プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/02/26 (Tue) 21:45:27
ようやく楽天証券で投信積立サービスが始まることに
 いつも朝の通勤電車の中で日本経済新聞を読むのだが、今日は楽天証券が投信積立サービスを始めるとの記事を見つけた。毎月の積立額を増額しようと考えていて、どこの証券会社で積み立てるか決めあぐねていたため、待ち焦がれていたニュースであった。

 記事によると

 楽天証券は3月16日から投資信託の積み立てサービスを始める。利用者に購入時の手数料の1%を楽天市場での買い物などに使えるポイントとして還元するほか、将来的には残高に応じて投資家が毎年支払う信託報酬の一部も還元の対象にする方針。これまで販売手数料を無料にする証券会社はあったが、信託報酬の還元サービスは珍しい。


とのことで、購入時の販売手数料の1%を楽天証券ポイントとして還元するようだ。将来的には信託報酬の一部を還元の対象にするということで、長期保有を前提とする人にとってはうれしいサービスとなる。


“ようやく楽天証券で投信積立サービスが始まることに”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/02/24 (Sun) 01:52:21
貸株サービスのリスク
 先日書いたエントリ「マネックス証券、2008年3月の貸株金利を大幅UP」であるが、この件は他のいくつかのblogでも取り上げられている。でも好感するというよりはリスクが高いと評価する方も多いようであり、今回は私の思うことを書いてみたいと思う。

 貸株サービスは簡単に言うと、自分の保有する株式を証券会社に貸し出し、その見返りに貸株金利を受け取るサービスである。株式を借りた証券会社はその株式をさらに別の証券会社やヘッジファンドなどへ貸し出して金利を受け取るというつながりになっている。株式を空売り(株式を持っていなくても借りてきて売る、売った株式は後で買い戻して借りた株式を返す)場合などで需要があり、わずかな株式しか保有しない個人投資家でも何人も集まれば多くの株式を集められることになり、株式の出し手として注目され、貸株サービスが考えられたものと思われる。

“貸株サービスのリスク”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
2008/02/22 (Fri) 23:45:00
運用経過(2008年02月22日)
 アメリカ株は、先週末のニューヨーク連銀景気指数が予想を下回ったことなどで、軟調な動きで始まった後、原油価格が100ドルを超えたことなどで、軟調な動きが続いた。その後、利下げ期待もあり上昇する場面もあったが、フィラデルフィア連銀景気指数が予想を大きく下回ったことなどで景気後退懸念が強まり大きく下落した。

 日本株は、外国人売買動向が買い越しと伝えられたことなどから、堅調な動きで始まったが、上値の重さから上げ幅を縮小し、その後は一時上昇するものの、原油価格が100ドルを超えると、大きく下落した。その後反動から持ち直すが、アメリカ株が大きく下落すると、円高が進行したこともあって、大きく下落した。

 保有の資産は、全体では非常に小幅に下落した。週前半に大きく下げて、やはりまだ下落に歯止めがかからないかと思ったが、持ち直した。下げる気配も強いが、ずるずると下げることなくもみ合っているところを見ると、今が底値圏かもしれないとも思ったりする。当然それはもっと先にならないとわからないが。今の低い株価水準にもかなり慣れてきた頃で、しばらく低迷を続けても、安値で買い続けることができるので、それほど気分が落ち込むこともないように思う。

 今週の購入などは以下。

  ・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
      定期積立  単価 14,632円  口数 13,669口  金額 20,000円

  ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
      定期積立  単価 9,707円  口数 10,302口  金額 10,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/02/21 (Thu) 23:52:28
日経マネー4月号に「インデックス君」の1人として掲載されました
日経マネー 2008年 04月号 [雑誌]
日経マネー 2008年 04月号 [雑誌]

 今日2月21日発売の日経マネー4月号の「インデックス君10人の運用術」の記事に、相互リンクしていただいているblogの管理人の方が多く出ているのだが、その中に私fundstoryも掲載された。「インデックス君」とは「インデックス投資を行っている人」と一般には解釈されると思うが、日経マネー4月号の記事では少し違う表現で紹介されている。ちょっと褒め過ぎた表現だと思えるが、なかなか良い表現だと思った。どんな表現かが気になる人は記事の方を読んでみてください。

“日経マネー4月号に「インデックス君」の1人として掲載されました”の続きを読む>>
投資本 | Trackback:(4) | Comments:(6)
2008/02/19 (Tue) 01:33:06
マネックス証券、2008年3月の貸株金利を大幅UP
 昨日、マネックス証券が2008年3月の貸株金利を0.55%と大幅にUPすると発表した。2008年2月の貸株金利は0.26%なので、2倍以上にアップすることになる。これはおそらくは、先週末に発表されたカブドットコム証券の貸株サービス(当初貸株金利:年率0.50%)の発表を受けてのものだと思われる。

 貸株金利は基本的には個別銘柄の株式を保有する必要があり、通常の投資信託では貸株金利は付かないため、この恩恵に預かれるインデックス投資家はそれほど多くないかもしれない。しかし、マネックスの場合はETF(上場投資信託)でも貸株にすることで貸株金利が受け取れるようであり、TOPIXなどに連動するETFを保有している人には朗報だろう。

“マネックス証券、2008年3月の貸株金利を大幅UP”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(3) | Comments:(2)
2008/02/16 (Sat) 23:42:35
「投資信託にだまされるな!」を読んでみて
投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方
投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方

 竹川美奈子氏著の「投資信託にだまされるな!」を読んでみた。昨年の4月に発売の本だが、書店ではいまだに何冊も平積みされているところも多く見かけるくらいで、たくさん売れているようだ。既に続編の本も出ているようである。

 発売当初は立ち読みで十分だと思っていたのだが、それだけ売れているのなら読まなくてはと思い、ようやく読むに至った。

“「投資信託にだまされるな!」を読んでみて”の続きを読む>>
投資本 | Trackback:(1) | Comments:(2)
2008/02/16 (Sat) 00:27:39
運用経過(2008年02月15日)
 アメリカ株は、主要な経済指標の発表がないこともあって小動きで始まったが、ウォーレン・バフェット氏がモノラインの地方債に対する保証への再保証を提案したということがニュースになると、これを好感して、大きく上昇した。その後も1月の小売売上高が予想を大きく上回ったことなどで大きく上昇したが、バーナンキFRB議長が議会証言でアメリカ経済の先行きに弱気な見方を示したことで、大きく下落した。

 日本株は、三連休中のアメリカ株が小動きであったことに合わせるように、底堅さを見せるものの小動きで始まったが、アメリカ株が大きく上昇しても追随するような展開とはならなかった。しかし、10-12月期GDP速報値が年率換算で+3.7%と予想を大きく上回ると、これを好感して、大きく上昇した。週末には前日のアメリカ株の大幅下落もあって、大きく下げるものの、大きく戻して終了した。

 保有の資産は、全体では大きく上昇した。大きく上昇したと言っても先週の下落幅を埋めることができないくらいのもので、市場は株価の上昇にまだ自信を持てないようである。市場は効率的だと言われるが、気まぐれなところもかなりあって、この先どうなるかは何とも言えないとも思う。そんな市場の動きに振り回されないように今月も積み立てをコツコツと続けるだけだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/02/12 (Tue) 23:32:16
「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2007年12月10日決算)
 今回は昨年12月10日に第1期の決算を行った「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用報告書を取り上げる。このファンドは設定時に1万円だけ記念購入して、正確には資産運用の位置づけには入れていないのであるが、注目するセゾン投信のファンドであるので、取り上げることにした。

 第1期(約9か月)の運用成績は-5.1%と小幅なマイナスであった。日本株式の比率が高く、大きく下落した日本株式の影響を大きく受けたようだ。それでも、投資先ファンド別に見てみると、「さわかみファンド」は-4.49%とTOPIXの-8.38%を、「米国オポチュニティファンド」が+4.53%とラッセル3000指数の+3.69%を上回る成績であり、かなり健闘した成績であったと言えるのではないだろうか。

“「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2007年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/02/10 (Sun) 00:01:32
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2007年12月10日決算)
 今回は昨年12月10日に第1期の決算を行った「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を取り上げる。運用報告書は少し前にセゾン投信のサイトで公開されていたが、今週初めに郵便で届いた。私はパソコンで見るよりは紙で見た方が断然好きなので、郵送されてくるのを心待ちにしていた。

 さて、内容だが、第1期(約9か月)の運用成績は+4.6%と小幅なプラスであった。サブプライムローン問題に大きく揺さぶられたはずなのだが、株式だけではなく債券も組み入れていることもあって、比較的堅調な成績になったと言える。

“「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2007年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(1) | Comments:(0)
2008/02/09 (Sat) 00:01:37
運用経過(2008年02月08日)
 アメリカ株は、マイクロソフトのヤフー買収提案などを好感して、大幅上昇で始まったが、雇用統計が予想を下回り景気後退懸念が強まったことで、上値が重くなった。その後、ISM非製造業景気指数が予想を下回って好不況の境目である50を割ってしまったことで、景気後退懸念がさらに強まり、今年最大の下げ幅となった。その後もモノラインに対する問題がくすぶって、終始さえない動きが続いた。

 日本株は、先週末のアメリカ株が大きく上昇したことや、ロシアの政府系ファンドが日本株へ投資するというニュースを好感して、大幅上昇で始まったが、アメリカ株の動きに歩調を合わせるように、さえない動きとなった。アメリカ株が今年最大の下げ幅を記録すると、それに合わせて大きく下落し、週末には東証株価指数の先物取引システムの停止などもあって、大きく下落した。

 保有の資産は、全体では大きく下落した。先週期待された底入れ気分もすっかり吹き飛んだ感じだ。通算損益も+15%を割り、本当にマイナスにまで突入することもあり得るかなと思ってきた。私はまだプラス圏なのでそれほど落ち込むこともないが、-10%、-20%と含み損を抱えている人は少し辛いところかもしれない。「辛抱、辛抱」と口で言うのはた易いことだが、実際に大きな含み損を抱えてしまうとそう平然とはしていられないかもしれない。でも、やはりここは辛抱だと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/02/06 (Wed) 23:33:56
マネックスの海外ETFの取り扱いは・・・
 今後、毎月の投資額を増やそうと考えているのだが(「2008年上期投資計画」)、投資信託→海外ETFへのリレー投資が同一の証券会社でできるのが望ましいと思っているので、今現在どこにしようか思案中である。候補は楽天証券、SBIイー・トレード証券だが、マネックス証券も海外ETFを取り扱ってくれれば有力な候補となる。

 昨年、マネックスの松本社長が「海外ETFの取り扱いをしたい」との趣旨の発言したという話もあり、マネックスの動向が非常に気になっている。そこでこの前の日曜日にマネックスにいつ頃取り扱いになりそうか、要望とともに問い合わせをしてみた。

“マネックスの海外ETFの取り扱いは・・・”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/02/02 (Sat) 23:55:46
やはり先を予想するのは難しいと感じる
 先週アメリカで0.75%もの緊急利下げが行われたが、一部ではこれでは全く不十分だとの見方があったようだ。その後、ソシエテ・ジェネラルの巨額不正取引に絡むポジション整理が株価急落の一因だった可能性があることがわかり、FOMCでの追加利下げが小幅なものになるのではないかとの見方が出てきて、もう一段の株価下落があるのではないかと考えたりした。

 しかし、実際には株価は一時的に下げることはあっても上昇基調を続けた。大きく下げるのではないかと騒いだ割には、逆の動きになったような気がする。大方の見方も、私個人の見方も外れたわけだ。私個人は経済の専門家でも何でもない、まったくの素人なので、予想が外れるのは当たり前のことだとも言えるが、専門家と言われる人であっても、今回の動きを当てた人は少ないように思う。

“やはり先を予想するのは難しいと感じる”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/02/02 (Sat) 00:38:36
運用経過(2008年02月01日)
 アメリカ株は、FOMCで大幅な利下げを見込んでいたがそれが実施されないのではないかとの懸念が強くなり、先週末に大きく下落したが、新規住宅着工数が良くない内容であったことで、再び大幅利下げに対する期待が強くなり反発した。10-12月期GDP速報値は予想を下回る+0.6%と景気後退突入が懸念されたが、FOMCでは0.5%の利下げが行われると、これを好感して大きく上昇し、モノライン格下げ懸念から一時下げるものの、モノラインの資金調達に目処がついたと発表されると、大幅に上昇した。

 日本株は、先週末にアメリカ株が大きく下げたことやアジア各国株が下げたことを受けて、大幅下落で始まったが、アメリカ株が落ち着きを見せると、反動から上昇した。その後、1、2月の生産予測指数がマイナスになったことで1-3月期の鉱工業生産指数がマイナスになるのではないかとの懸念などから、大きく下落したが、FOMCで大幅な利下げが行われると、これを好感し、また月末のドレッシング買いもあってか、大きく上昇した。

 保有の投資信託は、全体では非常に小幅に下落した。週後半に株価は上昇した感じがしていたのだが、保有資産は意外にも小幅な下落であった。
 アメリカの大幅利下げでパニック的な売りは落ち着いたように見える。今週は夜寝る前にアメリカの株価を見ると下落していても、翌日の朝起きて終値を見ると大きく上昇していることも多くあり、もしかしたら底を付けた可能性もある。だが一方では、まだ利下げが行われるだろうとの見方も多く、そうなると景気後退の可能性がかなり高く、なお一層の株価下落があってもおかしくない。まだ先の株価は不透明要素が強いということか。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。