プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/07/31 (Tue) 22:03:42
フィデリティ・ジャパン・オープン運用報告書(2007年3月22日決算)
 もうかなり日が経ってしまったのだが、3月22日に第23期の決算を迎えたフィデリティ・ジャパン・オープンの運用報告書を取り上げる。5月のゴールデンウィークくらいに届いていたように思うが、すっかり読むのを忘れていた。

 第23期(半年間)の運用成績は+8.24%とプラスの成績だったが、ベンチマークの+10.16%を2%近く下回り、アクティブファンドとしてはあまり良い成績ではなかった。設定来(約11年間)の成績は+86.54%とベンチマークの23.22%を大幅に上回っているのだが、過去3年で見ると+41.59%でベンチマークの58.27%を大きく下回る結果となっており、最近の成績はあまり良くない状態が続いている。


“フィデリティ・ジャパン・オープン運用報告書(2007年3月22日決算) ”の続きを読む>>
スポンサーサイト
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/28 (Sat) 23:36:50
新潟県中越沖地震の影響から考えること
 先週16日に起きた新潟県中越沖地震の影響は、一部で大きく出ているようだ。自動車生産会社は国内の全12社で操業停止に追い込まれた。これは自動車の部品であるピストンリングなどを生産する株式会社リケンが被災して操業停止に追い込まれたことが大きな原因と報道されている。

 株式会社リケンのことはよく知らなかったのだが、ちょっと調べてみたところ、2006年度の売上高が約912億円で特別大きな規模の会社ではないが、ピストンリングでは国内シェア5割超を握るトップメーカーとのことだ。これだけのシェアを握る自動車部品会社が操業停止になってしまうと、自動車生産会社が次々と連鎖的に操業停止に追い込まれてしまうのも当然かもしれない。


“新潟県中越沖地震の影響から考えること”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2007/07/27 (Fri) 22:44:25
運用経過(2007年07月27日)
 アメリカ株は、先週末に発表されたキャタピラーの決算が予想を大幅に下回ったことなどから、大幅下落となり、その後、メルクなど予想を上回る内容の決算発表などから、反発するものの、サブプライムローン問題や、デュポンやテキサスインスツルメンツなどの予想を下回る決算発表などで、大きく下落した。さらに6月の新築一戸建て住宅販売件数が予想を下回ると、サブプライムローン問題が景気全体に影響を与えるのではないかとの懸念が強まり、2月末の急落に迫る大幅下落となった。

 日本株は、アメリカ株の大幅下落や為替が円高に振れたことなどを嫌気して、大幅下落で始まった。その後もアメリカ株が下落を続けたことや、為替の円高が進んだことなどで、下落が続いた。さらに週末近くにアメリカ株が急落し、為替が引き続き円高に振れたことなどから、大きく下落した。

 保有の投資信託は、全体では大きく下落した。週ベースで見ると2月末のショック的な下落幅を上回る下落となった。2月の急落後、調整らしい調整がなく上昇を続けてきたが、小幅な調整は行われてある意味過熱感が薄れてきたと思っていたところでの今回の急落。急落した後に思えば、来るべくして来たという感じだ。でも、落ち込む気持ちはそれほどない。来月の定期積み立てで安く買えるかもしれず、しばらく調整が続くのも悪くないという気持ちもある。さて、2月末の急落の後のようにまた1本調子で上昇するのか、それとも調整が続くのか。そんな動きを楽しむ余裕をもって見ていきたいと思っている。

 今週の購入などは以下。
  ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
      定期積立  単価 10,874円  口数 9,196口  金額 10,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。




2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/25 (Wed) 23:53:07
バンガードの日本での展開についての記事
 昨日7月24日の日経金融新聞で「米バンガード 『日本では単独展開せず』」の記事が出ていた。これはアジア太平洋を統括するジェレミー・ダッフィールド・マネージング・ディレクターとの会見で話された内容で、

日本でのビジネスに関して「単独で営業するつもりはなく、今後も日本の運用会社と共同で商品を提供していく」方針を示した


とのことだ。

 んー、ちょっと残念。非常に低コストのバンガードのファンドが直接買えれば、資産運用にはとてもメリットが大きいのだが、その気が無いのでは仕方がない。

“バンガードの日本での展開についての記事”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(4)
2007/07/24 (Tue) 21:56:28
投資信託振替制度
 投資信託を購入してその後の対応に不満を持ったことがある人は結構いるのではないだろうか?私は随分前に大手銀行で買った投資信託で1年に1回の決算のものがあったのだが、決算時の運用報告書の他に半期運用状況が出させるものがあった。しかし、購入して1年目はきちんと運用報告書および半期運用状況が送られてきたのだが、2年目になると半期運用状況が送られて来ず、販売会社に問い合わせても「そんな半期運用状況なんてあるんですか?」などと返される始末。そんなこともあり、信託報酬の高さも原因で、その投資信託は売却するに至った。

 その後、今年から投資信託振替制度が始まり、販売会社の対応が不満ならこの制度で振り替えができるのではないかと考えてはみたものの、「そんなサービスをやっているので利用ください」とアピールするところも見当たらず、制度ができてもその制度を取り扱ってくれなければ何も変わらないのになあと思っていた。

(2007/7/29 修正)「半期報告書」ではなく「半期運用状況」でしたので、訂正しました。


“投資信託振替制度”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(2) | Comments:(2)
2007/07/21 (Sat) 16:57:20
「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」を読んでみて
 7月上旬のある日、早く帰る日があって、帰る途中ふと本屋さんに寄ってみた。投資本のコーナーに行ってみると水色の表紙の本があって、著者を見たら中桐啓貴氏となっていた。中桐氏と言えば「rennyの備忘録」のエントリで何度か見かけたことのある人で、どんな内容を書いているのか気になり、手にとって中を見てみた。

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩


“「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」を読んでみて”の続きを読む>>
投資本 | Trackback:(0) | Comments:(10)
2007/07/20 (Fri) 22:57:36
運用経過(2007年07月20日)
 アメリカ株は、インフレ懸念が依然として強いものの、好調な企業業績を好感して、堅調な動きで始まった。その後もコカコーラなどの予想を上回る決算発表を受けて上昇したが、サブプライムローン問題の先行き懸念が強くなり、大きく下落した。しかし、IBMなどの好決算発表を支えとして大きく上昇し、NYダウは終値で14,000ドルを突破した。

 日本株は、新潟県中越沖地震の影響が心配されたが、影響は限定的で、方向感のない動きではじまった。その後、米ヤフーなどの芳しくない決算発表の影響を懸念して大きく下落したが、底堅さも見せ、週後半は小幅な上昇が続いた。

 保有の投資信託は、全体では小幅に上昇した。上昇したといってもほぼ変わらずといっていいくらいの幅である。今週はNYダウが終値で14,000ドルに達し、非常に堅調な状態である。13,000ドルを超えてからわずか58日目での達成だそうだ。アメリカ株はまだ割安だと言う人もいて、この先も上昇を続ける可能性もあるが、安く買えないのが残念である。最近は上昇を喜ぶよりは、安く買えないことを心配に思ってしまう。

 今週の購入などは以下。
  ・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
      定期積立  単価 18,744円  口数 1,0671口  金額 20,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。



2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/19 (Thu) 22:16:53
「もし、50万円あったら・・・ ポートフォリオ 投資信託編」(マネックス証券)
 マネックス証券で「もし、50万円あったら・・・ ポートフォリオ 投資信託編」と題して、5人の「お金の達人の方々」の考えるポートフォリオを紹介している。かなり宣伝色の強い内容ではあるが、参考になる部分もあるかもしれないので、興味のある方は覗いてみるのも良いだろう。

 5人の「お金の達人の方々」とは、松本大氏、内藤忍氏、深野康彦氏、廣澤知子氏、中村芳子氏で、マネックス証券とつながりの深い人が多い。当然、マネックスで扱う投資信託ばかりでポートフォリオを組んでおり、必ずしも中立的な立場での内容ではないところがあって、その点を割り引いて見る必要はあるだろう。


“「もし、50万円あったら・・・ ポートフォリオ 投資信託編」(マネックス証券)”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2007/07/17 (Tue) 23:55:27
大証が金ETFを上場
 7月17日の日本経済新聞夕刊によると、

大阪証券取引所は金価格に連動するETF(指数連動型上場投資信託)を8月10日に上場する。


いうことで、以前から検討されていた金ETFの上場がようやく実現するようだ。ただし、

日本では法律上、金などモノを裏付けにした投信は上場できない。海外の金融機関が発行する、金価格に連動する債券(リンク債)を組み込む投信とすることで、上場できるようにした。


という少し特殊なかたちでの上場で、

金そのものを裏付けにする海外のETFと異なり、金と交換はできない


そうだ。

“大証が金ETFを上場”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/14 (Sat) 15:14:30
2007年下期投資計画
 2007年下期が始まって2週間ほどが経過したが、下期の投資計画をまとめてみたい。

 以前決めた目標のアセットアロケーションは以下。

  ・日本株式クラス  30%
  ・日本債券クラス   5%
  ・外国株式クラス  50%
  ・外国債券クラス  15%

 一方の前期末のアセットアロケーションは以下。

  ・日本株式クラス  40.2%
  ・日本債券クラス   0.9%
  ・外国株式クラス  44.6%
  ・外国債券クラス  14.2%


“2007年下期投資計画”の続きを読む>>
2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/14 (Sat) 00:55:00
運用経過(2007年07月13日)
 アメリカ株は、先週末発表の雇用統計が予想を上回り、賃金インフレの懸念が強くなるなど、株価にはマイナスの材料だとの受け止められ方が多かったが、景況感は悪くないことから、堅調な動きとなった。その後、サブプライムローン問題や、バーナンキFRB議長がインフレ懸念を示したことなどから、大幅に下落した。しかし、大幅下落の反動や、小売り各社の売上げが予想を上回ったことなどから、大きく反発して、NYダウは最高値を更新した。

 日本株は、機械受注統計が予想を大幅に上回る内容だったことを好感して、上昇して始まった後、上値を追う材料に欠け、もたつき、アメリカ株が大幅に下落すると、歩調を合わせて下落した。その後、週末のSQを控えるなど、軟調な動きとなったが、アメリカ株が大幅に反発すると、合わせて大きく上昇した。

 保有の投資信託は、全体では小幅に上昇した。週末に大きく上昇したのであったが、週前半は軟調であったために、結果的に小幅な上昇に留まった。2月末の急落以降は総じてなだらかな上昇となっているように思うが、適当な調整もしているような感じも受け、一時あった過熱感は無くなっているような気がする。そういう意味では、いい感じ、なのかもしれない。

 今週の購入などは以下。
  ・バンガード・ウェルズリ・インカム・ファンド
       口座管理料支払  86円
  ・iShares S&P 500 Index Fund
       分配金受取   1,987円

 投資状況はここをクリック。


2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/11 (Wed) 00:42:38
セゾン投信、口座開設1万人突破!
 何度か取り上げているセゾン投信であるが、口座を開設した人が一つの節目である1万人を突破したそうだ。ホームページで発表されると同時に、口座を開設した人には御礼としてメールが届いている。

 1万人という数字が多いのか、まだまだ少ないのか、よくわからないが、1つの区切りの良い数字であり、この数字を突破したというのはやはり記念すべきことであろう。口座開設の募集をしてからわずか4か月での達成。1日当たりにすると約80人にも上り、結構多いかもしれない。

“セゾン投信、口座開設1万人突破! ”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(3)
2007/07/08 (Sun) 00:39:48
2007年上期運用結果
 2007年上期が先週で終了した。2007年上期(半年間)の運用結果をまとめてみた。

 まず全体では以下。期首の金額には新たに積み立てた元本の金額を含めている。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \3,126,902 \3,389,447 \262,545 +8.40%

 全体では+8.40%と大きなプラスとなったが、この数字を出す前まではもっとプラス幅が大きいのではないかと感じていたので、それほど大したことがなかったという印象だ。だが、年率に直すと17%近い数字で、大きなプラス幅であることは確かだと思う。また、金額でみると約26万円のプラス。庶民感覚でいうと結構大きな金額ではないだろうか。


“2007年上期運用結果”の続きを読む>>
2007年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/07 (Sat) 05:32:11
運用経過(2007年07月06日)
 アメリカ株は、先週末発表の個人消費支出が予想の範囲内に収まったことなどを好感して上昇して始まったが、原油価格が上昇したことなどで、下落に転じた。その後、ISM製造業景気指数が上昇したものの価格指数が低下するなど良い内容であったことなどで、大幅高となった。その後は独立記念日による休場などもあり、小幅な動きとなった。

 日本株は、日銀短観がほぼ予想通りであったものの、株価を大きく動かす材料とはならず、上値の重い動きで始まり、アメリカの独立記念日による休場を控えて、小幅な動きが続いた。その後、為替が円安に振れたことなどを好感して上昇したが、アメリカ雇用統計の発表を控えての様子見から、週末には下落した。

 保有の投資信託は、全体では小幅に上昇した。このblogでは、特に根拠はないが、半年間ずつに区切って見ることにしており、今週から新たな半期が始まった。この半期の方針は別途まとめたいと思っているが、投資成果の表現方法は、従来の表によるものから、グラフによるものに変更した。従来の表による細かい数字よりは視覚的なグラフの方がわかりやすいのではないかと思うが、どのようなグラフがわかりやすいかと考えてみると、これがなかなか難しい。とりあえず作成してみたものの、今後変更を加えていくかもしれない。

 投資状況はここをクリック。


2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/07 (Sat) 05:32:10
2007年下期投資状況推移
2007年12月28日時点の投資状況は次のとおり(このページは毎週更新し、最新の内容とする)。

なお、以下はリスク資産のみで安全資産(生活防衛資金)は含めていない。


“2007年下期投資状況推移”の続きを読む>>
2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/04 (Wed) 23:35:03
セゾン投信月次運用レポート(2007/06)
 セゾン投信の2007年6月分の月次レポートが公開された。先月は1日と異常に早い公開だったので、今月も早いのではないかと思っていたのだが、なかなか公開されなかった。本日4日に公開されたのだが、考えてみるとこれでも十分に早い。しかも今月はメールで公開されたことのお知らせがあった。

 まず「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」であるが、純資産総額は5月末の約26億円弱から6月末には約41億円弱と、大きく増加している。増加率は当然のことながら落ちてきているが、増加金額では順調に大きくなっている。設定来の推移を見ても見事な右肩上がりだ。


“セゾン投信月次運用レポート(2007/06)”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2007/07/03 (Tue) 21:31:21
現時点でターゲットイヤーは必要か?
 詳しくは知らないのだが、ターゲットイヤーを設定した投資信託が結構売れているらしい(?)。定年を迎えるなどの時期をターゲットイヤーとして設定して、最初は株式の比率を多くして積極運用し、ターゲットイヤーに近づくにつれて徐々に株式の比率を減らしていき、ターゲットイヤーを過ぎると債券などを多くして安定運用するというものらしい。

 年齢などそれぞれの時期で適切なリスクの基に運用を行うという資産運用での基本的な考え方を実行するすばらしい運用方針だと思うのだが、ちょっと問題も感じてしまう。


“現時点でターゲットイヤーは必要か?”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2007/07/01 (Sun) 00:01:00
買収防衛策、モノ言う株主に感じたこと
 6月29日で3月決算企業の株主総会がほぼ終了した。先日「議決権行使に感じたこと」で書いたが、議決権は投資信託の保有者には無く個別銘柄の株主に与えられるものであり、議決権行使は場合によってはその企業の今後を大きく左右することにも成り得るものである。

 今回の多かった議案では買収防衛策があった。6月30日の日本経済新聞によると、

買収防衛 全210社で可決


されたそうである。1社の否決もなく全てが可決されたというのは、すごいことだと思う。今はそれだけ「買収される」ことが悪だとみなされることが多いということだろう。

“買収防衛策、モノ言う株主に感じたこと”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。