プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/09/30 (Tue) 01:35:35
SBI証券が「投信マイレージサービス」を導入
 既に他のblogでも紹介されているが、10月1日よりSBI証券が「投信マイレージサービス」を導入するそうだ。SBI証券のサイトには以下のように発表されている。

SBI証券では2008/10/1約定分より「投信マイレージサービス」と称しまして、新しいポイントサービスを開始いたします。
投信マイレージサービスは、お客様の投資信託の運用成績に大きな影響を与えるコストのうち、「買付手数料」と「信託報酬の販売会社受取分」について、ポイント(ありがトンmini)を付与することで、実質的なコストの負担を軽減するものです。
投資信託をお買付いただき、一定の条件を満たした方は、対象ファンドの買付手数料の50%相当と信託報酬の販売会社受取分の20%相当のポイント(ありがトンmini)をプレゼントいたします。


 マネックス証券はかなり前からマネックスポイントが付与され、楽天証券は今年の7月1日から「投資信託資産形成ポイント還元サービス」を始め、残るSBI証券がどうするのか個人的には注目していたのだが、いよいよ導入することとなった。


“SBI証券が「投信マイレージサービス」を導入”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/09/28 (Sun) 00:16:36
投資信託の手数料は何のために支払う?
 モノを買ったり、サービスを受けたりすると、当然のごとくお金を支払うことになる。コンビニでジュースを買ってもお金を支払うし、電車に乗ってもお金を支払う。受けるメリットに対してお金を支払っている。メリットがあるからお金を支払うのであると思う。

 それと同じ感覚で投資信託についても考えていた。運用してもらうから、それに対して手数料を払う。自分にはできない運用をしてもらえるから、手数料を払う。自分の資金以上に多くの銘柄に分散投資してくれるから、手数料を払う。そんなところではないだろうか。

 でも、最近、ふと思ったことがある。投資信託って特殊だなっと。

“投資信託の手数料は何のために支払う?”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
2008/09/27 (Sat) 00:43:48
運用経過(2008年09月26日)
 アメリカ株は、先週末に、政府の金融安定化策への期待や株式の空売り禁止規制などを受けて、大幅上昇で始まったが、バーナンキFRB議長の議会証言で金融政策が円滑に進まない可能性が見られたことなどで、先週末の上昇を打ち消すような大幅下落となった。その後、ウォーレン・バフェット氏がゴールドマンサックスの優先株を引き受けるニュースがあったものの、金融安定化に対する不透明感もあって、小動きとなり、その後再び政府の金融安定化策成立への期待も高まって、大幅高となった。

 日本株は、先週末のアメリカ株が大幅上昇となったことを受けて、大きく上昇して始まったが、連休の谷間とあって盛り上がりに欠けた。休日明けにはアメリカ株の下落にも底堅い動きを見せたが、その後は配当落ちもあって指数は軟調な動きとなり、週末にはアメリカの貯蓄金融大手機関最大手のワシントン・ミューチュアルの経営破綻もあって、大幅下落となった。

 保有の資産は全体では小幅に上昇した。今週も株価は軟調な動きだったので、今週こそ元本割れか?と覚悟をしたのだが、なんとか踏みとどまった。そんな中で手動積立を行ったが、まずまずいいところで買えたのではないかと思う。この先もまだ下げる可能性が高いが、下げる中でもコツコツ買い続けること、それが大事だと思っている。なぜなら、ある時急に底を付けて上昇する時がやってくるはずだが、そのタイミングは事前にわかるものではないからだ。まだまだ下げても勇気を出して買い続けていきたいと思っている。

 今週の購入などは以下。

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      手動積立  単価 8,008円  口数 24,975口  金額 20,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/09/24 (Wed) 00:02:35
コンピュータウィルスからPCを守る
 最近PCネタが続いているが、ご容赦を。

 迷惑メールが尋常じゃないほど多く届く。迷惑メールはかなり以前から届いていたのだが、最初は一日に数通だったのが、数年前から一日に100通を優に超える数が届くようになってしまった。メールソフトで迷惑メールを自動的に振り分けてくれる機能があるが、半分程度しか振り分けられず、残りは手動で消している。

 これだけでもうんざりなのだが、最近はコンピュータウィルスも一緒に届くようになり、もう勘弁してーという感じだ。だが、コンピュータウィルスの方はウィルス対策ソフトがしっかりとガードしてくれており、今のところ実害を受けたわけではない。

“コンピュータウィルスからPCを守る”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(3)
2008/09/21 (Sun) 02:09:09
アメリカで起こっている危機は日本と同じように長く続くのか?
 先週、リーマン・ブラザーズが破たん、AIGが救済されて、世界の株式市場が大きく揺れたが、その震源地のアメリカで起こっている危機は戦後最悪のもので、日本のバブル崩壊後と似ているという専門家の人が多い。海を遠く隔てた場所での話なので、その危機がピンとこないところもあるのだが、山一證券や北海道拓殖銀行の相次ぐ破たんなどを思い出すと、今アメリカで起こっていることは本当にそっくりだと思う。

 では、アメリカで起こっている危機は日本と同様に長く続いてしまうのだろうか?先のことがどうなるのかはよく分からず、予想したところで当たらないと思うので、あまり先行きのことを考えても仕方がないのだが、どうなろうとも狼狽しないように、覚悟とそれなりの準備が必要だと思う。

“アメリカで起こっている危機は日本と同じように長く続くのか?”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(7)
2008/09/20 (Sat) 01:25:55
運用経過(2008年09月19日)
 アメリカ株は、米証券大手のリーマン・ブラザーズが破たんしたことなどを受けて、大きく下落して始まり、大幅下落の反動や大手金融機関救済の期待もあって、反発した。しかし、保険大手のAIGが政府の管理下に置かれたことで金融機関を取り巻く環境の厳しさが認識され、再び大きく下落したが、米政府が公的資金を使った不良資産の買い取り機構を検討していることを好感して、大きく反発した。

 日本株は、リーマン・ブラザーズの破たんを受けて、大きく下落して始まり、その後、AIG救済への期待もあって、反発した。しかし、AIG救済でもアメリカ株が大きく下落すると、円高ドル安が進行したことも手伝って、大きく下落したが、アメリカ株が大きく反発すると、アジア株も上昇した安心感もあって、大きく上昇した。

 保有の資産は全体では大きく下落した。リーマン・ブラザーズ、AIGに揺れた週であるが、私の保有の資産は4年半ぶりにマイナスに転じてしまったかと覚悟した。だが、今週末時点ではなんとか踏みとどまった。これで嵐が収まったとは思えないので、この先マイナスに転じる可能性は否定できないと思っているが、不思議とハラハラ、ドキドキするような気持が湧いてこないのだ。鈍感になってしまった証拠でもあり、よいことなのか、わるいことなのか・・・。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(3)
2008/09/17 (Wed) 00:03:39
リーマン・ブラザーズ破たん
 アメリカ証券4位のリーマン・ブラザーズが破たんした。先週もリーマン・ブラザーズの危機説が株式市場を大きく揺さぶっていて、破たんするのも時間の問題かなと思ったりしていたが、思わぬ早さで破綻が決まってしまった。米大手銀行バンク・オブ・アメリカと英大手銀行バークレイズがリーマン・ブラザーズの買収交渉から撤退したことが決定打となったようだ。

 驚くのが負債の額だ。一説には63兆円と報じられているが、日本の平成20年度一般会計予算が約83兆円であるので、これに迫るほどの金額であり、その大きさは莫大だ。民間企業1社で経済大国の一般会計予算に迫るほどの負債額というのもすごい。これだけの負債を抱えての破たんとなると、その影響がどれだけのものになるのか、心配されるところだ。破たんが連鎖する可能性も否定できないだろう。

※注(2008/09/18 01:30 追記)
 ぐっちさんからいただいたコメントでの指摘ですが、金融機関としては63兆円という負債額はそれほど大きなものではないそうです。


“リーマン・ブラザーズ破たん”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(1) | Comments:(8)
2008/09/14 (Sun) 01:18:49
バンガードのETFが日本の証券会社でも購入できるようになりそう
 他のblogですでに紹介されているが、バンガードが金融庁へETF2本の届出を完了したと発表したそうだ。いよいよバンガードのETFが日本の証券会社でも買えるようになるということだ。どこの証券会社かというと、以前バンガードのETFを準備中と発表していたマネックス証券だそうだ。

 モーニングスター社のサイトから引用する。

バンガードが10日付で米国株連動のETF2本を金融庁へ届出――近日中にマネックス証券で販売へ
2008/09/11 18:50

 米大手運用会社のバンガード・グループは11日、米国のアメリカン証券取引所に上場しているETF(上場投資信託)2本について、10日付で金融庁への届出を完了したと発表した。バンガードが日本でETFの届出を行ったのは初めてで、近日中にマネックス証券を通じて購入可能になるという。
 今回届出が出されたのは、米国株式市場を広範囲にカバーする指数に連動する「バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF」(VTI)と米国の中小型株指数に連動する「バンガード・スモールキャップ・ETF」(VB)の2本。
 ETFは通常の投資信託に比べて信託報酬が安い点が魅力だが、バンガードの商品はその中でも運用コストが低いことで知られている。バンガードの全ファンドの平均エクスペンスレシオ(平均純資産に対する運用その他の経費比率)は0.20%(08年6月末時点)と07年の業界平均1.22%に対して低い水準となっている。エクスペンスレシオはVTIが0.07%、VBが0.10%(07年12月時点)。



“バンガードのETFが日本の証券会社でも購入できるようになりそう”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/09/13 (Sat) 05:22:01
運用経過(2008年09月12日)
 アメリカ株は、先週末発表の雇用統計が予想を下回る内容であったことで、下落して始まったが、底堅さも見せ、住宅金融公社への公的資金注入を好感して、大きく上昇した。しかし、まだ問題の根本解決にはほど遠いとの見方などから、大きく下落したが、原油価格が下落していることや、経営難に陥っている米証券大手リーマン・ブラザーズの政府仲介による買収観測が浮上したことなどから、大きく上昇した。

 日本株は、米国住宅金融公社への公的資金注入報道を好感して、大きく上昇して始まったが、米国景気への警戒感も根強く、大きく下落した。その後、アジア株が下落したことなどを嫌気して、大きく下落したが、SQを無事通過するとこのところの下落に対する反動もあり、買い戻しから堅調な動きとなった。

 保有の資産は全体では小幅に下落した。今週は自動積立があって、先週に「安く買えそうだ」と書いていたのだが、米国住宅金融公社への公的資金注入報道もあって急上昇した直後で約定してしまい、思ったほど安く買えなかった。やはり思うようにはいかないものだ。それでも前回よりは安く買えており、まずまずといったところではないだろうか。

 今週の購入などは以下。

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      定期積立  単価 8,477円  口数 23,593口  金額 20,000円


 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/09/09 (Tue) 23:51:22
古いPCを処分
 先日、「古いPCのデータ削除」というエントリを書いたが、ハードディスク内のデータ削除を行って処分できる状態になっていた。PCは2003年10月から粗大ゴミではなくメーカーによる回収・リサイクルが義務付けられ、原則としてメーカーに引き取ってもらうことが必要になった。引き取ってもらうといってもPCリサイクルマークが付いていないものは別途費用がかかる。この費用がバカにならない金額で、PC本体とディスプレイを合わせて7,350円もかかる。

 要らなくなったPCをいつまでも家に置いておくわけにもいかず、地球環境のために一部でも有効にリサイクルされるならそれはいいことだとも思った。そのためなら7,350円は安くはないが必要な費用ということで仕方がないと思った。

“古いPCを処分”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
2008/09/07 (Sun) 00:40:12
日本債券クラスへの投資を変更する可能性
 四半期に一度発行されている個人向け国債だが、秋の分が募集された。今回の初回利率は

  変動・10年 0.69%(税引後0.552%)
  固定・5年 0.99%(税引後0.792%)

となっており、ずいぶん低い水準となった。

 毎回個人向け国債の発売の時期になると、口座を保有する銀行や証券会社から「個人向け国債を買いませんか?」との電話がかかってくる。それだけ金融機関は販売に力を入れているということだが、このところ株価が大きく下がっており、こういう状況下では株式より安全と思われる国債の販売になお一層の力を入れてくると思われる。

“日本債券クラスへの投資を変更する可能性”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(3)
2008/09/06 (Sat) 01:41:16
運用経過(2008年09月05日)
 アメリカ株は、先週末に原油価格が上昇したことや三連休を控えての手じまい売りなどから大幅下落で始まり、三連休明けには原油価格が急落したことで、一時大きく上昇したが、それも続かず軟調な動きとなった。その後、ベージュブックの発表などを受けて景気後退が懸念され、さえない動きが続き、雇用統計への不安が大きく、大幅下落となった。

 日本株は、先週末のアメリカ株が大幅下落であったことなどを受けて、大きく下落して始まり、福田首相が辞任したことで政局が荒れるとの懸念などから、大幅下落が続いた。その後、反動から小幅に上昇するものの、アメリカ市場への不安も大きく、週末にはアメリカ株の大幅下落、円高ドル安などの影響で、大きく下落した。

 保有の資産は全体では大きく下落した。それにしても今週は下げたね~という感じの下落であった。約-20万円、率にして約-6.4%だ。過去のデータを調べたら昨年8月の約-25万円、約-8%に次ぐ記録だ。それでもそれほど落ち込むような気持もない。その理由の一つには通算損益がまだプラスを保っていることがあり、また毎月の積立が安く買えるからだ。来週の火曜日に自動積立が約定する予定だ。今回はこれまでにも増して安く買えそうだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/09/04 (Thu) 01:04:56
「僕らの年金脱退宣言」を読んで
僕らの年金脱退宣言
僕らの年金脱退宣言

 木村剛氏著の「僕らの年金脱退宣言」を読んでみた。直接資産運用に触れた内容ではないが、多くの人が資産運用を行うのは、仕事を退職した後に年金だけでは足りないだろうと考えているためと思われるし、「年金脱退」という衝撃的なタイトルを付けていたので、読んでみることにした。

 まず、社会保険庁の問題、今の年金制度の問題について述べている。これを読むと本当に社会保険庁のいい加減さが目につく。真面目にやっている人もいるとは思うが、結果として5,000万件の宙に浮いたデータを生みだしてしまったのだから、批判されて当然だと思う。

“「僕らの年金脱退宣言」を読んで”の続きを読む>>
投資本 | Trackback:(0) | Comments:(3)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。