プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/07/29 (Wed) 00:15:11
定額給付金をもらわなきゃ
 もうほとんどの人が定額給付金をもらったと思うが、私は未だだ。私の住む市ではもともと定額給付金の案内が来るのが遅かったというのもあるが、理由はそれだけではなく、手続きがちょっと面倒だからだ。手続きがちょっと面倒だと言っても、申請書を書いて、振り込んでもらう口座の通帳またはキャッシュカードのコピーとともに送るだけなのだが・・・(汗)。

 申請書を送る期限は8月の中旬で、そろそろ送らないといけないと思っていたところ、親切にも「定額給付金の申請はお済ですか?」の葉書が届いた。申請書を受け付けた人とそうでない人をきちんと管理しているとはちょっと驚いた。お役所仕事って結構きちんとしてる。

“定額給付金をもらわなきゃ”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2009/07/26 (Sun) 00:50:58
「梅屋敷の集い」の共通テーマについて
 先週「梅屋敷の集い」があったが、豪華メンバーの貴重なお話を聞けて、とても楽しかった。あれから速いものでもう1週間も経つ。「梅屋敷の集い」では共通テーマが用意されたが、この1週間でその共通テーマのいくつかについて自分なりに考えてみた。

(1)「インデックス投資関連書籍が続々出ているが、日本でインデックス投資は浸透してきたと思うか?」

 インデックス投資は少しずつ広がってきているとは思うが、'浸透'という言葉を使うところまでにはいっていないように思う。株価が低迷している今は低コストなインデックス投資がそれなりには注目を浴びていると感じるが、株価が回復してきて一時的にインデックスを大きく上回る特定テーマの株式群が出てきた時に、果たしてインデックス連動で満足できる人がどれだけいるか?

 ITバブルの時にIT銘柄を組み込まないことが大きなマイナスのリスクだと言われ、IT銘柄を多く組み込まないことは悪いこと、とされた時代があった。同じようなことが今後も何度も起こるだろう。隣で高パフォーマンスのものを見てしまうと、それが一時的なものではなく永遠に続くものと思ってしまい、自分もとそちらに流れてしまうのが人間の欲望だろう。そんな欲望を抑えることができるか?本物のインデックス投資家であるかどうかが試されると思う。

“「梅屋敷の集い」の共通テーマについて”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2009/07/25 (Sat) 01:10:20
運用経過(2009年07月24日)
 アメリカ株式は、先週末にIBMが好決算、GEが弱い内容の決算と、強弱の材料が重なったことなどで、小動きで始まり、金融サービス大手CITグループの破たんが回避されるとの見方が広まったことなどから、大きく上昇した。その後、キャタピラーの予想を上回る決算発表もあったが、このところ続いている上昇に対する警戒感もあり、小幅な上昇にとどまったが、米中古住宅販売の増加を受けて、大幅に上昇した。

 日本株式は、アメリカ株の上昇を受けて、大きく上昇して始まり、日本では特段の材料がない中で先物主導で、大幅に上昇した。その後、アメリカ株に加えてアジア株も堅調な動きとなったことなどで、小幅に上昇した後、さらに上昇したが、高値警戒感もあって、上値の重さも目立った。

 保有の資産は全体では大きく上昇した。上げ下げを繰り返しながらも上昇傾向が続いているようだ。当然の上昇なのか、楽観し過ぎた上昇なのか、それはよくわからないが、マイペースでコツコツ積立投資を続けるだけだ。

 ところで、バンガードのメールマガジン【バンガード・ニュースレター】が創刊されたようだ。正直言って内容的には物足りなさを感じてしまうが、今後充実されていくのではないかと思う。【バンガード・ニュースレター】はバンガードのサイトで申し込めるようだ。


 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2009年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009/07/21 (Tue) 00:27:45
三連休とはいかなかったが、充電できたような気がする
 3連休はどこかに出かけた人も多かったと思うが、ゆっくり、のんびりと過ごされた方いるのではないだろうか?暑さもほどほどで比較的過ごしやすい気温だったように思う。

 私はこのところ仕事も忙しく、土、日のどちらか、時には両方に出勤することが多かった。なので2連休、3連休となることはほとんどなかった。年末年始、ゴールデンウィークはさすがに2、3日間休んだが、それ以外は連休だった記憶が久しくない。

 だが、この3連休は3連休とはいかなかったが、土曜日は出勤した後「梅屋敷の集い」で有意義な楽しい時間を過ごし、その後の日、月と連休で休むことができた。

“三連休とはいかなかったが、充電できたような気がする”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009/07/19 (Sun) 02:44:14
「梅屋敷の集い」に参加
 今回は開催の前に水瀬ケンイチさんがエントリにされていたが、7月18日(土)に「梅屋敷の集い」があった。そうそうたる方々が集まる集いですが、ありがたいことに私も誘っていただき、参加してきました。参加された方は以下。

 ・岡本和久さん (I-Oウェルス・アドバイザーズ代表取締役社長)
 「岡本和久のI-OWA日記

 ・山崎元さん (楽天証券経済研究所客員研究員)
  「評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」

 ・内藤忍さん (マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長)
  「SHINOBY'S WORLD

 ・田村正之さん (日本経済新聞社生活経済部編集委員)

 ・竹川美奈子さん (ファイナンシャルジャーナリスト)
  「About Money,Today

 ・水瀬ケンイチさん (インデックスブロガー)
 「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

 ・NightWalkerさん (インデックスブロガー)
  「NightWalker's Investment Blog

 ・rennyさん (インデックスブロガー)
  「rennyの備忘録

 ・ゆうきさん (インデックスブロガー)
  「ホンネの資産運用セミナー

 ・ybさん (インデックスブロガー)
 インデックスブロガー 「Passiveな投資とActiveな未来

 ・とよぴ~さん (インデックスブロガー)
  「カウンターゲーム

 ・モンチさん (インデックスブロガー)
  「小金持ち父さんの資産設計塾(?)

 ・じゅん@さん (インデックスブロガー)
  「投信で手堅くlay-up!

 ・fundstory


“「梅屋敷の集い」に参加”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(5) | Comments:(0)
2009/07/18 (Sat) 01:05:04
運用経過(2009年07月17日)
 アメリカ株式は、ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)が3月以来の低水準になったことなどから、小幅に下落して始まったが、著名アナリストがゴールドマン・サックスの投資判断を引き上げたことなどを好感して、大きく上昇した。その後、ゴールドマン・サックスやインテルが好決算を発表したことなどで、大幅に上昇し、一段の好材料を期待して、堅調な動きが続いた。

 日本株式は、麻生首相が衆議院を解散する決断をしたことで政治的な不透明感を嫌った売りが多く出たことなどから、大幅に下落して始まったが、アメリカ株の上昇を受けて、小幅に上昇した。その後、国内の政治空白や大型増資による需給不安などから、上昇するものの上値が重く、3連休を控えていることもあって、アメリカ株の大幅上昇の後でも、上昇に弱さが目立った。

 保有の資産は全体では大幅に上昇した。今週はアメリカ株式が非常に堅調であったが、日本株式はまったく駄目だった。衆議院選挙で自民党が大敗し、代わりに民主党が政権を取り、政治が混乱するのではないかという懸念が強いことが理由の一つのようだが、政権交代がまったくない政治の方がよっぽど悪いような気がする。政治家には政治の良し悪しを言う前に政権が交代するような緊張感が必要な気がする。その緊張感が政治をよくして、経済もよくなる可能性があるのではないか。


 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2009年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009/07/16 (Thu) 01:15:44
早くも夏バテ気味
 今回は投資とは関係のない話です。

 梅雨が明けたようだ。今年の関東の梅雨は雨の量こそ多くなかったように思うが、毎日がどんよりとした曇り空で、一時的に雨が降る日が多かったように感じる。気温は例年に比べて暑くない感じがしていたのだが、梅雨明け後はかなりの暑さで、体はダルく、早くも夏バテ気味だ。この数日間で食欲が落ちてきているのがわかり、若干の頭痛もあり、夏バテの症状を感じる。

 私は夏バテの症状が出るのが早い方だと思うのだが、今年は異常に早いような気がする。暑さに体が慣れていない早い時期に夏バテになりやすいとも言われるのだが、私はその典型例だと思う。ただ、今年は梅雨明け前から既に夏バテの症状が出てしまっていて、ちょっと情けない。

“早くも夏バテ気味”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2009/07/12 (Sun) 00:25:30
2009年上期運用結果
 2009年上期(半年間)の運用成績をまとめた。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \2,381,950 \2,695,185 +\313,235 +13.15%

 10%以上のプラスとなった。久々のプラスのような気がする。金額にすると30万円強のプラスで、数字だけ見るとよい成績だ。ただし、その前がリーマン・ブラザーズの破たんなどで暴落とも言える下げ(-41%)だったので、大きく下げた分の一部を取り戻したに過ぎないとも言える。


“2009年上期運用結果”の続きを読む>>
2009年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2009/07/11 (Sat) 02:33:36
2009年下期投資状況推移
2009年12月30日時点の投資状況は次のとおり。

なお、以下はリスク資産のみで安全資産(生活防衛資金)は含めていない。

(グラフ画像が最新ものに更新されない場合はブラウザの一時ファイルの削除を行ってみてください。また、FC2のシステムトラブルにより最新のグラフ画像に更新されないことがあります。その点をご承知おきください。)


“2009年下期投資状況推移”の続きを読む>>
2009年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2009/07/11 (Sat) 02:33:01
運用経過(2009年07月10日)
 アメリカ株式は、先週の雇用統計が悪化して大きく下げた流れを引き継いで、下げて始まったが、ディフェンシブ銘柄を中心に急速に戻し、景気悪化懸念が高まったことなどで、大きく下げた。その後、企業決算が予想よりも強い内容になるとの期待が高まって、小幅に上昇し、アルコアの決算が予想を上回ったことを好感して上昇したが、依然として景気回復が遅れるとの見方が根強く、小幅な上昇にとどまった。

 日本株式は、先週のアメリカの雇用統計が悪かったことが響いて、大きく下げて始まり、国際商品価格が下げていることもあって、小幅に下落した。その後、5月の機械受注が予想を下回ったことなどから、景気回復への懸念が一段と強まって、大きく下落し、急激な円高進行を嫌気して、下落が続いた。

 保有の資産は全体では大きく下落した。またまた株価が下がってきている。急激に円高も進行しており、外国株式はダブルパンチだ。ただ、見方を買えると、強い円で安い外国株式をたくさん買えるということであり、残念に思うことばかりではないはずだ。これからも少額ずつ買おうと思っている人は、安くたくさん買える楽しみを少しばかり味わってみてはどうか。

 今週の購入などは以下。

  ・米ドルMMF
      定期積立  単価 94.85円  口数 10,543口  金額 10,000円

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      定期積立  単価 5,221円  口数 38,307口  金額 20,000円

  ・バンガード・ウェルズリ・インカム・ファンド
       口座管理料支払  53円

  ・iShares S&P 500 Index Fund
       分配金受取   16.67ドル

  ・iShares MSCI EAFE Index Fund
       分配金受取   30.63ドル


 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2009年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009/07/09 (Thu) 01:03:24
「歌舞伎揚」が好き
 今回のエントリは投資とは関係ありません。

 私はよくお菓子、せんべいを食べるのだが、好きなお菓子、せんべいの一つに「歌舞伎揚」がある。この「歌舞伎揚」は私が子供の頃から存在するもので、子供のころから食べていて、もう20年間以上も食べていることになる。これだけのロングラン商品は珍しい。他に思い付くロングラン商品は「かっぱえびせん」「ポテトチップス」「ポッキー」「プリッツ」などがあるが、これらのものは味のバリエーションを増やして生き残ってきた感がある。しかし、「歌舞伎揚」は単一の味でここまで生き残ってきた、本当に珍しい商品ではないだろうか?

 「歌舞伎揚」は派手なところはないが、商品の入れ替えが激しいコンビニの多くが扱っている。コンビニでは売れない商品は1週間で撤去されるとも言われており、コンビニに置かれること自体が難しいのである。「歌舞伎揚」は私だけでなく他にもファンが結構多くいるのだろう。

“「歌舞伎揚」が好き”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2009/07/05 (Sun) 01:24:49
2009年下期投資計画
 7月に入り、早いもので1年の半分が過ぎた。私の運用経過は約半年間を1つのまとまりとしているのだが、その1つのまとまりが終わったことになる。この約半年間の結果は後日まとめてみたいと思っているが、今回はすでに始まってしまったこれからの約半年間の計画について触れてみたいと思う。

 まず、前期は毎月4万円ずつ積み立てていたのだが、今期は1万円増やして毎月5万円ずつ積み立てようと思う。積立額を増やす理由はこれといってないのだが、リスク資産に比べてリスクを取らない安全資産の割合が多いため、リスク資産の割合をもう少し増やしてもよいだろうと強く感じるようになったからだ。


“2009年下期投資計画”の続きを読む>>
2009年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2009/07/04 (Sat) 02:24:44
運用経過(2009年07月03日)
 アメリカ株式は、個人貯蓄が統計開始以来最大となったことで、個人消費が低迷するとの懸念もあり、小幅な下落で始まったが、四半期の期末を目前にしてお化粧買いもあり、大きく上昇した。その後、消費者信頼感指数が予想外に低下したことで、景気回復をめぐる楽観的な見方が後退し、大きく下落した後、6月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回る減少となったことから、大きく下落した。

 日本株式は、日銀短観発表などを控えて、様子見気分が強い中、小幅に下落して始まり、アメリカ株が一時的に持ち直したこともあって、大きく上昇した。その後、注目された日銀短観では業況判断指数が改善したものの、依然として低い水準にとどまったことから、小幅に下落し、悪い内容の雇用統計発表で大きく下落したアメリカ株の影響もあり、小幅に下落して終了した。

 保有の資産は全体では小幅に下落した。再び株価は軟調な動きとなった。最悪期を脱したという話が聞かれるが、再び懸念材料が台頭してきている感じだ。100年に一度の金融危機と言われるような事態に見舞われた訳で、そんなに簡単に回復するとは思わない方がよいのかもしれない。そうは言っても、永遠に低迷するわけではないと思うので、回復する時をのんびりと待ちつつ、せっせと毎月の積立で安く買い増したいと思う。

 今週の購入などは以下。

  ・バンガード・ウェルズリ・インカム・ファンド
       分配金受取    338円


 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2009年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。