プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2012/01/28 (Sat) 20:00:58
PRU海外債券マーケット・パフォーマー運用報告書(2011年12月12日決算)
 昨年12月12日に第11期の決算を行ったPRU海外債券マーケット・パフォーマーの運用報告書を取り上げる。このファンドは追加購入もしておらず、保有する金額も少ないので、普段はあまり気にすることもなく、保有していること自体を忘れてしまいがちである。一昨年の決算の運用報告書をblogで取り上げるのもすっかり忘れてしまっていたようだし。

 第11期(1年間)の運用成績は以下の通り。

  PRU海外債券    -2.1%
  インデックス    -1.3%

 -2.1%と悪い成績であったが、ヨーロッパの国債デフォルト懸念のことを考えると、思ったほど悪い成績ではないような気がする。でもその前の第10期が-8.5%とかなり悪い成績なので、デフォルト懸念はその前に既に織り込まれていたということだろう。

 第11期の運用成績とインデックスとの差は0.8%で、ほぼファンドにかかる信託報酬などのコストで説明がつく。運用報告書にも「概ねシティグループ世界国債インデックス(除く日本)に追随する動きとなりました」と書かれている。ただ、インデックスとの差をもっと具体的に要因別に書いてほしいところだ。

“PRU海外債券マーケット・パフォーマー運用報告書(2011年12月12日決算)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/28 (Sat) 00:29:37
運用経過(2012年01月27日)
 ギリシャに続いてポルトガル国債のデフォルト懸念が高まった。2週間前の1月13日にスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がポルトガル国債をジャンク(投機的等級)に格下げしたことで、ギリシャだけでなくポルトガルもデフォルト(債務不履行)が不可避だと思うようになったようだ。シティグループの欧州国債インデックスから同国が外されると、売りに火がついた。

 ギリシャはまだデフォルトしたわけでもないのだが、市場というのは怖いもので、それに続くターゲットを決めてしまうのだ。もちろん本当にヤバいからという場合もあるのだが。ギリシャとポルトガルの今後を冷静にみていきたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2012/01/21 (Sat) 22:53:51
引越をした
 以前引越の見積をしてもらったことを書いたが(「引越の見積はいい加減かも?」)、先日引越をした。見積もりをしてもらった時に引越の日にちを言い、ついでに希望の時間も言ったのだが、時間については極力希望を聞いてもらうということになっていた。

 引越は午前中に荷物を積み、引越先に運び、午後の早い時間に荷物を下ろし、その日の夕方までに荷物を箱から出して片づけてしまう、というのが普通のやり方だと思っていたのだが、最初に提示されたのは午後に荷物を積むというものであった。それでは引越先で荷物が片付くのが夜になってしまうので、なんとか午前中には来てほしいことを頼んであった。

“引越をした”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/21 (Sat) 00:00:47
運用経過(2012年01月20日)
 東京大学が秋入学へ全面移行すると正式に発表したが、国際化に向けて1歩前進といったところか。しかし、実施されるのは5年後ということで、ちょっと時間がかかり過ぎではないかという気もする。秋入学の話は昨年の夏に既に出ていたので、どうせやるなら2、3年後くらいかなと思っていたから、ちょっと遅い感じがする。大きく制度を変えるのには、時間がかかるのは分かるが・・・。

 これを受けて、慶應義塾大学や東京工業大学なども秋入学を前向きに考えているようで、本格的に秋入学が広まることになるのかもしれない。そうすると、大学卒業後の就職などにも影響が及ぶはずで、大学だけではなく企業にも大きな影響が出てきそうだ。

 さて、保有の資産は今週は上昇した。明るい雰囲気が出てきたような気もするが、一時的なものに終わる可能性もあり、いつものように楽観的に考えないのがよいと思っている。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/16 (Mon) 18:59:30
運用経過(2012年01月13日)
 いつもより遅れたが、1月13日時点の運用経過。

 先週は出張などもあり、株価がどうなったかほとんど見られなかったが、特に大きな動きも無かったようである。そろそろ低迷を脱出して、大きく上昇してほしい気持ちもあるが、何となく一度は下に大きく下げそうな気がする。それはヨーロッパの国債問題があるからだろうか。

 保有の資産も依然として低迷しているが、毎月の積立で着実に仕込んでおり、安いところで仕込んでいるはずと、少しだけだが喜んでいるところもある。今後大きく下げてしまうことも考えられるため、あまり喜ぶのもどうかと思うが、うれしい気持ちがあるのは正直なところだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/12 (Thu) 23:51:18
「日経ヴェリタス」の「七転び八起き」コーナーに載りました
日経ヴェリタス 2012年1月8日号
日経ヴェリタス 2012年1月8日号


 「日経ヴェリタス」2012年1月8日号の「七転び八起き」コーナーに載りました。

 私が投資を始めるきっかけとなったことから、途中でインデックス投資に切り替えたりしたことなど、これまで投資経験について本当にざっくりとまとめた内容です。取材は昨年12月の中旬にあったのですが、私の断片的な話をうまくまとめてくれたように思います。

 「日経ヴェリタス」は「七転び八起き」のコーナーの他にもたくさんの記事があるので、興味のある方は読んでみてください。

 話は変わりますが、今週末のエントリの更新は都合により行えません。来週末には更新したいと思っています。

その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/07 (Sat) 23:46:34
2012年上期投資計画
 2012年上期の投資計画について書いてみたいと思う。

 2011年下期末のアセットアロケーションを見ると

  (1)日本株式クラス  29.18%
  (2)日本債券クラス   4.97%
  (3)外国株式クラス  52.10%
  (4)外国債券クラス  13.74%

となっており、目標のアセットアロケーションの

  (1)日本株式クラス  30%
  (2)日本債券クラス   5%
  (3)外国株式クラス  50%
  (4)外国債券クラス  15%

と比べると、ほぼ目標に近いものとなっている。

 したがってこのアセットアロケーションを維持するように今期の積立を行っていくことになるのだが、債券クラスについてはその必要性に疑問が生じていることもあり、暫定的ではあるが今期は株式クラスのみを積み立てることにする。

“2012年上期投資計画”の続きを読む>>
2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(4)
2012/01/06 (Fri) 23:28:22
運用経過(2012年01月06日)
 2012年の取引が始まったが、欧米株式は比較的好調であったが、日本株式は初日は大きく上昇したものの上値の重さも感じられ、週末にかけて下落し、低調であった。上昇の期待もあったのだが、円高も心配されたのか、期待通りにはならなかった。

 相場には「辰巳天井」という言い方があり、辰年、巳年には株価は上昇して高値を付け、その後は下落に転じるという意味らしいが、過去のデータからはそのようになることが多いらしい。昨年の株価があまりよくなかった分、その反動もあって今年か来年は上昇するように思いたいのだが、仮に上昇したとしても、その上昇幅は大きくなるのか、小さくなるのか?まあ、今年もあまり期待せずに待ちたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/06 (Fri) 23:25:14
2012年上期投資状況推移
 2012年6月29日時点の投資状況は次のとおり。

 なお、リスク資産のみで安全資産(生活防衛資金)は含めていない。


“2012年上期投資状況推移”の続きを読む>>
2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/01/01 (Sun) 08:00:00
2011年下期運用結果
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今年の最初のエントリは昨年2011年の運用成績のまとめ。

 まずは、2011年下期(半年間)。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \4,244,261 \3,755,039 \-489,222 -11.53%

 金額で約49万円、率にして11%を超えるマイナスとなった。ヨーロッパの債務危機がギリシャからイタリアなどに波及して深刻になり、株価も下落したことが大きな原因だろう。それにしてもヨーロッパの債務危機は長く続いており、日本のバブル崩壊後のような長引く経済の低迷が心配される。


“2011年下期運用結果”の続きを読む>>
2011年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(4)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。