された。この号の特集記事である「いまの貯金額で将来、大丈夫?「給料+副収入」で毎月40万円を貯蓄するお金に困らない人の手法」の中で紹介されている。こういう雑誌などの記事は派手なものばかり載せがちであるが、積立投資という地味な方法も載せているところは好感が持てる。

 大きな金額を稼いでしまう派手な副業もあるが、それは誰にでもできるものではなく、根気と粘り強い忍耐力があれば誰にでもできると思われる積立投資は、非常に地味ではあるが、それなりに効果を発揮する可能性の高い方法だと思う。この方法も投資なのでリスクがあり、確実に利益を上げられる方法ではないので、その点は注意してほしい。

スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/20 (Wed) 21:52:00
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」に投票した。投票しようと思いながら延ばし延ばしになっていたが、なんとか締め切りギリギリ投票した。

 投票したのは以下の3ファンド。理由はどれも長期投資で重要なコストの低さがよいと思ったこと。「(3)SBI-EXE-i先進国株式ファンド」の実質コストはまだ判明していないが、期待値を含めての投票。

  (1)バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
  (2)ニッセイ日経225インデックスファンド
  (3)SBI-EXE-i先進国株式ファンド


その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/03/03 (Sun) 21:56:46
「日経ヴェリタス」2013年2月24日号の「七転び八起き」コーナーに載りました
 約一年前の「日経ヴェリタス」2012年1月8日号の「七転び八起き」コーナーに載りましたが、日経ヴェリタス 2013年2月24日号
の「七転び八起き」コーナーに再び載りました。1週間も前の誌面で既に次の号が出ていますが。

 前回載った後の保有資産の動きにからめて、私が思ったことや感じたことなどが書かれています。ここまでのところは積立投資が結構よかったと思うことが書かれていて、今後も積立投資を続けていこうと思っていますが、今後も有効かどうかは・・・。とはいえ、他に有効と思える投資方法も見つからないため、これまで通り積立投資は続けることになるでしょう。

 他には外債クラスについてもどうするか結論を出さなければなりませんが、もうしばらく時間がかかりそうです。そんなことを考えながら、退屈にならないように続けていこうと思っています。

その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2013/02/12 (Tue) 07:38:51
毎年恒例の「日経マネー2013年個人投資家調査」
 毎年この時期に恒例となった「<日経マネー>2013年個人投資家調査」が行われている。
 設問数が多いので、時間のとれる時にどうぞ。

<5万円の商品券が当たる!日経マネーアンケート募集中>
マネー月刊誌・日経マネーが、個人投資家を対象に運用実態に関するアンケート調査を実施中です。募集期間は2月8日(金)~2月20日(水)深夜まで。回答者の中から抽選で1名に5万円、5名に1万円、10名に5000円の商品券、50名に500円の図書カードなどをプレゼント。ご回答はこちらから。※リンク先はこちら→https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/R018255qt.html



その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/12/01 (Sat) 00:04:21
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」に投票した。

 今年は大きな話題となったファンドもなく、投票を見送ろうとも思ったのだが、どんな相場の悪い時にでもコツコツ積立投資を行う者が、大きな話題がないからと言って投票しないのでは行動に矛盾が出てしまうと、思い直して、投票することにした。投資もコツコツ、投票もコツコツ、継続が重要。

 投票したのは以下の2ファンド。どちらも長期投資で重要なコストの低さがよいと思う。

  (1)バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
  (2)ニッセイ日経225インデックスファンド

その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/10/07 (Sun) 00:05:49
「日経マネー」誌「年金難民」に関するアンケート
 日経マネー誌で「年金難民」に関するアンケートが行われている。このアンケートは「現役で仕事をされている方」、「現役を引退した方(定年退職、早期退職をした方)」を対象としているということで、現役で仕事をされている方で最大92問、現役を引退した方で最大49問の項目があるようだ。ちょっと項目が多いが、回答は貴重なデータとなるはずなので、答えてみては。

  ★1万円が当たる!「日経マネー」アンケート★
あなたの「年金」(老後資金)に関するアンケートにご協力下さい!
3名様に1万円分のギフトカードが当たります。
◆回答はこちらから→https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/5528_O.html



その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/08/25 (Sat) 23:27:29
ダイヤモンドZAi 2012年10月号に掲載された
ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2012年 10月号 [雑誌]
ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2012年 10月号 [雑誌]

 ちょっと遅くなったが、2012年8月21日に発売になったダイヤモンドZAi 2012年10月号に掲載された。この号の特集記事である「株&投信で勝ち続ける人の投資のルール&ノート術!」に「File8 エクセルで投資を管理する達人投資家!ファンドストーリーさん」として載っている。

 私の場合、タイトルの「勝ち続ける人」というのは大きな疑問が残ってしまうが(汗)、4ページに渡ってExcelでの資産管理の方法を中心に紹介されている。Excelに詳しくない人にでも理解できるように記事にされており、編集者の腕のよさを感じる。

 他には投資のプロと言っていい人や、一般のサラリーマンや主婦などが9名紹介されており、読んでみるとなかなか面白く、参考になることもいくつかあった。興味のある方は読んでみてはいかがだろうか。


2012年8月31日追記
 見落としていたのだが、この「ダイヤモンドZAi 10月号」で、かえるさんの著書「あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール」が5名様にプレゼントされるようだ。かえるさんの記事は「ダイヤモンドZaiで本を5名様にプレゼント中!」。

その他雑感 | Trackback:(1) | Comments:(0)
2012/06/16 (Sat) 00:12:21
第3回E-1グランプリ開催
 マネー・カレッジ代表の木田知廣さんからお知らせがありました。2012年8月5日(日)に第3回E-1グランプリが開催されるということです。今年から審査の方法を変えて、審査員以外に特別席の方も投票することができるようにするということです。特別席にはどなたが来るのか分かりませんが、ユニークな方法だと思います。詳しくは下記をご覧ください。

「教え方が一番上手なマネー講師って誰?」

そんな素朴な疑問から始まったセミナーコンテストE-1グランプリも第3回を迎えました。

第1回優勝者の花輪陽子さんはその後大ブレークを遂げるなど、次代を担うマネー講師を輩出する場としても定着したイベント、今年の開催は8月5日(日)。

出場者/聴衆(オーディエンス)ともに募集中ですので、ご興味がある方は下記のページをチェックしてください。
http://www.e1gpx.org/



その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/03/31 (Sat) 23:34:00
休眠口座の解約を行った(2)
前回の「休眠口座の解約を行った(1)」の続き。

 エレベータを使ってビルの6階に上がってようやく支店に入ることができた。窓口は混んでいて何やら時間がかかりそう。ここで休眠口座が解約できるかどうかだけは早く確認したかったので、ローンなどの空いている窓口に行って訊いてみた。ローンなどの担当の人は分からず、分かる担当の人に調べてもらうと言われ、待つことに。

 5分くらい待つと名前を呼ばれて、「今話題の休眠口座になっていて、ここでは解約はできない」と言われた。「この口座の支店に行ってほしいが、今は支店名が変わってXXX支店になっています。」と言われた。XXX支店は名前からそんなに遠くではないと思われるが、具体的な場所が分からないので訊いてみるとYYY駅の近くにあると。もともとの支店名から推測される場所とYYY駅ではちょっと離れているので、支店名が変わっただけではなく支店の統廃合で別の支店に吸収されたと思われる。

“休眠口座の解約を行った(2)”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/03/24 (Sat) 23:35:13
休眠口座の解約を行った(1)
 今年の初めに引越をしたのだが、しばらく使っていなかったとある地方銀行の預金口座を思い出し、引越の前に解約をしようとした。その使っていなかった地方銀行の預金口座は2つあり、1つは家の近くの支店のもの、もう1つは以前会社から指定されていた旅費振込用のもので、今は勤務地も変わり旅費用の口座も別の銀行のものになってしまって、行くこともまったくない支店のものであった。

 この2つの口座は、最後に記帳した日付を見ると10年以上も前となっており、震災の復旧資金に充てようかと話題にもなっている休眠口座となっている可能性が大のものだった。

 引越の日の朝に、2つの口座の通帳を持って家の近くの支店に行ってみると、見事に2つとも休眠口座になっているとのこと。その支店のものを解約するのも1~2時間くらいの時間がかかるとのことで、もう1つの別の支店のものはその日に解約手続きができるかどうか分からず、調べるので、その支店の口座の解約処理が終わる1~2時間後にもう一度来てみてほしいとのこと。時間がかかりそうなことはある程度予想はしていたものの、解約できるのかどうか、口座に残っていたお金が戻ってくるのかどうか、先行きに不安が立ちこめた。

“休眠口座の解約を行った(1)”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。