プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/01/29 (Sat) 23:40:53
「STAM グローバル株式インデックス・オープン」運用報告書(2010年11月10日決算)
 11月10日に第6期の決算を行った「STAM グローバル株式インデックス・オープン」の運用報告書を取り上げる。運用報告書は1か月ほど前に届いていたのだが、いつものように読むのが遅くなってしまった。

 このファンドはインデックスファンドなので、運用方法にほとんど変化はないはずで、それほどきちんとチェックする必要もないかもしれないが、インデックスとのかい離が大きくなっていないか、信託報酬以外のコストが多くかかっていないかなどは、しっかりとチェックしていきたいと思う。

 第6期(半年間)の運用成績は+2.5%と小幅な上昇となった。ベンチマークは+3.0%と-0.5%の差が出ている。この差は、為替評価日格差要因-1.2%、配当金要因+1.2%、信託報酬要因-0.4%、銘柄要因等-0.1%ということだ。少なくとも信託報酬分を下回るのは当然のことであり、その他も特に問題になるような差ではないようだ。

“「STAM グローバル株式インデックス・オープン」運用報告書(2010年11月10日決算)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/01/29 (Sat) 01:14:54
運用経過(2011年01月28日)
 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)により日本国債が格下げされた。この格下げにより日本国債は、財政危機が懸念されているスペインよりも下になったということだ。これをどうとらえるかだが、深刻な事態だと受け止めるべきであろう。というのは、スペインの財政危機は「噂」が先行しているように思うが、日本の国債残高は飛びぬけて高いという「事実」があるからである。数年後に「日本の財政危機が間近に迫っている」と言われないように、財政再建をしっかりと考えていかなくてはならない時期ではないだろうか?


 今週は、保有の資産は全体で+1.2%と小幅に上昇した。

 今週の購入などは以下。

  ・ニッセイ日経225インデックスファンド
      定期積立  単価 10,253円  口数 9,753口  金額 10,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/01/22 (Sat) 23:55:28
ようやく地デジ対応の液晶テレビを買った
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 この数か月間、地デジ対応の液晶テレビを買おうと検討していたのだが、エコポイント制度のポイント減額の変更もあり、液晶テレビが品薄になって価格も上昇したため、購入を見合わせていた。思ったように価格が下がらず、一時は昨年中に買うことを諦めた時期もあったのだが、昨年末に買ってもよいと思える価格のものが出てきたので、思い切って購入することに決めた。

 昨年の11月から家電量販店のwebサイトをメインに見ていたのだが、11月は価格はあまり下がらず、売っている機種数が段々と少なくなっていった。12月に入って少しずつ在庫があるものが増えてきて、いくぶん価格も下がっている感じがしていた。だが、年が明けるとエコポイントの条件としてリサイクルが前提となりリサイクルの場合のポイントが付かなくなるため、またかけこみで購入する人がそれなりにいることが予想され、ほとんど価格は下がらないのではないかと思われた。

“ようやく地デジ対応の液晶テレビを買った”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/01/22 (Sat) 02:32:26
運用経過(2011年01月21日)
 今週の株式市場は、中国人民銀行が預金準備率を0.5%引き上げたこともあり、世界的に株価が軟調になったようだ。その前までは堅調な値動きが続いていたこともあって、調整に入る格好の材料となったのかもしれない。よかった後の反動と考えれば特に問題はないような気がするが、景気の先行きがあやしいという見方もあるようで、このまま長期低迷に入ってしまう可能性も否定できないのかもしれない。一寸先は闇、予想しても当たらないと思った方がよさそうだ。

 今週は、保有の資産は全体で-0.5%と小幅に下落した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/01/15 (Sat) 23:32:53
プリンタインクカートリッジ購入での出来事
 今回は投資とは関係のない批判的な内容なので、興味のある方だけお読みください。

 昨年の12月頭の出来事である。喪中で年賀欠礼の葉書を印刷しようとしたのだが、インクが無くなったのか、インクカートリッジのインクが詰まってしまったのか、原因はよく分からないが、インクカートリッジの問題で印刷ができなくなった。

 仕方がないのでインクカートリッジを購入しようとしたが、このプリンタは某PCメーカーのPCを買う時に同時に購入したもので(直販)、インクカートリッジは店頭では売っておらず、この某PCメーカーに注文する必要があることが分かった。webサイトの方で注文を受け付けていて、最速で翌日には届くと書かれており、早速注文したのであった。

“プリンタインクカートリッジ購入での出来事”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/01/15 (Sat) 01:12:52
運用経過(2011年01月14日)
 今週の株価は堅調だったのか、低調だったのか、よく分からない動きだった。「日本株式は割安感がある」という表現が新聞等で見られるが、これは本当なのだろうか?もし、本当ならもっと上がってよいところだ。あまり勢いよく上がらないところを見ると、割安だというのは一部の人が言っているだけのことで、多くの人は割安だとはあまり感じていないのだろう。何を持って割安と言うのか?難しいところだ。

 ところで、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」では「STAM グローバル株式インデックス・オープン」がグランプリを受賞したということだ。これはとても意外だった。STAMの後に出てきたeMAXISやCMAMなどのインデックスファンドに押され気味だと思っていたが、そんなことはなかったようである。低コストインデックスファンドの草分けであり、そこが引き続き評価されているということか?

 今週の購入などは以下。

  ・バンガード・ウェルズリ・インカム・ファンド
       口座管理料支払  55円

  ・eMAXIS先進国株式インデックス
       定期積立  単価 10,402円  口数 19,227口  金額 20,000円

 今週は、保有の資産は全体で+0.4%と小幅に上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/01/08 (Sat) 23:45:15
2011年上期投資計画
 2011年上期の投資計画について書いてみたいと思う。

 2010年末のアセットアロケーションを見ると

  ・日本株式クラスが目標値を5%弱下回っている
  ・外国株式クラスが目標値を5%以上上回っている
  ・外国債券クラスが目標値を2%強下回っている

といった問題があり、今期はそれを改善する方向で積立を行っていく必要がある。

 だが、外国債券クラスは、他の資産クラスと比べた場合のリスクとリターンの関係から持つべきかどうかという疑問が出てきていることなどから、目標値の比率を維持するのがよいのかどうかという迷いがある。とりあえず目標値とのかい離率が5%以内に収まっていることもあり、無理に目標値に近づけることをせず、今期は買い増しはせずに様子を見たいと考えている。

“2011年上期投資計画”の続きを読む>>
2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/01/08 (Sat) 01:25:45
運用経過(2011年01月07日)
 新しい年がスタートしたが、世界的に株価は堅調に推移したようだ。特に日本株式は円高進行が懸念されていたが、そんな懸念を裏切るように円安方向に振れて、株価は大きく上昇した。この先はどうなるか分からないが、市場や専門家の予想は当たるものではないと考えた方がよさそうだ。そんな当たらない予想に振り回されて大きなポジションを取って大きな損失を出さないように、やはりコツコツ積み立てていった方がよさそうだとあらためて感じた。

 
 今週の購入などは以下。

  ・iShares S&P 500 Index Fund
       分配金受取   16.65ドル

  ・iShares MSCI EAFE Index Fund
       分配金受取   19.38ドル

 今週は、保有の資産は全体で+2.6%上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/01/08 (Sat) 01:22:49
2011年上期投資状況推移
 2011年07月01日時点の投資状況は次のとおり。

 なお、リスク資産のみで安全資産(生活防衛資金)は含めていない。


“2011年上期投資状況推移”の続きを読む>>
2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/01/02 (Sun) 12:59:13
2010年下期運用結果
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今年の最初のエントリは昨年2010年の運用成績のまとめです。

 まずは、2010年下期(半年間)。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \3,422,348 \3,762,757 \+340,409 +9.95%

 金額で約34万円、率にして10%近いプラスとなった。半年間でこれだけのプラスは、とてもよい成績であるはずなのだが、そんなによい成績だったのか?と驚いている。よい成績だったという実感がない。それもそのはずで、通算損益は依然としてマイナスであり、この下期の上昇は、その前までの下落の一部を取り戻したに過ぎないからだ。

 再び円高が進行しそうで、日本株式はまた下落する懸念が高まっており、またヨーロッパの一部の国では財政破たんが懸念されており、世界経済の先行きはかなり不透明である。2010年下期の上昇分は2011年にすべて帳消しになる可能性もある。


“2010年下期運用結果”の続きを読む>>
2010年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。