プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/02/28 (Sun) 00:27:34
よい成績を上げるにはそれなりの戦略が必要
 バンクーバーオリンピックも終わりに近付いているが、花形種目のフィギュアスケート女子は既に終わった。金メダルの期待がかかった浅田真央選手は残念ながら銀メダルに終わり、ライバルのキム・ヨナ選手が金メダルに輝いた。

 浅田真央選手が銀メダルに終わったのは残念ではあるが、オリンピック前の試合でかなりの不調であったことを考えると、オリンピックに合わせてよく調整してきたと言える。フリープログラムで2回のトリプルアクセルを決めたのは史上初めてであり、その技術力の高さはトップレベルである。オリンピックでトリプルアクセルを決めたのは18年前の伊藤みどり選手以来だということからもその難しさが分かる。

“よい成績を上げるにはそれなりの戦略が必要”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2010/02/27 (Sat) 00:34:35
運用経過(2010年02月26日)
 アメリカ株式・S&P500は、1106.75→1102.94 と小幅に下落した。ニュースの主なものは以下。
  (1)先週の公定歩合が引き上げから利上げ懸念が高まった
  (2)2月の消費者信頼感指数が大きく落ち込んだ
  (3)1月の耐久財新規受注が予想外に減少した
  (4)新規失業保険週間申請件数が増加した

 日本株式・TOPIXは、889.08→894.10 と小幅に上昇した。ニュースの主なものは以下。
  (1)先週末の米国の公定歩合が引き上げの影響は限定的との見方が広まった
  (2)ギリシャの債務問題が引き続いて不安材料となった
  (3)1月の鉱工業生産指数速報が予想よりよかった
  (4)為替がじわじわと円高に進んだ

 保有の資産は全体では大幅に下落した。

 先週の購入などは以下。

  ・ニッセイ日経225インデックスファンド
      定期積立  単価 9,969円  口数 10,031口  金額 10,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 先週、アメリカでは、公定歩合が引き上げられ、出口戦略が意識されたのだが、一転して今週は、悪い内容の経済指標が相次いで、再び景気悪化の懸念が高まり、株価も軟調となった。しかし、意外に株価はそれほど下げていないようにも見えるのだが、この水準を保てるのか、それともまた下げてしまうのか、まったく予想がつかない。こういう時でも、コツコツ、のんびりといきましょうや。

2010年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/24 (Wed) 23:54:54
電気シェーバーを再び買い替えた
 2年弱前に「電気シェーバーを買い替えた」で書いたように電気シェーバーを買い替えた。買い替えて使い始めた当初は、それなりに満足していたのだが、使い続けてくるともっと深剃りできないのか、もっと早く剃れないのか、などと不満でも出てくる。

 そんな贅沢な不満が募っていたのだが、もっと大きな問題として、電池が充電してもあまり保たなくなってきた。以前は充電すると2週間以上保っていたのだが、最近は1週間も保たなくなってきていた。1週間と言っても7日間ではなく、土、日曜日は肌の荒れを防ぐために使わないことも多く、4、5日間しか保たなくなっていた。

“電気シェーバーを再び買い替えた”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
2010/02/22 (Mon) 23:54:27
日経マネー「2010年個人投資家調査」
 この時期に恒例となったが、今年も『日経マネー』で「2010年個人投資家調査」を実施している。昨年のアンケートでは1万人以上もの回答を集め、規模の大きなアンケートになったようだ。

 今年のアンケートは92問で、30分程度かかるようなので、時間が取れる時に回答してみてはどうか。ただし、締め切りは3月1日までということで、そんなに余裕はないので、回答しようと思う方は忘れないうちに早めに回答する必要がありそうだ。

 アンケートは以下のアドレスからどうぞ。

  https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/R009806n8.html

その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/21 (Sun) 00:27:25
オリンピックでのメダル獲得はすばらしいが
 今回は投資とは関係ない話題です。

 バンクーバーでの冬季オリンピックが行われて、連日テレビなどで放送されている。既に日本はスピードスケート男子で銀メダルと銅メダルを、フィギュアスケート男子で銅メダルを獲得し、厳しい成績の中でも頑張って結果を出しているように思う。フィギュアスケート男子はオリンピックで日本史上初めてのメダルであり、価値も大きい。

 これからの競技ではフィギュアスケート女子などでメダル獲得が期待されるが、今季は不調が目立つ浅田真央選手はどう仕上げてくるのだろうか?周りのプレッシャーに負けないように精一杯準備をして、精一杯の演技をしてほしいところである。

“オリンピックでのメダル獲得はすばらしいが”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2010/02/20 (Sat) 00:15:00
運用経過(2010年02月19日)
 アメリカ株式・S&P500は、1078.47→1106.75 と大幅に上昇した。ニュースの主なものは以下。
  (1)今年2度目の中国の預金準備率引き上げを嫌気
  (2)ニューヨーク州製造業業況指数は+24.91となり10月以来の高水準となった
  (3)1月の住宅着工・許可統計で、着工件数が6カ月ぶりの高水準となった
  (4)2月米フィラデルフィア地区連銀製造業業況指数が予想を上回って改善した

 日本株式・TOPIXは、892.16→889.08 と小幅に下落した。ニュースの主なものは以下。
  (1)10─12月期実質GDP速報値が年率+4.6%と3四半期連続の増加となった
  (2)ギリシャの債務問題についてEUが最終的には資金繰りを支援する方針を示した
  (3)米株高や円安を背景に買い安心感が広がった
  (4)予想外に早く米国の公定歩合が引き上げられた

 保有の資産は全体では大幅に上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 アメリカが予想外に早く公定歩合を引き上げたが、この後FF金利がどうなるか分からないが、アメリカは低金利から金利上昇へと移ったのかもしれない。もしそうだとすると、特に日本が金利を上げないままでいると、また円キャリートレードなどで歪な環境ができ、為替は円安にかわり、株価は不自然に上がったりするのかもしれない。そんなことの繰り返しは再び起こってほしくない。

2010年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/17 (Wed) 23:40:33
「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2009年12月10日決算)
 昨年12月10日に第3期の決算を行った「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用報告書を取り上げる。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に比べると影が薄い存在だが、今期の運用は頑張ったように見える。

 第3期(1年間)の運用成績は+32.3%%と大幅なプラスとなった。債券も組み入れている「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」とは単純に比べることはできないが、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のほぼ2倍のプラスだ。これだけの成績を収めながら基準価額は6,628円に留まり、低迷していると言わざるを得ないかもしれない。第2期の-47.2%という大きなマイナス成績が響いている。

“「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2009年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/13 (Sat) 23:25:07
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2009年12月10日決算)
 昨年12月10日に第3期の決算を行った「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を取り上げる。運用報告書は1月31日(日)に届いたのだが、決算日から2か月近く経っており、ちょっと遅いような気がする。決算日から1か月強くらいで届くイメージがあったのだが、最近はこのファンドにかぎらないが全般的に遅くなっているような気がする。

 さて、内容だが、第3期(1年間)の運用成績は+16.1%と大幅なプラスであった。その前の第2期は-35.6%ものマイナスだったので、そこからは回復したのだが、第3期は1月に最安値を更新する場面があり、まだ回復途中といったところかもしれない。

“「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2009年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/12 (Fri) 23:40:03
運用経過(2010年02月12日)
 アメリカ株式・S&P500は、1063.11→1078.47 と小幅に上昇した。材料視された主なものは以下。
  (1)1月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想外に減少して悪化した
  (2)ギリシャ、ポルトガル、スペインの財政問題をめぐる懸念が高まった
  (3)ユーロ圏諸国の政府がギリシャを支援することで原則合意した
  (4)バーナンキFRB議長の出口戦略に関する見解が示されたことを嫌気した

 日本株式・TOPIXは、891.78→892.16 とほぼ変わらずであった。材料視された主なものは以下。
  (1)ギリシャやポルトガルなどの欧州ソブリンリスクが意識された
  (2)円高圧力が株価の重しとなった
  (3)12月の機械受注統計が事前予想を大きく上振れた

 保有の資産は全体では小幅に上昇した。

 今週の購入などは以下。

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      定期積立  単価 6,054円  口数 33,036口  金額 20,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 NYダウが1万ドルを、日経平均が1万円を、それぞれ割りこむ場面があったが、そのおかげで今月は安く買えたように思う。先月の「住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン」は7,000円近い基準価額で購入したが、今月は6,054円で購入できた。1,000円近くも安く買えたのは正直うれしい。

2010年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/10 (Wed) 23:31:53
キリンとサントリーの経営統合交渉が決裂
 2月8日にキリンとサントリーの経営統合交渉が決裂したことが発表された。世界に通用するグローバル企業を目指したこの経営統合を、食品業界で日本にも世界を代表する巨大企業ができるのかと、期待を持って経過を見ていたのだが、残念ながら決裂してしまった。

 この決裂のニュースを見るまでは、交渉は順調に進んでいて、むしろ統合後のビール系飲料の国内市場シェアは約5割となるなど、独占禁止法に抵触しないか公正取引委員会の判断の方が問題で統合に至らないことはあるかもしれないと思ってはいたものの、独占禁止法の問題ではなく、キリンとサントリーの双方が合意に至らずに交渉決裂となったのは、非常に意外であった。

“キリンとサントリーの経営統合交渉が決裂”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/07 (Sun) 00:10:56
ただ勝てばいいわけではない
 2月4日に相撲の朝青龍が引退した。突然のことで驚いたが、日本相撲協会の理事の間では解雇が妥当とする見方が大勢だったようだ。このところ騒がれていた朝青龍の暴力事件がこれで決着した格好だ。

 日本相撲協会の理事は朝青龍に対しては非常に厳しい意見が言われていたが、厳しい中でも相撲への貢献度が大きいためか、温情もあったように思う。解雇だと退職金が支払われないようだが、解雇という形ではなく、引退という形であれば退職金が支払われるようである。これが朝青龍にはせめてもの救いとなったかどうかは分からないが。

 今回の朝青龍の引退には賛否両論があるようであるが、「横綱」という最高位の地位にあるものが求められるものに欠けていたところがあるのは否めず、仕方がないのかなという感じがする。

“ただ勝てばいいわけではない”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/06 (Sat) 00:20:56
運用経過(2010年02月05日)
 アメリカ株式・S&P500は、1084.53→1063.11 と大幅に下落した。材料視された主なものは以下。
  (1)10-12月期GDP速報値が+5.7%となり予想を上回った
  (2)ISM製造業景気指数が58.4となり予想を上回った
  (3)オバマ米大統領の規制強化をめぐる懸念が再燃した
  (4)米新規失業保険申請件数が予想外に悪化した

 日本株式・TOPIXは、901.12→891.78 と小幅に下落した。材料視された主なものは以下。
  (1)トヨタ自動車のリコール問題が相場全体のムードを悪化させた
  (2)週後半にアメリカ株が大きく下落した影響を受けた
  (3)為替が週前半は円安に振れた後、週後半に円高に振れた

 保有の資産は全体では大幅に下落した。

 先週の購入などは以下。

  ・ニッセイ日経225インデックスファンド
      定期積立  単価 10,271円  口数 9,736口  金額 10,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 もう今年も1月が終わり2月になったが、前に振れた株価の節分天井が現実のものになりそうだ。節分天井というよりは、株価は節分の前に天井を付けていたと言った方が正しいだろう。またすぐに株価が戻るのかどうかは分からないが、しばらく調整が続きそうな雰囲気だ。

2010年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/02/02 (Tue) 23:33:10
PRU海外債券マーケット・パフォーマー運用報告書(2009年12月10日決算)
 昨年12月10日に第9期の決算を行ったPRU海外債券マーケット・パフォーマーの運用報告書を取り上げる。このファンドは追加購入もしておらず、保有する金額も少ないので、普段はあまり気にすることもなく、保有していること自体を忘れてしまいがちである。前回のこのファンドの運用報告書はblogで取り上げることを忘れてしまったようである。今回は気を取り直して運用報告書を見てみたいと思う。

 第9期(1年間)の運用成績は以下の通り。

  PRU海外債券    +8.4%
  インデックス    +8.5%

 +8.4%%とまずまずのプラスの成績であった。前回まではインデックスを下回ることがほとんどであったが、今回はほぼインデックス通りの運用となった。信託報酬分を考慮すると、今回の成績はインデックスより少しよかったということになると思うが、今後もこんなことが続くはずがなく、少なくともファンドの方がコストの分は確実に下回るはずである。

“PRU海外債券マーケット・パフォーマー運用報告書(2009年12月10日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。