プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/03/26 (Sat) 21:45:13
生活物資の不足が解消方向に
 「東北地方太平洋沖地震」の後、関東の大都市圏で様々な生活物資が店頭から姿を消し、手に入れることが困難な状態が続いていたが、ようやく解消の方向に向かっているようだ。ただ、乾電池や牛乳などの一部のものはまだ品不足が続いているようだ。

 今日、近くのスーパーに買い物に行ったのだが、先週は売り切れていたパンや米は、地震前よりは少ないが店頭に在庫があることが確認できた。我が家で無くなっていた米を買うことができ、一安心できた。知り合いからもようやくガソリンが買えるようになったという話も聞けた。

“生活物資の不足が解消方向に”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/03/26 (Sat) 00:14:00
運用経過(2011年03月25日)
 「東北地方太平洋沖地震」から2週間が経ったが、未だに被災地の復興の動きはあまり見られない。それだけ被害が大きく、広範囲に及んだということだろう。また、福島第一原発は、報道からは落ち着く方向に向かっているようにも見えるが、まだまだ予断を許さない状況が続きそうである。放射性物質は目には見えないが、人々の体に大きな悪影響を及ぼす、非常に恐ろしいものなので、一刻も早く事態の収拾を図ってほしいと思う。

 その一方で、株式市場は落ち着きを見せ始めている。一時は8000円台に落ち込み、さらなる下落もあるのではないかと思われた日経平均株価は9000円台半ばまで回復している。しかし、震災の被害の大きさや、長く続きそうな計画停電の影響を考慮すると、企業業績への悪影響は大きそうであり、今の株価回復はちょっと出来過ぎのような気がする。企業業績への影響が見え始めてくると、株価も下落するような気がしている。

 株価がどうなろうと、坦々と積み立て投資を続けるだけで、株価の下落は安く買えてよいのだが、その裏では震災の大きな被害があり、気持ちはなんとも複雑だ。

 保有の資産は全体で+2.6%と上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/03/19 (Sat) 23:52:33
地震の影響で生活物資が品薄状態に
 地震の後、生活物資が品薄になっている。飲料水、カップめんや即席めんなどの保存食、紙オムツや生理用品や乾電池などの生活用品、ガソリンなどなど数多くの品目に渡って品薄となっているようだ。

 原因としては、地震のため生産がストップしたものがあること、被災地に優先的に物資を流そうとしていること、計画停電の影響などで物流が悪くなっていることなどが考えられるが、生活物資が少なくなってしまうという不安からの買いだめがかなり多くあるように思う。

“地震の影響で生活物資が品薄状態に”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/03/19 (Sat) 11:31:20
運用経過(2011年03月18日)
「東北地方太平洋沖地震」の後、福島第一原発の事故が明らかとなり、なかなか原子炉の状態を安定させられず、とうとう大量の放射線漏れを起こすこととなってしまった。そのため、火曜日には日本株式はパニック売りとも言える状態となり、日経平均は一時1,300円を超える下落幅となった。地震後の連日の大幅下落は凄まじいものがあったが、その後は少し持ち直し、市場も少し落ち着きを取り戻した感じがする。

 だが、福島第一原発の原子炉はまだ安定できておらず、予断を許さない状態にある。事態が悪化するようなことになれば、再び株価は大きく下落してしまうことになる。それ以上に我々の生活が脅かされてしまうことになるため、はやく原子炉の状態を安定化させてほしいと思う。

 保有の資産は全体で-4.2%と大きく下落した。一時プラスに転換した通算損益は、残念ながらしばらくマイナスで推移しそうである。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2011/03/14 (Mon) 20:54:09
「東北地方太平洋沖地震」の影響で電力不足
 「東北地方太平洋沖地震」から約2日半経った3月14日の朝、東京電力の計画停電のために、JRや私鉄などの交通機関が軒並みストップした。前日の夜に計画停電があることが発表されたのだが、その時には交通機関についてはストップするという情報がほとんどなかったため、朝起きてテレビのニュースを見たときには驚いた。

 結局」、本日は会社に行くことは諦めて自宅待機となった。地震発生の日の夜から翌日の夕方近くまで徹夜して仕事をしたので、今日の自宅待機はよい休息にはなったが、あす以降がどうなるかはっきりせず、落ち着かない日を過ごすこととなった。

“「東北地方太平洋沖地震」の影響で電力不足”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/03/13 (Sun) 01:08:22
運用経過(2011年03月11日)
 3月11日は「東北地方太平洋沖地震」の影響で電車が止まってしまって家に帰れなかったため、blogの更新が遅れた。1日遅れの更新である。

 この大地震は日本の株式市場が閉まる間際に起こり、株価も下げて終了したが、その後の先物市場ではさらに大きく下落し、日経225先物は1万円を割ったようである。週明けの日本の株式市場は下げて始まりそうであるが、下落が続くかどうかは分からない。地震の被害額の大きさが目立てば株価は下げそうだが、復興需要が強く意識されれば株価は上昇する可能性もある。どう動いても一喜一憂せず冷静さを保ちたいところである。

 金曜日は地震で会社に泊まったのであるが、地震の被害状況などはネットで多くの情報が得られた。しかし、主に文字によるもので、これではいまいちイメージがしにくいため、被害はそれほどでもないのか?という感じを持っていたのだが、家に帰ってきて動く映像を見ると、やはり被害は非常に大きいように感じる。押し寄せる津波の映像を見るたびに怖くなる。しばらくは大きな余震の可能性もあるとのことなので、気をつけたいと思う。

 今週の保有の資産は全体で-2.2%と下落し、通算損益は再びマイナスに転じることとなった。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/03/12 (Sat) 19:06:02
「東北地方太平洋沖地震」で関東も大揺れ
 3月11日の14:50ごろだっただろうか、関東で地震の揺れを感じた。縦揺れで大きな揺れで、2、3分間も大きくゆれ続けた。初めて経験するような大きな揺れで、一瞬、とうとう関東にも大地震が来てしまったかとも思ったが、それでも大惨事になるほどまではいかないかなとも思った。

 地震があった時は仕事の会議中であったが、すぐに会議は中止となり、社員の安否の確認、地震の状況確認などに追われた。ネットで調べたら、震源地は宮城県三陸沖と関東ではなかったが、震源地が離れていてもあれだけ大きく揺れたということは、震源地付近の東北地方の揺れの大きさは相当なものであったと容易に想像できた。

“「東北地方太平洋沖地震」で関東も大揺れ”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/03/06 (Sun) 00:18:26
「さわかみファンド」が騒がれているが
 最近、「さわかみファンド」に対する批判的なblogのエントリが増えている。特に「日経マネー 2011年4月号」に載った澤上篤人氏の発言内容が問題だということらしい。私はこの「日経マネー 2011年4月号」の記事を読んでいないのだが、ネットから得られる内容を読むと、確かに澤上篤人氏は正しくないことを言っているように思う。

 ただ、この程度の内容でこれまでの「さわかみファンド」の実績をすべて否定するようなものではないのではないかという気がしている。澤上篤人氏が意図的に事実と異なることを言ったとは断言できないと思うし、単なる記憶違いで事実とは異なることを言ってしまった可能性もあるのではないかと思う。

“「さわかみファンド」が騒がれているが”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(9)
2011/03/05 (Sat) 01:27:08
運用経過(2011年03月04日)
 リビア情勢の影響か、株価が上下に大きく動いた週であった。日経平均は今年に入って最大の下げ幅を記録し、アメリカのNYダウも上下に乱高下した。このような大きな動きには慣れしまって、何とも思わなくなってきているが、ただ鈍感になってしまったのでは、本当の危機が来た時にはまずいと思うので、変化には敏感でいて、それを受けた行動は冷静でいたいものである。

 株価は大きく動いたが、ズルズルと下げ続ける感じではなく、大きく下げた後に大きく反発する場面もあり、相場の強さも感じる。本格的な株価上昇につながるかどうか、注目して見ていたいと思う。

 今週は、保有の資産は全体で+1.9%と上昇した。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。