プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/06/25 (Sat) 23:55:01
個人向け国債10年変動金利型って有利になったのか?
 個人向け国債10年変動金利型の金利の設定方法が6月募集分から変わった。どのように変わったかというと以下の通り。

   変更前 10年固定利付国債の実勢金利 - 0.80%
   変更後 10年固定利付国債の実勢金利 × 0.66

 現在の10年固定利付国債の実勢金利が1.17%なので、上記の式に当てはめると以下のようになる。

   変更前 1.17% - 0.80% = 0.37%
   変更後 1.17% × 0.66 = 0.77%

 これを見ると変更後の方が変更前の2倍以上高い金利となっており、「金利の設定方法の変更により有利になった」という人が多いようなのであるが、個人的には疑問を感じている。

“個人向け国債10年変動金利型って有利になったのか?”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(4)
2011/06/25 (Sat) 01:10:42
「第2回E-1グランプリ」のお知らせ
 マネー・カレッジの木田さんから下記のような「第2回E-1グランプリ」のお知らせをいただきました。最近よく名前を見かける花輪陽子さんって、「第1回E-1グランプリ」のグランプリ受賞者だったのですね。第2回のグランプリ受賞者もブレイクするかも。


「世の中にはたくさんマネー講師がいるけど、誰が一番分かりやすく教えてくれるの?」

そんな素朴な疑問から始まった、「最強」のマネー講師を決めるイベント「E-1グランプリ」、いよいよ第二回の開催が決定しました。

前回、第1回大会でグランプリを受賞した花輪陽子さんが、その後大ブレークを果たしたのはご存じの通り。FP (ファイナンシャル・プランナー)としてテレビ番組「笑っていいとも」に出演、二冊目の本も出版されて、まさに今乗りに乗っています。

第二回大会にも、早くも日本各地からマネーを教えることの精鋭がゾクゾク集まっています。次の「スターFP」が生まれる瞬間、お見逃しなく!

【参加のメリット!】
1. 幅広いマネー分野を1日でチェック!
2. マネー誌編集長など、専門家の生の声を聞ける!!
3. 「コミュニケーションのプロフェッショナル」のワザを盗むチャンス!!!
詳しくはこちらを→http://www.e1gpx.org/?page_id=122#merit1

【E-1グランプリって何?】
プロモーション・ビデオ 1分24秒で分かるE-1グランプリ
http://www.e1gpx.org/

【第2回E-1グランプリ開催要項】
 日時:11/07/03 (日) 14:00 ~ 18:00
 会場:日本橋公会堂
 住所:103-8360 中央区日本橋蛎殻町1-31-1
 交通:水天宮前駅6番出口徒歩2分、人形町駅A2出口徒歩4分
 地図:http://ofsji.org/clo/kaijou/nihonbashi
 詳細:http://www.e1gpx.org/?page_id=122
 料金:4,800円




その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/25 (Sat) 00:52:50
運用経過(2011年06月24日)
 日が変わったので昨日(6月24日)になるが、埼玉の熊谷で39.8度という気温になり、6月の観測史上国内最高となったようだ。昨年が記録的な猛暑だったので、今年は暑くなるとは言え昨年ほどではないだろうと思っていたのだが、もしかしたら昨年以上の記録的な猛暑になる可能性も出てきたのではないかと思っている。電力不足の中の猛暑はかなり辛い夏になるかもしれない。

 家ではまだエアコンは入れていないものの、たまらず扇風機を出して使っている。暑いと言えども、まだ扇風機の一番弱い風量で十分なため、まだまだ暑さも序の口という感じがしている。

 さて、今週の株価は久しぶりに上昇し、ズルズルと下げ続けることはひとまず止まった感じだ。ただ、アメリカの景気回復があやしいという話もあって、もう一段下げる可能性も十分にある。あまり期待はせず、のんびりと見守りたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/19 (Sun) 00:29:37
計画停電で電力料金が割引されていた
 毎月届けられる「電気ご使用量のお知らせ」だが、時間があったので先月分のものをじっくりと見てみたら、電気料金がいつもに比べて安くなっていた。何でかな?と思って細かく見てみたら、計画停電が行われたためにその分だけ割引がされたということであった。割引額は200円弱で6回も停電が行われたということになる。

 ちなみに、家にいた時に停電にあったことはなく、何となく得した気分だ。会社のある人は何度か停電になったため、ろうそくを点けて晩ご飯を食べた、という人がいたが、今回の「電気ご使用量のお知らせ」を見て、本当に停電が行われていたのだとあらためて思った。

 計画停電による電気料金の割引は誠意ある対応だとは思うが、大量の放射性物質を漏らし、節電を強いさせることは、電気料金割引以上の迷惑だと感じており、早く事態を収拾させ、もとの安定した電力供給を行ってほしいと思う。

“計画停電で電力料金が割引されていた”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/06/18 (Sat) 00:01:00
運用経過(2011年06月17日)
 これから暑い夏を迎えるにあたって、電力不足を補うための施策が続々と実施されている。私の勤める会社でも、エアコンの設定温度は以前から高くなっていたのだが、勤務の定時終了時刻が過ぎるとエアコンが止まるようになり、この時期でも結構暑く感じるようになった。この調子だと夏場の残業はする気が起きないだろう。

 その分早く帰ってプライベートを充実させたい気がするが、どこに行っても暑さから逃れることは難しそうであり、家に帰ってのんびりすることが多くなりそうである。そんなことを多くの人が行うと、消費は落ち込み、経済は停滞することになりそうである。経済が停滞しそうでも、株価がそれに素直に反応して下落するかどうかは分からず、その点が株式投資の難しいところだろう。資産運用もあくせくせずのんびりと行っていくつもりだ。

 さて、今週も株価は軟調で、保有の資産はマイナス幅を広げた。マイナス幅が広がったとは言え、以前に比べると値動きの幅はそれほど大きくなく、安心して見ていられる感じだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/12 (Sun) 13:00:18
「100年に1度の経済危機」の後だから
 最近のアメリカの株価はさえない値動きというか、下落基調になった感じがある。NYダウは今年になって12,000ドルを大きく超えた時期もあったが、先週末では12,000ドルを下回った。ここにきて5月の雇用統計があまりよい内容でなかったりして、経済の先行きに不透明感が増したことが原因だとも言われている。

 この数年の株価を振り返ってみると、サブプライムローン問題が騒がれ始めた後、2009年の秋にリーマンショックが起こり、これを機に株価は暴落を演じたのであるが、2010年には早くも株価は回復を始めて、このままリーマンショックを乗り切るかにも思われた。しかし、その期待は実現せず、ギリシャの財政危機問題も発覚して、株価は再び下落に転じることとなった。今年に入って株価は順調に回復してきた感があったが、経済回復の息切れ感もあって、軟調な動きが続きそうな気配が漂っている。

“「100年に1度の経済危機」の後だから”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/11 (Sat) 00:04:10
運用経過(2011年06月10日)
 福島第一原発の原子炉は、「メルトダウン(炉心溶融)」より悪い状態の「メルトスルー(溶融貫通) 」が起きた可能性があるということだ。「メルトスルー」とは融けた燃料が圧力容器を壊し外側の格納容器にまで達したことを指すようである。素人ながら事態の深刻さを感じてしまう。

 おそらくはかなり以前から「メルトスルー」が起きていることが疑われていたと思うのだが、それを隠し続けてきたことは非常に大きな問題だと思われる。確かに放射性物質が外にたくさん漏れていた非常に混乱していた中で、さらに混乱させるような情報を出すのは必ずしもよいとは言えないのだが、ここまで長い時間隠してきたことは、本当に大きな問題があると言わざるを得ないと思う。

 それにしても福島第一原発の原子炉はいつになったら落ち着くのだろうか?少しでも早く落ち着くことを願いたい。

 さて、保有の資産は今週も下げて、マイナス幅が拡大した。まあ、株価が下げた分、安く積み立てられるので、あまり残念には思っていないのだが。今週の積立は安く仕込めたと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/05 (Sun) 10:58:33
2011年夏のボーナスは?
 2011年も6月になり、夏のボーナスの時期となった。毎年この時期が近づくと、前回より上がるのか、下がるのか、ボーナスは何に使うのか?などの話題が飛び交うのだが、今年はその話題が少ないように思う。これは東日本大震災の影響で、被災した人々に配慮した結果なのだろうか?確かに被災した人はボーナスよりも、どうやって日々の生活をおくるか、どうやって元の生活に戻すか、などで頭がいっぱいであろうから、あまりボーナスの話題を控えるのは当然のことなのかもしれない。

 それはそれとして、やはり月給の数か月分のお金がもらえるボーナスはやはりうれしいものである。大部分は貯蓄するつもりであるが、一部は使って、経済の活性に少しだけ貢献し、わずかかもしれないがまわりまわって被災地にもよい影響を与えられるかもしれない。

“2011年夏のボーナスは?”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/06/04 (Sat) 01:17:55
運用経過(2011年06月03日)
 今週は内閣不信任案で騒がれた週だったが、この騒動はいったい何なんだろう?菅首相の問題もあると思うが、民主党のかなりの数の議員が内閣不信任案に賛成しようとするなど、常識では考えられない事態だと思う。同じ政党の議員が他の政党と一緒に自分たちの長を否定するなど尋常なことではないと思う。菅首相に問題があるなら、まずは民主党の議員が一丸となって協力し、菅首相を支えて、よい方向に持っていけるように努力をするべきではないだろうか?民主党の政治はまだまだ内部抗争に揺れそうであり、日本でまともな政治が行われるのは果たしていつになるのだろうか?

 その議員を選んだのは我々であり、我々も大いに反省する必要があるかもしれない。我々も文句を言っているだけではなく、もっと政治に関心を持つようにし、きちんとした政策を実行してくれる議員を選ぶようにする必要があるのだと思う。

 保有の資産は残念ながら通算損益のマイナス幅が拡大してしまった。ただ、こんなことで落ち込んでしまってはダメで、株価が下がった時でも安く積み立てられてうれしいと思えるような心の余裕を持つことが必要だと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。