プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/02/28 (Wed) 23:31:00
中国発の世界同時株安 (2007/02/28)
 今日は朝起きてネットでアメリカ株式市場を見たところニューヨークダウが400ドルを超える下げで、何が起こったのか?と驚きで始まった。どうやら昨日の中国株式市場が9%に迫る下落となり、その後開いたヨーロッパ株式市場も大幅安となり、アメリカ市場にも波及したようだということがわかった。これだけ海外で下げると日本株式市場もパニック的な大幅安になるかもしれないなと思いながら通勤の途に付いたのだった。

 本日の日本株式市場は大きく下げたが、意外に心配したほどの展開とはならなかったような気がする。寄り付き後まもなく日経平均は700円を超える下落となったが、その後は下げ渋って500円強の下落で終わった。


“中国発の世界同時株安 (2007/02/28)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
相場雑感 | Trackback:(1) | Comments:(2)
2007/02/25 (Sun) 02:01:30
リスクとリターンの関係について
 以前、「アセットアロケーションのやり方」で、「アセットアロケーションとは、適正なリスクの元で安定したリターンを得ることを目的に資産配分すること」と書いたが、今回はリスクとリターンの関係について少し定量的に書いてみたいと思う。

 当然のことながら高いリターンを得るためには高いリスクを取る必要があるが、ではリスクとリターンがどのような関係になっていれば適切なのか?という疑問が出てくる。


“リスクとリターンの関係について”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(6)
2007/02/24 (Sat) 04:55:04
セゾン投信でもう一つのサプライズ、だが・・・
 先日「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは分配金再投資専用」を書いた時に、セゾン投信webサイトの23日の商品案内に「ポジティブサプライズはまだあるのか?」と書いたのだが、その後バタバタとする日が続いてすっかり忘れていた。本日23日にようやく思い出し、深夜にセゾン投信のwebサイトを見てみたのだが、なんとサプライズはあった。だが、ポジティブなのか、ネガティブなのか、ちょっと微妙だ。

 サプライズというのは先日取り上げたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの他にもう1本、「セゾン資産形成の達人ファンド」が紹介されていることだ。


“セゾン投信でもう一つのサプライズ、だが・・・”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(3) | Comments:(6)
2007/02/24 (Sat) 02:39:42
運用経過(2007年02月23日)
 アメリカ株は、原油価格が下落したことなどで小幅に上昇した後、CPI(消費者物価指数)が予想を上回り、失業保険申請件数が低い水準となったことなどでインフレ懸念が再び強くなり、金利引上げの懸念が強くなって、下落した。

 日本株は、日銀の金融政策決定会合を控えて、小動きとなったが、金利引上げが決定されると、一時大きく下げるものの、悪材料出尽くし感もあって大きく上昇した。TOPIXはなかなか抜けなかった1,800台を15年ぶりに回復した。

 保有の投資信託は、全体では大きく上昇した。2%に迫る上昇で、今年になってからは一番大きな上昇幅だ。7週連続の上昇でもあり、やはり過熱ぎみであることは否定できないかもしれない。下落しないと安く買えないこともあり、そろそろ調整しても良いのではないかと思う。


“運用経過(2007年02月23日)”の続きを読む>>
2007年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/23 (Fri) 00:47:22
今回の金利引上げに思うこと
 21日に日銀が金利を引上げた。これが正しいのか、正しくないのか、どっちなのだろうかと思っていたところに、21日のマネックスメール「松本大のつぶやき」を読んで、そう言えばかつて私も同じようなことを思ったなあと思い出した。

 かつてというのは、1980年の後半から1990の年始めにかけてのバブルが崩壊した後、景気回復のために金利を引き下げていったがそれでも景気は良くならず、ゼロ金利まで到達しようとしていた時代だ。年でいうと1998年~1999年くらいだろうか。


“今回の金利引上げに思うこと”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/20 (Tue) 23:17:37
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは分配金再投資専用
 先日、セゾン投信の1本目の投資信託が明らかになる! でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの概要を取り上げたが、その時にわからなかった分配金のことでrennyさんがブログでいち早く情報を寄せている。また、にじ@Rayさんもブログに書かれている。

 rennyさんによると、EDINETでセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの分配金のことが分かるそうだ。EDINETによるとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「分配金再投資専用」ということだ。


“セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは分配金再投資専用”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(2)
2007/02/18 (Sun) 01:01:52
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドをほんの少しだけ詳細に
 16日発表されたセゾン投信の投資信託がほぼ期待通りで、セゾン投信の1本目の投資信託が明らかになる!に概要を書いたが、今明らかになっている情報からほんの少しだけ詳細に触れてみたいと思う。

 まず、組み入れファンドの比率は

  <株式>(かっこ内は投資比率)
   ・バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(約6%)
   ・バンガード・U.S.500ストック・インデックス・ファンド(約24%)
   ・バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド(約16%)
   ・バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド(約4%)
  <債券>
   ・バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(約9%)
   ・バンガード・US・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(約20%)
   ・バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(約21%)

であるが、冷静になってみるとなぜこの比率なのか?と疑問に思う。比率の数字は切りのいい数字ではなく、考えれば考えるほど疑問は大きくなる。


“セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドをほんの少しだけ詳細に”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(2) | Comments:(6)
2007/02/17 (Sat) 03:14:46
セゾン投信の1本目の投資信託が明らかになる!
 昨日の16日にロイターが報じたセゾン投信の1本目の投資信託の概要を水瀬ケンイチさんがブログ:梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーで紹介している。

 待ち焦がれていたセゾン投信の1本目の投資信託の名前は

  セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

である。


“セゾン投信の1本目の投資信託が明らかになる!”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(4) | Comments:(9)
2007/02/17 (Sat) 00:10:16
運用経過(2007年02月16日)
 アメリカ株は、下落して始まった後、アルコアのM&Aの話題などを好感して大きく上昇した。その後、バーナンキFRB議長が議会証言がインフレ圧力は強くなく楽観的な内容であったことを好感して、上昇が続いた。

 日本株は、外国人買いもあって堅調な動きとなり、日経平均が昨年来高値を更新して先高観も一層強くなって、大きく上昇した。その後、10-12月期GDP速報値が+4.8%と予想を大きく上回り、さらに上昇した。

 保有の投資信託は、全体では小幅に上昇した。さすがに円高が進んで、グローバル株式ファンドは下落した。日本株ファンドも指数上昇の割には上がっていないような感じもする。だが、DKA株式オープンはライブドアショック以降さえない動きであったが、最近は堅調で、今週も大きく上昇した。このように他の多くのファンドと違う動きをする投資信託は、良くも悪くもアクティブファンドらしいが、正直言って扱いづらい感は持ってしまう。


“運用経過(2007年02月16日)”の続きを読む>>
2007年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2007/02/14 (Wed) 23:13:35
アセットアロケーションのやり方
 前回はアセットアロケーションに至った経緯について書いたが、今回はアセットアロケーションのやり方を私の考えを入れて書こうと思う。

 アセットアロケーションとは、適正なリスクの元で安定したリターンを得ることを目的に資産配分することである。では、どのようなアセットアロケーションにすれば良いかというと、実は非常に難しい。適正なリスクと言っても自分にとって適正なリスクがどの位かというのはなかなかわからない。そもそもリスクって何?っていう人も多いだろう。


“アセットアロケーションのやり方”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/13 (Tue) 01:17:05
アセットアロケーションに至った経緯
 資産運用についてアセットアロケーションというやり方を採ろうとしているのだが、今回はこのアセットアロケーションに至った経緯について書こうと思う。

 投資のやり方にはいろいろな方法があると思うが、投資を始めてしばらくの間は自分のイメージするまま投資を行っており、ITバブル崩壊後の株式相場の低迷も重なって、自分の資産はひどい状態になっていた。


“アセットアロケーションに至った経緯”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/11 (Sun) 01:26:47
エマージング国への投資について
 いつもブログを拝見させていただいているrennyさんが「エマージング国株式投信になぜ投資するのですか」と題して書かれている。

 BRICSなどエマージング国への投資については、「外貨建て資産について」で簡単に触れたが、もう少し詳しく書きたいと思う。

 今のところ私もエマージング国へは直接は投資するつもりはない。その理由は以下の通り。


“エマージング国への投資について”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(9)
2007/02/10 (Sat) 02:33:54
運用経過(2007年02月09日)
 アメリカ株は、先週末発表の雇用統計が強弱入り混じる内容で、上昇する材料には欠け、原油価格も上昇したことなどから、軟調な動きとなった。住宅市場の減速などから下げるも、底堅さも見せた。

 日本株は、「節分天井」の可能性や、週末のオプションSQを控えて、売り先行となり、週末のG7で円安是正が取り上げられる懸念などを嫌気して、大きく下落した。しかし、オプションSQを波乱無く通過すると、2月利上げ無しの公算もあって、大きく上昇した。

 保有の投資信託は小幅に上昇した。全体の通算損益は+40%を超えてきた。一時は大きく元本を下回っていたことを考えると、夢のような数字だ。約6年半で40%というと全く大した数字ではないのだが、金額にすると90万円を超える運用益で、比較的大きな金額だ。継続は力なりといったところか。


“運用経過(2007年02月09日)”の続きを読む>>
2007年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/08 (Thu) 01:42:05
投資家が陥りがちな6つの落とし穴 by バンガード
 マネックスが出しているマネックスメールの月曜日版にバンガードがコラムを提供しているのだが、なかなか良い内容だと思ってよく読んでいる。以前は毎週あったのだが、最近は隔週くらいになってしまったのが残念である。

 そのマネックスメールの2月5日分に「投資家が陥りがちな6つの落とし穴 あなたは罠にはまっていないでしょうか?」とのコラムがあった。投資の基本姿勢として忘れてはならないことだと思うので、感想と、自分はどうなのか当てはめてみた。


“投資家が陥りがちな6つの落とし穴 by バンガード”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/03 (Sat) 01:58:04
ジョインベスト証券での投資信託の販売
 ようやくジョインベスト証券で投資信託の販売を行うことに決まったようだ。販売開始は2月25日からの予定だそうだ。私の記憶だとジョインベスト証券は昨年の10月くらいからの販売を目指していたと思うのだが、少し遅れての開始となるようだ。

 少しだけ先行した投信スーパーセンターとは方向性が違うようだ。投信スーパーセンターは取り扱い投資信託の数がかなり豊富であるが、ジョインベスト証券は逆に「じっくりと絞り込んだこだわりの約160ファンドをご用意」だそうだ。


“ジョインベスト証券での投資信託の販売”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(2)
2007/02/03 (Sat) 00:47:19
運用経過(2007年02月02日)
 アメリカ株は、原油価格が上昇したものの、FOMCで金利据え置き、緩やかな景気拡大が続いているとの声明もあり、また、10-12月期GDPも予想を上回る成長であったことなどで、大きく上昇した。

 日本株は、第3四半期の決算発表は良い内容のものが多く、上値の重い展開ながらも強含みの中、総じて堅調な動きであった。

 保有の投資信託は全体では大幅に上昇した。4週連続の上昇で、この4週間で13%ほどの上昇である。そろそろ一服してもおかしくないと思われる。今後第3四半期の決算発表も終わりに近づき、短期的な材料出尽くしのタイミングとも一致する。それでも一服しないようであれば明らかに過熱であると思う。



“運用経過(2007年02月02日)”の続きを読む>>
2007年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/02/01 (Thu) 00:01:25
マネックス資産設計ファンド販売開始後の感想
 先週の26日(金)にマネックス資産設計ファンドが予定通り開始された。あまり購入することは考えていなかったのだが、自分の希望する資産配分比率に近くなることをちょっとだけ期待して、注目していた。販売開始と同時に資産配分比率も発表されたのだが、それを見ての感想を書こうと思う。

 ある程度予想していたとおり資産配分比率は自分の希望するものとは大きく異なっていた。だが、その内容はかなり意外なものであった。発表されたスタート当初の資産配分比率は以下の通りだ。

  日本株式      21%
  外国株式      15%
  日本債券      22%
  外国債券      20%
  日本リート     15%
  外国リート      7%


“マネックス資産設計ファンド販売開始後の感想”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(4)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。