プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/11/28 (Sun) 21:50:33
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」
 今年も「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」が行われる。今回で4回目となるが、ブロガーという個人が行うイベントが4回も続いているというのはすごいことだ。昨年の第3回目は日本経済新聞やロイターなどで報道されるまでになり、今回もマスコミで取り上げられそうだ。

 今回も投票しようと思ったが、すぐに投票しようと思うファンドが思い浮かばない。新しい低コストのインデックスファンドってあったかな?なんて思ったが、調べてみると新しく設定されたファンドや、信託報酬を引き下げたファンドがあり、これらに加えてその前に設定されたファンドのうち自分で投資しているファンドなどの中から投票するファンドを決めて投票しようと思う。

2010/11/28 21:50 追記
 先ほど投票を済ませた。コストの低さを重視して、2つのファンドに分けて投票した。


“「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/11/27 (Sat) 20:30:27
ようやく資格取得勉強が終わった(その3)
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 「ようやく資格取得勉強が終わった(その1)」と「ようやく資格取得勉強が終わった(その2)」の続きで、今回で最終回です。

 またwebから受験費用の支払い。375ドルの受験費用は痛いが仕方がない。ここでもaudit対象となる可能性もあったが、対象から逃れることができた。受験申し込みは近い日がもう既に埋まっていて、また近くの受験場は試験開催日が少なく、11月中旬にならないと受験できる日がなかった。約1か月半後であるが、勉強しなおす時間を考えるとちょうどよいかなと思い、11月中旬に再受験することに決めた。

 再受験することに決めたはよいが、どうやって勉強するかが問題だ。「PMP教科書」と「PMP試験合格虎の巻」の2冊の本はそれなりに勉強したので、これ以上勉強しても、試験に受かる確率が高まるようには思えない。別の本を買って勉強することも考えたが、既に勉強した2冊の本と大差はないだろうとも思った。

“ようやく資格取得勉強が終わった(その3)”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
2010/11/27 (Sat) 01:32:34
運用経過(2010年11月26日)
 アメリカ株式・S&P500は、1196.69→1190.74 と小幅に下落した。
  (1)中国人民銀行が11月10日に続いて預金準備率を引き上げると発表した
  (2)アイルランドがEUとIMFに対し金融支援を要請した
  (3)北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃し、緊張が高まった
  (4)新規失業保険週間申請件数が改善し、2008年7月以来の低水準となった

 日本株式・TOPIXは、869.52→866.81 と小幅に下落した。
  (1)アイルランドの金融危機や中国の金融引き締めも、悪材料出尽くし感が広がった
  (2)朝鮮半島の緊張の高まりにも株価は落ち着きを見せた
  (3)景気回復と円安継続の期待が相場を底堅くした
  (4)米感謝祭で米国株式市場が休場も影響して様子見が広がった

 保有の資産は全体では-0.4%と小幅に下落した。

 今週の購入などは以下。

  ・ニッセイ日経225インデックスファンド
      定期積立  単価 10,019円  口数 9,981口  金額 10,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 北朝鮮が韓国に向けて砲撃してきて、民間人にまで死者が出てしまった。これで一気に緊張が高まって、株価も大きく下げてしまうかとも思われたが、予想外に株価は下がらず、落ち着いた動きであった。投資心理が改善している証拠だと思うが、景気の先行きも不透明であり、いつまた雰囲気が悪くなるか、心配される。そんな心配をしたところで、何かをきっかけに改善することが多く、あまり心配しても仕方がないかもしれない。

2010年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/11/23 (Tue) 23:57:15
ようやく資格取得勉強が終わった(その2)
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 「ようやく資格取得勉強が終わった(その1)」の続きです。

 それでも、やるだけのことはやったという思いもあり、試験に臨むことにした。試験当日は日曜日で、試験は午後からだったのだが、少し早く起きてインプット、ツールと技法、アウトプットを少しでも完全に覚えるようおさらいをした。

 昼前に家を出て試験会場に向かったのだが、初めて行く場所で少しだけ迷ってしまった。それでも試験会場には試験開始の50分ほど前に着いた。受け付けをすると、注意事項を書いた紙を渡され読みながら待つように言われた。待つ場所にはたくさんの人がいて、こんなに同じ試験を受ける人がいるのかと思ったが、ほとんどが他の試験を受ける人であった。

“ようやく資格取得勉強が終わった(その2)”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2010/11/21 (Sun) 00:35:22
ようやく資格取得勉強が終わった(その1)
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 どこの会社でも同じかもしれないが、通常の仕事の他に資格を取得することが義務とされる。私の勤める会社でもそうなのだが、ほとんどの場合、資格を取ってもそれが仕事に直接的に役立つことは少なく、最近はずっと資格を取ることに抵抗していた。しかし、その抵抗も限界となり、資格取得に挑戦することとなった。

 どの資格を取るかを考えたが、年齢も年齢なだけにそれなりに取得が難しいものが要求される。でも、記憶力も考えるスピードも若いころと比べるとかなり落ちてしまったと感じているので、あまり難しいものは無理。いろいろと考えた結果、プロジェクト管理の資格であるPMP(Project Management Professional)に挑戦することにした。

“ようやく資格取得勉強が終わった(その1)”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2010/11/20 (Sat) 00:28:40
運用経過(2010年11月19日)
 アメリカ株式・S&P500は、1213.54→1196.69 と小幅に下落した。
  (1)アイルランドの財政問題などが引き続き懸念された
  (2)FRBが緩和措置の規模を縮小する可能性があるとの見方が広がった
  (3)中国がインフレ圧力緩和に向けてさらなる措置を講じるとの懸念が強まった
  (4)GMが再上場を果たしIPO価格を上回る値を付けた

 日本株式・TOPIXは、846.98→869.52 と小幅に上昇した。
  (1)7-9月期GDPが前期比+0.9%と市場予想を上回った
  (2)韓国の予想外の利上げが日本株式にも悪影響を与えた
  (3)為替が1ドル83円台にまで円安が進んだ
  (4)日本株の出遅れ修正期待から買われて日経平均が1万円を回復した

 保有の資産は全体では+0.8%と小幅に上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 今週、日経平均が1万円を回復した。明るい雰囲気になってきた感じがするが、このまま上昇を続けると見る人は少ないようである。為替は少し円安になったが1ドル83円台で、それほど円安に振れてはおらず、再び円高が進むと言う人も多いようである。まあ、そんな予想も当たらないことが多いので、話半分に聞いた方がよさそうである。投資はこれまでと変わらず、コツコツと続けるだけだ。

2010年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/11/13 (Sat) 23:50:53
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」を見ての感想
 先週、地上波テレビで放送された映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」を見た。ストーリーは、今の日本が長らく景気の低迷で危機的な状況にあるが、発端となった1990年初頭のバブルの崩壊を食い止めるために、タイムマシンンの乗って1990年に戻り、バブル崩壊の原因とされた不動産総量規制を止めさせるというものだ。

 放送当日はプロ野球の日本シリーズ中継が延長されて、深夜の視聴となったなったが、懐かしいような、新鮮なような、そんな感覚に襲われた。私はバブル当時はまだ社会人になる前であったが、なんとなく景気の良さは覚えており、ただ、映画のようにあちこちでお金が舞うほどだったとは知らなかった(映画ではかなり誇張されているところもあるだろうが)。

“「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」を見ての感想”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/11/13 (Sat) 01:52:23
運用経過(2010年11月12日)
 アメリカ株式・S&P500は、1221.06→1213.54 と小幅に下落した。
  (1)10月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想の倍以上増加した
  (2)アイルランドの債務懸念が再燃した
  (3)ニューヨーク金先物が1,400ドルを突破し、連日で最高値を更新した
  (4)シスコシステムズの市場予想を大幅に下回る売上高見通しが相場全体を押し下げた

 日本株式・TOPIXは、834.98→846.98 と小幅に上昇した。
  (1)先週の大幅上昇に過熱感が感じられ、上値が重かった
  (2)日本の大手銀行が国際的な金融規制の対象外となりそうだとの見方が広まった
  (3)為替が1ドル82円台にまで円安が進んだ
  (4)中国が不動産投機抑制策を打ち出し、株価にも悪い影響を与えた

 保有の資産は全体では+0.3%と小幅に上昇した。

 今週の購入などは以下。

  ・eMAXIS先進国株式インデックス
       定期積立  単価 9,984円  口数 20,032口  金額 20,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 ETFに株主優待制度を設けたものが出てきたが、これってどうなのだろうか?通常の株式に対する株主優待でも結構否定的な考え方が多いのに、ETFに株主優待だなんて、いくらなんでもやり過ぎという気がしないでもない。一方で、株主優待にかかる費用はETFの資産から拠出されるわけではなく、運用会社が負担するようだ。これだと株主優待ではなく、運用会社が提供する商品をたくさん売るための販売促進策だと思うのだが。販売促進策なら大いにやって結構だと思うが、株主優待というと抵抗を感じざるを得ない。

2010年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010/11/06 (Sat) 00:17:53
運用経過(2010年11月05日)
 アメリカ株式・S&P500は、1183.78→1221.06 と大幅に上昇した。
  (1)7-9月期GDP速報値が年率換算で前期比+2.0%と、事前の予想どおりだった
  (2)10月のISM製造業景気指数が56.9と上昇し、5月以来の高水準となった
  (3)中間選挙でオバマ大統領率いる民主党が大敗した
  (4)FOMCで6000億ドルの国債を追加的に買い入れる方針を表明された

 日本株式・TOPIXは、810.91→834.98 と大幅に上昇した。
  (1)引き続き円高警戒感が強く、株価の重しとなった
  (2)大手銀行株が軟調で、TOPIXが年初来安値を付けた
  (3)FOMCの追加金融緩和で警戒された円高が限定的に済んだ
  (4)期待された日銀決定会合での追加金融緩和はなかった

 保有の資産は全体では+3.2%と大幅に上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 アメリカFRBの6000億ドルの国債追加買い入れは事前の予想通りであったようだが、この規模の国債買い入れをよくぞ決めたと評価する専門家が多いようだ。確かに6000億ドルというと日本円で48兆円にもなり、かなりの規模になる。日銀もこのくらい思いきった策を取るべきのような気もするが、どうなのだろうか?これ以上の円高は日本経済にとって大きなダメージとなりそうで、できそうなことはすべてやる必要があるような気がする。政治にももっときちんとした政策を取ってもらう必要もあるが。

2010年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。