プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/09/25 (Sun) 00:33:13
危機管理の重要さ
 東日本大震災で起きた福島第一原発の事故だが、私はこれまで東日本大震災が想定するのが難しい規模で起こってしまったことが原因で、ある意味仕方がないことなのだろうと思っていたが、最近になってそうではないのではないかという話を聞いた。

 1つは、原発を制御する電源の話だが、この電源は1つがダメになっても大丈夫なように2重化されていたようだが、2重化くらいではまったく不十分で、外国では7重にも8重にもしているという話を聞いた。外国では制御用の電源を失ってしまうことの怖さを知っているがためのようだが、これが本当だとすると、日本の原発は一体何をやっていたのだろうと思う。

 また、このことが報道されていないところ見ると、福島第一原発以外の原発もおそらく同様に電源は2重化程度のことしかやっていないだろうから、何か大きなことが起これば福島第一原発以外の原発でも同様な事故が起こる可能性があることになる。

“危機管理の重要さ”の続きを読む>>
スポンサーサイト
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/09/23 (Fri) 08:26:40
運用経過(2011年09月23日)
 先週は回復の兆しを見せたようにも思えた株式市場であるが、それとは反対に今週はまた大きく下落した。この前の日曜日の新聞にも「今週は戻りを試す展開か?」と書かれていたようにも思うが、その予想通りにはならなかったようである。まったくもって、株価の予想は当たらないものだ。

 そんな当たらない予想を信じることなく、株価の上昇、下落とは関係なく、毎月コツコツと積み立てるやり方は、こういう時には本当に「よかった」と思える。大きく買い向かったりすると、大きな火傷をしてしまうところだったと言ってもよいだろう。

 そうはいっても、このままずるずると下げ続けるのは望むところでもない。いくら安く買えるとは言っても、下がるだけで上がらないのでは大きく損失を抱えるだけだ。そろそろ下げ止まってほしいとも思える今日この頃だ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/09/17 (Sat) 23:51:17
ギリシャ国債の利回りが大きく上昇
 ギリシャ国債の利回りが異常なほどに上昇している。9月13日の日本経済新聞にギリシャ2年国債の利回りが70%を超えたことが載っていて、とてもびっくりした。日本の2年国債の利回りは0.14%程度であり、その異常さが際立っている。

 ギリシャ国債のその後の利回りを調べてみたら、1年国債ではあるが、一時は140%台にも達し、週末は110%台となったようである。ほとんどデフォルトすることを予想する水準ではないだろうか?

 昨年2010年の5月ごろにギリシャの財政破たんが大きく騒がれ、財政再建の動きが始まっていたはずなのだが、それから1年以上も経ったのに財政再建は進まずに、破たんがいよいよ目の前に迫ってきたようにも思う。

“ギリシャ国債の利回りが大きく上昇”の続きを読む>>
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2011/09/16 (Fri) 23:38:31
運用経過(2011年09月16日)
 先週に引き続いて忙しく、今週も株価をあまり気にすることができなかった。以前はテレビ東京のモーニング・サテライトという朝のニュース番組を見ていたのだが(あまり真剣に見ていた訳ではないが)、最近は見ずに、睡眠時間確保のためにその分を睡眠時間にあてている。朝早く起きて夜早めに寝るのが省エネにも体にもよいのだろうが、それと逆行した生活になってしまい、罪悪感もある。

 株価を気にしないのはよいのかもしれないが、その分省エネにも体にも悪い生活になってしまうのは、果たしてよいのだろうか?と疑問を持ってしまう。もちろん、朝早く起きて、夜遅くまで株価を気にして寝不足になるのは最も悪いと思うが、夜遅く寝て朝遅く起きるようになってしまったのは、なんとも微妙な感じがしてしまう。

 一時は乱高下していた株価が少し落ち着いてきている感じがしているが、過去の株価を見るとブラックマンデーなどショック的な株価の暴落が起こった秋を迎えるにあたって、まだまだ乱高下する覚悟をしておいた方がよさそうだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/09/10 (Sat) 23:19:14
2011年秋の個人向け国債はキャンペーンで大盤振る舞い?
 口座を持っている(と言っても休眠口座いに近いが)野村証券からダイレクトメールが来た。2、3か月に1回は来るように思うが、今回はA4を折らずに大きな郵便物で送られてきて、ちょっと目立った。最初は内容はどうせしょうもないものだろうとあまり興味を持たなかったのだが、郵便物の大きさに気を魅かれてしまい中身を見てみた。

 そうすると社債などの広告の他に「秋の個人向け国債」の広告が入っていて、野村証券のキャンペーン内容が書いてあった。そのキャンペーン内容は新規資金での購入の場合は100万円につき3,000円の商品券がもらえるという結構いい条件で、500万円を超えると、600万円未満までは20,000円の商品券、それ以上は100万円増えるごとに4,000円の商品券が追加され、1,000万円を超えるとさらによい条件という(上限あり)、ちょっとびっくりするような条件のよいキャンペーンのようだ。もしかしたら以前からやっていたのと同様な内容かもしれないが。

“2011年秋の個人向け国債はキャンペーンで大盤振る舞い?”の続きを読む>>
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/09/10 (Sat) 01:48:26
運用経過(2011年09月09日)
 今週はプライベートなことがいろいろとあって、ほとんど株式市場のことは意識することができず、何を材料にどう動いたのか、さっぱり分からなかった。先ほど資産の時価評価額を見るために投資信託の基準価額を見たら、結構下がっていた。資産額が下がっていたのは残念ではあるが、よくよく考えてみると今週は積み立てがあったので、もしかしたら安く買えたのではないかと、ちょっとうれしくなった。

 このエントリを書いている間にアメリカ市場の株価を見ると、ニューヨークダウが300ドル近く下げており、まだまだ乱高下は続きそうである。それでもニューヨークダウは11,000ドル前後の水準であり、そんなに下がっていない感じもする。それとは反対に日経平均は9,000円を大きく割り込んでおり、株価だけを見るとちょっと深刻な気もする。企業そのものを見るとそんなに深刻さは感じられないのだが、新聞などでは企業の悲鳴が多く聞こえてきて、そろそろ限界が近いのかもしれないと思う。

 何でも困った時は政府頼みにするのはよくないと思うが、政府が日本の企業をあまり守ろうとしていないのも問題だろう。そろそろ本格的に円高を阻止することを考えたり、法人税減税を行ったりして、日本企業を支援することが必要なのかもしれない。日本企業もそれほどお人好しではないのだから。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/09/04 (Sun) 21:51:02
バンガードのチャールズ・エリス氏セミナー
 昨年、本人の体調不良により中止になったチャールズ・エリス氏セミナーが今年の10月9日に開催されることになったようだ。今回のセミナーは二部構成で、第一部がチャールズ・エリス氏の基調講演、第二部が竹川 美奈子氏・加藤 隆氏・中野 晴啓氏・モデレーター 朝倉 智也氏によるパネルディスカッション『簡単で有効な投資法とは?』とのこと。

 昨年のセミナーはたいへん楽しみにしていて、抽選に当たるかどうかドキドキしていたのだが、予想もしないセミナーの中止となってしまい、非常に残念であった。体調不良による中止ということで、体調が回復すればまた開催されるのではないかという期待と持っていたのだが、その期待通りになってうれしいところである。

“バンガードのチャールズ・エリス氏セミナー”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2011/09/03 (Sat) 23:30:23
運用経過(2011年09月02日)
 野田内閣が発足した。代表選の演説で「どじょうがさ、金魚のまねすることねんだよなあ」と相田みつを氏の詩を引用したことが取り上げられ、なかなかよいことを言うなあと思った。それなりに期待を持ったのだが、果たして、今度こそ期待を裏切らない内閣となるのだろうか?

 気になるのは、増税に積極的な姿勢を見せていること。以前は、財政再建を考えると増税もやむを得ないのかなと思ったことがあったのだが、東日本大震災が起こり、電力不足にも見舞われて企業活動が停滞しつつあり、日本全体に暗い雰囲気が漂っている中で、増税をしてしまうのは、景気に対して大きな悪影響を与えるような気がしてしまう。やはり公的な支出を大きく見直すのが先で、それでも足りないのであれば増税も仕方がないのだろうと思う。

 保有の資産は、2週連続で上昇したのだが、週末の株価を見るとまた大きく下げていて、まだまだ株価の乱高下は続きそうな気配がする。経済指標からは景気減速が否定できないようだが、経済指標から予想される景気減速と株価にはあまり相関性が見られない、というよりも経済指標から株価は予想するのは難しいという説もあるようであり、今の株価の動きは過剰反応ではないかという気もする。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。