プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/07/31 (Sun) 19:34:24
伊東に行ってリフレッシュ
 会社員の夏休みとしては少し早いが、伊東に行ってリフレッシュしてきた。旅行らしい旅行は2年ぶりくらいで、久々の旅行だった。伊東は関東からは2時間弱で比較的近く、移動の疲れも少なく、リフレッシュするのはちょうどよい場所だった。そんな伊東に行くのは初めてであったが、行ってみるとこじんまりとした感じの静かな場所だった。

 一番の目的は花火大会。当日の午後にかなり強い雨が降り、その時は花火は中止かとあきらめた。現に他の場所でも花火大会が予定されていたようで、いくつかは早々に中止が決定されたところがあったようだ。でも、伊東は夕方の時点で泊まったホテルで訊いたら、雨が降っても花火大会は実施するという話であり、なんとか楽しみは実現されるようだった。

“伊東に行ってリフレッシュ”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/29 (Fri) 23:58:50
運用経過(2011年07月29日)
 アメリカ国債がデフォルト?というニュースに驚いた。何かの間違いではないかと思ったら、本当にそうなってしまう可能性があるようだ。アメリカ国債の債務上限法の改定期限が差し迫っているが、議会がもめていて上限引き上げが決まらないことが原因のようだ。

 もし、アメリカ国債がデフォルトを起こすようなことになったら、とても大きな混乱が起こるだろう。ギリギリでなんとか法案が可決するだろうとの楽観的な見方があるようだが、果たしてどうなることだろうか?

 そんなことが懸念されて、株価は大きく下落している。私の保有資産も大きく下落したが、仮にアメリカ国債のデフォルトが現実のものになったとしても、いずれは解決すると思うので、それほど心配はしていない。でも、世界一の経済大国のアメリカが国債のデフォルトを起こすなんて、ちょっと想像はできないかも。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/23 (Sat) 23:52:06
「ウォール街のランダム・ウォーカー」第10版を読んで
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理

 思いもかけない早いタイミングで「ウォール街のランダム・ウォーカー」の第10版が出たが、早速読んでみた。

 第9版からは約3割ほどが新しくなったということで、以下の章の一部が変わったということだ。

 ・第4章「二一世紀は巨大なバブルで始まった」
 ・第10章「行動ファイナンス学派の新たな挑戦」
 ・第11章「効率的市場理論に対する攻撃はなぜ的外れなのか」
 ・第13章「投資家のライフサイクルと投資戦略」

“「ウォール街のランダム・ウォーカー」第10版を読んで”の続きを読む>>
投資本 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/22 (Fri) 23:40:15
運用経過(2011年07月22日)
 まだ先だと思っていたテレビのアナログ放送の終了だが、7月24日と目前に迫ってきた。私の家のテレビは地デジ対応のテレビに買い替えたのでまったく問題はないのだが、まだ地デジ対応していない家庭も少数ながらあるのではないだろうか。

 デジタル化する必要はないのではないか、デジタル化するにしてももう少し時間をかけて行うべきではないかという話もあったが、デジタル化したことでアナログに比べるときれいな映像になったし、録画操作が簡単で分かりやすくなったなどというメリットも感じており、よかったのではないかと思う。何よりもテレビの買い替え需要を起こして経済にはよい影響を与えたことも大きいと思う。

 さて、保有の資産は少し上昇し、通算損益がまたプラスになりそうなところまで回復した。先週の大幅下落の後、ずるずると下げることなく、逆にアメリカ企業の好決算発表もあって、再び上昇気配も出てきている感じだ。ただ、円高が進行しており、今後その悪影響が出てくることが心配される。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/17 (Sun) 12:30:20
2011年下期投資計画
 2011年下期の投資計画について書いてみたいと思う。

 2011年上期末のアセットアロケーションを見ると

  (1)日本株式クラス  29.94%
  (2)日本債券クラス   4.75%
  (3)外国株式クラス  52.60%
  (4)外国債券クラス  12.71%

となっており、目標のアセットアロケーションの

  (1)日本株式クラス  30%
  (2)日本債券クラス   5%
  (3)外国株式クラス  50%
  (4)外国債券クラス  15%

と比べると、ほぼ目標に近いものとなっている。

 したがってこのアセットアロケーションを維持するように今期の積立を行っていくことになるのだが、債券クラスについてはその必要性に疑問が生じていることもあり、悩ましいところもある。債券クラスについての疑問が生じるのは次のよう考え方があるからだ。

“2011年下期投資計画”の続きを読む>>
2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/07/15 (Fri) 23:59:43
運用経過(2011年07月15日)
 暑い暑いと言われるが、昨年に比べると気温の高さはそれほどでもないような気がしている。しかし、電力不足のための節電のせいか、会社の中は確かに暑く感じる。

 例年、梅雨明け前後の暑くなる頃から夏バテの症状が出るのだが、今年は不思議と夏バテの症状が出ていない。なぜかと考えたのだが、例年は会社や通勤の電車の中が寒いほどに冷房をそれほど効かせていて暑い場所との気温差が大きいのだが、今年はその気温差があまりないため、体が気温差に悲鳴をあげていないためではないかと思っている。

 夏バテは暑さよりも気温差が原因と聞いたことがあり、もしそうだとすると例年は冷房を効かせ過ぎて無駄なエネルギーを使っていたとこになる。人によって体感温度が違うので難しいと思うが、クールビズなどを推し進めて、冷房の使い過ぎを解消するのがよいと思う。

 さて、今週の株価は軟調で、保有資産は大きく下げた。アメリカのQE3に対する期待の大きさがあったが、バーナンキFRB議長がすぐにQE3を行うことに否定的な考えを示したことで、株価の下落に拍車をかけたようだ。そんな期待先行で株価が大きく動くのはあまり好ましいことではないのだが・・・。やはり投資は難しい。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/10 (Sun) 21:11:52
2011年上期運用結果
 2011年上期(半年間)の運用成績のまとめ。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \3,818,644 \3,965,017 \146,373 +3.83%

 金額で約14万円、率にして約4%のプラスとなった。半年間の運用成績としてはとてもよいとは言えないが、まずまずというところだと思う。何よりも通算損益がプラスとなって終ったところはよいと言えるのではないだろうか。

 特別によい材料があった訳ではないが、リーマンショックからの経済の立ち直りが鮮明となってきたことが株価の上昇につながったと思う。しかし、その経済の立ち直りもやはりまだ本格的なものではないという懸念も出て、株価の頭を押さえた感じとなって、小幅な上昇にとどまった。


“2011年上期運用結果”の続きを読む>>
2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(3)
2011/07/09 (Sat) 11:28:33
運用経過(2011年07月08日)
 九州電力のやらせメール問題は困ったもんだが、身内とも言える子会社社員からの告発がきっかけで明るみになったということもあり、少なからず自浄作用が働く土壌も残っているということでもあり、まだまだ世の中捨てたもんじゃないとも思った。

 それにしても原子力発電の先行きはどうなるのであろううか?拒否反応が強い一方で、原子力に変わる有力な発電方法も今のところ見つからず、原子力の必要性を感じている人も多いようだ。こんな難しい問題だからこそ、拙速に結論を出そうとせず、じっくりと時間をかけて議論していくべきなのだと思う。

 さて、今週の株価は堅調であった。アメリカ株式の堅調さに比べると日本株式は上値の重さも感じるが、震災の影響を考えると仕方がないのかもしれない。2011年の後半は比較的幸先のよい始まりだったと思えるが、この先はどうなるであろうか?株価の上昇、下落の動きを楽しんでいきたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/09 (Sat) 11:26:51
2011年下期投資状況推移
 2011年12月30日時点の投資状況は次のとおり。

 なお、リスク資産のみで安全資産(生活防衛資金)は含めていない。


“2011年下期投資状況推移”の続きを読む>>
2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/03 (Sun) 00:24:50
政府は電力使用制限令を発動
 政府は7月1日午前9時、東京電力と東北電力の管内の大規模な工場やオフィスビルに対し、電気事業法27条にもとづく「電力使用制限令」を発動した。夏の電力危機を避けるため、最大電力を昨夏より15%減らすように義務づけたもので、契約電力500キロワット以上の大口需要家が対象である。平日の午前9時~午後8時に制限をかけ、期間は東電管内は9月22日、東北電管内は9月9日まで。

 この「電力使用制限令」を受けて、サマータイムで始業を通常より1時間程度早めたり、自動車の工場などでは木・金曜日へ休日を振り替えて土日操業を始めたりしている企業が多くあるようだ。

 電力使用制限があることは以前から知っていたのだが、6月30日にテレビのニュースを見るまでは、故意に違反した場合は100万円以下の罰金が科されることや、37年前の1974年の第1次石油危機にも同様な制限令が出されていたことを知らなかった。

“政府は電力使用制限令を発動”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/07/01 (Fri) 23:28:05
運用経過(2011年07月01日)
 すでに他のblogなどでも紹介されているが、インデックス投資のバイブルとも言える「ウォール街のランダム・ウォーカー」が新しく改訂されて出たようだ。事前の噂もまったく聞こえてこなかったので、この時期に出たのは非常に意外であった。でも、調べてみると前回は2007年5月に出ていたので、既に4年も経つことになり、そんなに早いタイミングでもないなと思った。時の過ぎるのは早い!近いうちに読んでみたいと思っている。

 さて、今週の株価は大きく上昇した。ギリシャの財政再建関連法案が可決されたことなどを好感したようだ。おかげで保有の資産は通算損益がわずかながらだがプラスに転じた。今年もちょうど半分が終わるというタイミングでプラスになったのは、何となくいい感じがしている。この調子で後半も続いてほしいと思うが、果たしてどうなるか?

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。