プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/08/27 (Sat) 23:52:47
短期で儲けようと考えてなくてよかった
 このところ株価は大きく上下に動いて、下落基調を強めている。リーマンショックから2年半以上が経過し、このタイミングでリーマンショックの時のような激しい動きに遭遇するとは思ってもいなかった。

 このような株価の大きな動きにあって、中には動揺して保有資産を売却してしまった人もいるかもしれないし、また、この下落は絶好の買い場とみて買いに走ったが、タイミングが早く含み損を拡大させてしまい、落ち込んでいる人もいるかもしれない。逆にうまく安値を拾えてホクホク顔の人もいるかもしれない。

 いろいろな人がいると思うが、私は、下がったのはちょっと残念であるが、まあそんなこともあるだろう、定年する頃に株価が上がっていてくれたらそれでいいので、今の動きはそんなに気にならないというのが、負け惜しみでも何でもなく、正直なところである。

“短期で儲けようと考えてなくてよかった”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/08/27 (Sat) 01:41:26
運用経過(2011年08月26日)
 タレントの島田紳助氏が今週突然に引退を発表した。原因は暴力団との付き合いがあったということらしい。本人の話では親密な付き合いではないということだが、それなら何で引退までするのか?という疑問が残る。

 それはそれとして、島田紳助氏が出ていたテレビ番組が中止となり、CMスポンサーへの違約金などが3億円にも上るらしい。3億円というと一般サラリーマンの生涯賃金にも匹敵する金額であり、1人のタレントが辞めることで一瞬にして生じる金額の大きさに驚いた。世の中にはお金はあるところにはあるのだなとあらためて思った。

 保有の資産は長らく大幅下落が続いていたが、ようやく反発した。と言ってもわずかな反発だが。この先さらに下落することも考えられるが、あまり落ち込まず、冷静に見守っていきたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/08/20 (Sat) 23:43:12
過去の11年間を振り返って
 この時期の恒例となったが、これまで資産がどのように推移したのか、今年も振り返ってみようと思う。この11年間の資産運用は、運用がうまくいっていない悪い時期が多かったような気がするが、本当にそうなのか、あらためて見てみたいと思う。

 これまでの11年間の資産残高推移は以下。

資産残高推移(2000年07月-2011年08月)


“過去の11年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(6)
2011/08/20 (Sat) 01:54:25
運用経過(2011年08月19日)
 民主党代表選の話題が新聞等で多くなってきた。菅代表から変わることになって、少しは政治がよくなるのではないかという期待も持ち上がってくるが、代表候補の中には増税の方針を掲げている人もいて、こんな景気の悪い中で増税するなんて、何を考えているのか?と個人的には思ってしまう。

 財政再建することには大いに賛成であるが、増税だけでそれを行うには無理があり、無駄な支出を減らすことを真剣に考えなければならないのではないかと思う。やはり無駄な独立行政法人団体や公務員などに手を入れるべきではないか。

 今週も株価は乱高下した。こんなに乱高下するほど、問題のことが起こっているようには感じていないのだが、景気減速懸念はよほど大きいらしい。これだけ大きく下げてくると絶好の買い場と思わなくもないのだが、それは大きな罠である場合もあるはずだ。あまり調子に乗って買い進まず、これまで通り毎月の積立を続けるのが個人的には安心感がある。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/08/13 (Sat) 23:52:00
この乱高下の相場の中でどうするか?
 アメリカ国債のデフォルト懸念で株式市場に混乱が起こったが、それが解消されて混乱も収まると思ったら、以前にも増しての大混乱が起こり、いったいどうなっているのか?と大きな疑問に襲われている。

 そもそもアメリカ国債のデフォルトは実際に起こる可能性は低いと思われていたようだし、仮に起こったとしても、もう国債が発行できないくらいアメリカの財政が傷んでいるという訳ではないようなので、もともとアメリカ国債デフォルトの話それ自体はそれほど大きな問題ではなかったと思われる。

“この乱高下の相場の中でどうするか?”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/08/13 (Sat) 01:41:32
運用経過(2011年08月12日)
 今週も大荒れの株式市場だった。アメリカ国債のデフォルト懸念が解消して落ち着くと思われたものが、逆に荒れた動きを加速させた感じさえする。

 先週末に「CMAM外国株式インデックスe」の積み立てがあって、とっても安く買えたと喜んだのだが、今週の方がもっと安く買えたようだ。残念といえば残念だが、今週は大きく下げるばかりではなく、大きく上げる日もあったので、一日の違いであまり安く買えなかった可能性もある。

 保有の資産は、通算損益が少し前はプラスマイナスゼロの辺りを行ったり来たりしていて、安定的にプラスになるのはいつになるだろうと思っていたのに、気が付いてみるとマイナス12%まで落ち込んでいた。また出直しという感じだ。それでも、いずれプラスになるだろうと、再びその過程を楽しむことができると前向きに考えている。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/08/06 (Sat) 23:57:36
今の日本の景気はよい?悪い?
 アメリカの景気の先行きがあやしいようで、株価は大きく下げている。以前はギリシャの債務問題が気にされていたが、その問題が解決されないうちにアメリカのデフォルト懸念が起き、それが回避されたと思ったら景気が悪くなるとの懸念で、株価は今まで以上に大きく下げている感じだ。

 このようにヨーロッパやアメリカはそれぞれ問題を抱えており、日本は東日本大震災から電力不足が起きてこれまた経済に問題を抱えている。これでは世界は景気悪化の道をたどるようにも思えるが、果たしてそのようになるのだろうか?

 最近、会社の帰りや休日にお店の中を見ることが多いのだが、景気がよさそうな現象が見られた。一つは、平日の夜の20時くらいだろうか、ドラッグストアのレジには10人くらいの行列を作っていることが度々見られた。ドラッグストアは安売りを行うことが多いので、ドラッグストアが混むのは必ずしも景気がよいという訳ではないかもしれないが、少し前にはあまり見られなかった現象だ。

“今の日本の景気はよい?悪い?”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/08/05 (Fri) 23:55:30
運用経過(2011年08月05日)
 何となく大きな下落が来るのではないかと思っていたのだが、やはりやってきてしまった。ニューヨークダウが一日で500ドルを超える大幅下落となり、世界同時株安が起きた。アメリカ国債のデフォルトは回避されたが、景気の先行きがあやしいというのが理由のようだ。

 そんなに景気の先行きが悪いのか?とも思われるが、それよりも景気の回復を先取りして株価が上昇していたため、その景気の回復があやしくなったことで先行して上昇していた分がはげ落ちたと見るべきだろう。経済刺激策の催促とも見るべきかもしれないが。

 いずれにせよ、このような大きな動きに我々は抵抗することはできず、受け入れるしかない。落ち込むべきなのかもしれないが、落ち込む必要もなく、安く仕込めるとかなり楽観的に考えてしまっている。いいのか、悪いのか分からないが、長期で見ると株価は回復すると信じているので、このまま見守るつもりだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。