プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/11/30 (Sun) 00:41:29
ETFへリレー投資しようとしたが・・・
 目標のアセットアロケーションと大きくかい離してきたので、リバランスを検討していた。比率が少ない外国株式クラスを買い増しをしようと、当初は毎月の外国株式インデックスファンドの購入額を増やそうとしたのだが、あまりにも株価が下がってしまって、これではなかなか目標の比率にならないことに気づき、別の方法を取るべきだと考えた。

 考えた方法は、外国株式インデックスファンドを海外ETFへリレー投資し、その時にリレー元の外国株式インデックスファンドと同額ではなく、ちょっと多めにリレー先の海外ETFを購入することである。リレー元の外国株式インデックスファンドは3種類も保有していて、ファンドの整理もできて、一石二鳥になるとも思った。

“ETFへリレー投資しようとしたが・・・”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(9)
2008/11/29 (Sat) 00:34:40
運用経過(2008年11月28日)
 アメリカ株は、財務長官にニューヨーク連銀総裁のガイトナー氏を指名するとの報道を好感し、またシティグループの救済策発表も好感され、大幅上昇で始まり、7-9月期のGDP改定値が-0.5%に下方修正されて一時下げるものの、FRBが消費者向けローン証券化債券などの買取支援策を好感して、堅調な動きとなった。その後、インドのムンバイでのテロ事件が嫌気されたが、ポールボルカー元FRB議長を経済アドバイザリー・ボードの議長に指名するとの報道を好感して、大幅上昇となった。

 日本株は、三連休中にアメリカ株が大幅上昇となったことを受けて、大きく上昇して始まったが、実体経済への不安が依然として強く、軟調な動きとなった。その後、中国の大幅利下げなどを好感して、上昇するものの、パナソニックの大幅減益予想など業績への懸念が強く、上値の重い動きの中、小幅に上昇して終了した。

 保有の資産は全体では大きく上昇した。下落も一時休止という感じで、下げ止まった感じはしないのだが、欧米で経済に対するいろいろな政策が発表され、その効果が出てくるのかどうかが注目されるところだ。これらの政策だが、「そんなのでは効果はない」というような批判も多く聞かれるのだが、ある程度の効果はあるように個人的には感じている。完璧な政策など簡単には出せるわけはなく、現時点でできる最大のものを出しているはずで、それはそれで評価すべきだと思っている。重箱の隅をつつくような批判は簡単にできるのだが、限られた中で最大の効果を出そうとすることを考えるのは簡単なことではないはずだ。時間はかかるかもしれないが、出された政策を評価しながらのんびりと効果が出るのを待ちたいと思っている。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/11/27 (Thu) 00:43:06
ファーストフード店の様々な対応
 今回は投資とは関係ない内容なのでご承知おきください。

 忙しいと時間が惜しくて、早く済ませられることを利用することになる。特に食事は店に入って待つ時間がもったいないので、ほとんどテイクアウトを利用することになる。そうなるとハンバーガーや牛丼などのファーストフード店となるのだが、店舗によって対応の良さ、悪さの違いがみられる。

 先日利用した某ファーストフード店では、最初に「持ち帰りで」と言ったにもかかわらず、最後に「店内でお召し上がりですか?」と訊いてくる有様。最初に言ったことが聞こえなかったのだろう、仕方がないなと思ったのだが、家に帰って食べようとするとサラダのドレッシングが入っておらず、かなりムッとしてしまった。

“ファーストフード店の様々な対応”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2008/11/23 (Sun) 23:21:13
株価の大幅下落を目の当たりにして思うこと(その2)
 前回の「株価の大幅下落を目の当たりにして思うこと(その1)」ではこれまでの投資方法を変えるつもりはないことを書いた。だが、これが正解かどうかはわからない。正解かどうかがわかるのははるか後である。それがわかった時に失敗だったとしたら手遅れとなるかもしれない。だから早め早めに手を打って失敗とならないようにすべきだという意見には一理あるとは思う。

 しかし、「早め早めに打つ手」とはどんなものだろうか?短期売買か?短期売買と言わなくても、大きく下がったところで買って、大きく上がったところで利益確定するというものか?それも現実には難しいのではないだろうか。

 大きく下がったところで買うといっても、どこまで下がるかわからないし、下がったと思って買ってその後大きく下がって後悔しているのが現状ではないだろうか?適当なところで利益確定するというのも同様で、相場観で売買するというのはできそうでできないものだと思う。

“株価の大幅下落を目の当たりにして思うこと(その2)”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(8)
2008/11/23 (Sun) 00:23:33
株価の大幅下落を目の当たりにして思うこと(その1)
 サブプライムローン問題に端を発した金融危機、それは100年に一度のものと言われるような深刻なもののようで、株価も大きく下がっている。株価は一年ちょっとの間に半値くらいにまで下落した。これほどの下落は予想していなかった人が多く、長期のbuy&holdで本当によいのか?と考える人も多くなっているように感じる。

 巷では、下落幅は-2σを越えて、-3σ、-4σとなった、株価は「正規分布」ではなく「べき分布」で、2σを超える下落は正規分布よりも格段に大きい確率で起こるとか、騒がれている。このblogのコメントにも「ここはいったん撤退すべきではないか」という内容のものもいただいた。

 そうやって当初考えていたことを超える事態が起こって、経済の仕組みが根本的に変わったのではないか、これまで行われていた投資方法がもう通用しないのではないか、と考える人も多いのではないかと思うが、私もそのことについて自分なりに考えたので、自分の思ったことを2回ほどに分けて書いてみたいと思う。

“株価の大幅下落を目の当たりにして思うこと(その1)”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(3)
2008/11/22 (Sat) 02:20:38
運用経過(2008年11月21日)
 アメリカ株は、先週末に10月の小売売上統計が事前予想より大幅に悪化していたことなどで、大幅に下落し、小売大手の四半期決算が大きな減益となったことで、大幅下落が続いた。その後、ヒューレット・パッカードの決算が予想を上回る内容だったことなどで、反発するものの、10月の消費者物価指数が過去最大の下落となって、再び大きく下落し、新規失業保険申請数が予想を上回る増加となったことなどで、大幅下落が続いた。

 日本株は、7-9月期GDP速報値が年率換算で-0.4%と2四半期連続のマイナス成長となったが、底堅い動きで始まったが、アメリカ株の下落が続いたことなどを受けて、下落に転じた。その後、アメリカ株の大幅下落や為替が円高に振れたことなどで、日本株も大きく下落し、週末も大きく下落したが、後場には切り返して反発して終了した。

 保有の資産は全体では大きく下落した。株式、特にアメリカ株は、またまた大きく下落し、下げ止まらない。先週末のG20金融サミットが市場であまり評価されていないようだったので、すぐに株価の上昇はないと思い、それならリバランスを開始しようかと考えた。といっても、まだまだ株価が下げ続ける可能性もあるので、少しずつ株式インデックスファンドの購入を増やしていくつもりである。早速、今月はいつもより2万円多く買おうと今週行動に移したのであるが、買った後に大きく下げる有様で、相場観の無さをあらためて感じたしだいだ。
 今週末のアセットアロケーションを見ると外国株式クラスが目標の50%に対して39%と10%以上のかい離が生じた。少しずつリバランスするというのはもしかしたら呑気すぎるかもしれないので、リバランス計画を考え直してみたいと思っている。

 今週の購入などは以下。

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      手動積立  単価 5,012円  口数 39,905口  金額 20,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/11/19 (Wed) 00:08:50
冬のボーナスが6年ぶりに減少
 最近いくつかの新聞等でニュースになっているが、どうやら今度の冬のボーナスが6年ぶりに減少することになるらしい。11月16日の日本経済新聞に以下のような記事が出ていた。

 日本経済新聞社が15日集計した今冬のボーナス調査(中間集計)によると、全産業の1人当たりの支給額は昨冬実績比0.63%減で6年ぶりのマイナスとなった。機械など一部の業種はプラスを維持したが、鉄鋼や電力の減少幅が拡大した。年末商戦を控えた個人消費を下押しする可能性もある。
 調査は5日時点で、集計企業は155社。冬のボーナスが前年同期比でマイナスとなったのはIT(情報通信)不況の2002年冬以来。減少は小幅で、支給額は84万4119円(加重平均、平均年齢38.0歳)と高水準を保った。


 ある程度予想されたこととはいえ、実際にそうなりそうなことを目の当たりにすると残念な思いがしてしまう。今度の冬のボーナスは減少するといっても小幅に収まり、来年夏以降のボーナスの方が大きく減少する可能性が高いと思われる。

“冬のボーナスが6年ぶりに減少”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
2008/11/16 (Sun) 01:49:21
セゾン投信「お客様へのメッセージ冊子」11月
 久しぶりにセゾン投信の「お客様へのメッセージ冊子」を取り上げる。11月は川崎さちえさんがコメントを寄せている。川崎さちえさんを知らない方もいるかもしれないが、私はマネックスユニバーシティのメールマガジンでインタビュアーとして登場されていたので知っていた。といっても、知っていたことといえば元デイトレーダーということくらいであるが。

 デイトレーダーと長期投資家とは結びつかないように思うが、デイトレーダーをやっていた人が長期投資家に変わったという人は結構多いような気がする。投資を始める時には安いところで買って高いところで売る、そんなことを何度も繰り返して大きく儲けてやろうとするのだが、これが思うようにいかない。思うようにいく時期もあるだろうが、思わぬ大きな株価の下落に見舞われ、大きな損失を抱えることに・・・。という感じになってしまうことが多いかもしれない。それでもデイトレードを続ける人、そこで投資自体をやめてしまう人、長期投資に切り替える人、様々だと思うが、川崎さちえさんは長期投資に切り替えた一人とのことだ。

“セゾン投信「お客様へのメッセージ冊子」11月”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/11/15 (Sat) 01:05:54
運用経過(2008年11月14日)
 アメリカ株は、先週末の雇用統計で失業率が6.5%に上昇するなど悪い内容であったが、ある程度は予想されたこともあって、上昇して始まり、GMの目標株価がゼロに引き下げるなどでGM株が急落して、全体としても軟調な動きとなった。その後、世界的な景気悪化懸念から、大きく下落し、金融機関の不良資産買い取りは当面見送る方針が示されたことなどで、さらに大きく下落したが、下落の反動もあって、大きく反発した。

 日本株は、中国の景気刺激策や、7-9月の機械受注統計が10.4%減と悪い内容であったが予想よりは悪くなかったことなどで、大幅に上昇して始まったが、11月の街角景気指数が4年6か月ぶりの低水準となったことなどから、反落した。その後も10月の消費者態度指数が過去最低を更新するなど悪い指標が続いて、下落が続き、アメリカ株の大幅下落や円高が進行したことなどで、大きく下落したが、週末にはアメリカ株の大幅上昇もあって、上昇して終了した。

 保有の資産は小幅に下落した。大幅下落、大幅上昇が繰り返されて落ち着かない相場が続いているが、この状況はもしかしたら下値を固めているところなのかもしれない。まだ株価を下げようとする力と、各国が協調して金融危機を克服しようとする力がぶつかり合って、どちらが勝つかの勝負を行っているところだと感じる。これまでも危機と言われるものを克服してきているので、時間はかかるかもしれないが今回もきっと克服するはずだと思っている。

 今週の購入などは以下。

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      定期積立  単価 5,502円  口数 36,351口  金額 20,000円


 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2008/11/12 (Wed) 00:35:24
さわかみファンド運用報告書(2008年8月25日決算)
 8月25日に第9期の決算を行ったさわかみファンドの運用報告書を取り上げる。

 今回で9回目の決算で、来年は記念すべき?10回目となる。昨年の決算の時にも述べたのだが、時の過ぎるのは早いものだ。「十年一昔」というくらいで、一昔になろうとしている。それでもさわかみファンドの基本方針は変わっていないように感じる。よいことだと思う。

 さて、第9期(1年間)の運用成績だが、-22.3%と大幅な下落となった。ベンチマークを決めていないので基準となるものがないのだが、同期間のTOPIXを計算してみると約-22%(配当落ち後)なので、TOPIXとほぼ同じか、若干悪い成績だった。

“さわかみファンド運用報告書(2008年8月25日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(9)
2008/11/09 (Sun) 00:03:20
確定拠出年金のリバランス実施
 私の勤める会社は確定給付年金をベースに一部を確定拠出年金としている。確定拠出年金は3月末と9月末にその時点の運用状況のお知らせが届く。私はもちろん全てをリスク資産に投じていて、前回の3月末時点ではそこそこのプラスとなっていたが、今回の9月末時点では大きなマイナスに転じていた。これだけ大きく株価が下がり、円高が進んでは、仕方のない結果だ。

 これを見てリスク資産を減らすとか、株式の比率を下げるとかは全く考えておらず、崩れたアセットアロケーションを目標に合わせるために

  迷わず リバランス

を行った。つまり、債券クラスの一部を株式クラスにスイッチングしたのだ。

“確定拠出年金のリバランス実施”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
2008/11/08 (Sat) 01:30:54
運用経過(2008年11月07日)
 アメリカ株は、先週末に短期金融市場の落ち着きを取り戻しつつあることなどから、堅調な動きで始まったが、ISM製造業景況感指数が26年ぶりの低水準となったことで、上値の重い動きとなるものの、銀行間資金取引が改善していることなどを好感して、大きく上昇した。しかし、ADP雇用変動統計が市場の予想以上に悪化したことで、一転して大きく下げ、ECBやイギリス中央銀行が利下げを行ったが、アメリカの失業保険申請者数が市場の予想よりも悪化したことなどで、大幅下落が続いた。

 日本株は、先週末のアメリカ株の大幅上昇を好感して、大きく上昇して始まり、外国人売買動向が買い越しとなったことも好感されて、大幅上昇が続いた。しかし、雇用指標が悪化するなどでアメリカ株が大きく下げると、景気が悪化していることが意識されて、大きく下げ、アメリカ株が下げ続けていたことや為替が円高に振れたことなどで、大きく下げて終了した。

 保有の資産は全体では小幅に下落した。今週の前半は堅調な動きとなったのだが、週の後半は一転して大幅に下落し、まだまだ株価の下げが止まったとは言えない状況だ。ただ、今は投資信託を売却すつもりはなく、積立で買い続けていくつもりなので、株価が上昇する必要はまったくないと思っている。このまま20年も下げ続けるようなことになればたいへんなことだが、そんなことは起こりえないと楽観的に考えている。楽観過ぎるかもしれないが、悲観ばかりしていても仕方がないと割り切っている。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。


2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(7)
2008/11/06 (Thu) 00:32:43
今年も冬支度
 今回は投資とはあまり関係ないの内容なのでご承知おきください。

 11月に入った。気温は徐々に下がり、日中は20度近くまで上がるものの、朝と夜は10度近くまで下がるようになった。これから先は冬に向けてさらに気温が下がっていくはずだ。今年の冬は比較的暖かいのか、それとも寒いのか、それはわからないが、個人的にはあまり寒くなるのは好きではない。

 まだそれほど寒くなったわけではないのだが、10月下旬から夜に足先が冷たくて、なかなか寝付けないことが続いていた。寒くなってくると、毎年のことなのだが、結構つらい。そこで活躍するのが、湯たんぽだ。10月中は使わずに我慢していたのだが、11月に入って我慢できずに湯たんぽを使いだした。

“今年も冬支度”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/11/03 (Mon) 00:37:26
うまくいかない時は確実なことを(その2)
 前回の「うまくいかない時は確実なことを(その1)」で書いたが、他にもいくつか思いついたことがあったので、その2として書いてみたい。といっても、ほとんどこれまで述べてきたことの繰り返しになるが。

 投資についてはやはり基本に立ち返るということが必要だろう。基本に立ち返るのに適切だと思うのは、良書と評価される本を読むことではないだろうか。

 もう6、7年前になるが、株価は今の水準と同じくらいだったように思うが、私の運用成績はひどいものだった。運用成績の悪さだけではなく、何か根本的な問題があるように感じていたのだ。その時にたまたま手にした本が、木村剛氏の「投資戦略の発想法」だった。この本を読んでようやく自分の投資方法の問題点を認識したのであった。さらに「投資戦略の発想法」に紹介されていた「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読んで、インデックスファンドでの分散投資を行うことに決めたわけである。

“うまくいかない時は確実なことを(その2)”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(8)
2008/11/02 (Sun) 00:12:31
うまくいかない時は確実なことを(その1)
 私はインデックス投資を行っているが、時々個別株のサイトを見ることもある。同じサイトというよりは、ネットサーフィン(この表現は死語かも?)していて、たまたま引っかかったサイトを見る場合が多い(数は少ないが毎日のようにチェックするサイトもあるが)。で、一番注目するのは運用成績だ。運用成績がよくないと「なんだ、ダメじゃん」なんて思うことも正直多い。という自分も最近の運用成績は大きなマイナス。おそらくは「こいつ、ダメじゃん!」って思われていることだろう。

 そんなダメダメな運用成績でblogを書いているのであるが、それなりにたくさんのアクセスをいただき、いただくコメントは礼儀正しく、誹謗・中傷などないものばかりで、ありがたいものである。

 でも、ダメダメな成績ばかりが続くようではそのうち見放されてしまうことだろう。見る方も暇つぶしで見る人ばかりではなく、何か役に立つことはないかと思って見るわけであろうから、やはり結果が伴わないといけないと感じる。

“うまくいかない時は確実なことを(その1)”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2008/11/01 (Sat) 03:04:59
カン・チュンドさんを囲んでの飲み会
 カン・チュンドさんがオフィスを東京の三田に移されたことを歓迎して、「ファンドの海」のイーノ・ジュンイチさんが飲み会を主催された。インデックスブロガーの方も集まられたのだが、私も声をかけていただき、出席させていただいた。出席されたのは以下。

 ・「カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け」のカン・チュンドさん
 ・「ファンドの海」のイーノ・ジュンイチさん
 ・「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」の水瀬ケンイチさん
 ・「NightWalker's Investment Blog」のNightWalkerさん
 ・「rennyの備忘録」のrennyさん
 ・「ホンネの資産運用セミナー」のゆうきさん
 ・「Passiveな投資とActiveな未来」のybさん

 カンさんとははじめてお会いしたのだが、パワーを感じさせるイメージ通りの方であった。イーノ・ジュンイチさん、NightWalkerさん、rennyさんともはじめてお会いしたのだが、イーノ・ジュンイチさんは行動力があって気さくな方、NightWalkerさんは冷静な分析の中に強い主張を持った方、rennyさんはうわさどおりの情熱を持った熱い方(この日は熱い思いはちょっと抑え気味ではあったが)という印象だ。

“カン・チュンドさんを囲んでの飲み会”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(6) | Comments:(0)
2008/11/01 (Sat) 01:58:42
運用経過(2008年10月31日)
 アメリカ株は、これまでの下落の流れを引き継いで、先週末も大幅に下落し、新築住宅販売が予想外に強い数字であったにもかかわらず、下落が続いた。その後、日銀の利下げ検討の報道や、FOMCで金利を大幅に下げるのではないかとの期待から、NYダウは900ドル近くの大幅上昇となった。FOMCでは事前の予想通りの0.5%の利下げにとどまり、7-9月期のGDP速報値がマイナスとなったが予想よりよい数値だったことを好感して、大きく上昇した。

 日本株は、先週末のアメリカ株が大きく下落したものの底堅い動きで始ったが、ずるずると下げてバブル後の最安値を更新した。しかし、その後は為替が円安に振れたことなどを好感して、大きく反発する動きとなり、連日で大幅上昇となった。特に木曜日には景気対策への期待もあって日経平均が800円を超える上昇となり9,000円を回復したが、週末には日銀が0.2%と予想より小幅な利下げに終わったことなどもあって、大きく下落して終了した。

 保有の資産は全体では大きく上昇した。もっと大幅に上昇したイメージを持っていたのだが、先週の下落分も取り戻せておらず反発の度合いは鈍いという感じだ。通算の損益は投資金額が少ないこともあって金額ではそれほど大きなマイナスではなく、それほどショックを受ける含み損ではないと感じている。逆にリスク資産が少ないということであり、リスク資産を増やしていくことが今後の課題だ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。