プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2012/02/25 (Sat) 23:21:34
「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)
 昨年12月12日に第5期の決算を行った「セゾン資産形成の達人ファンド」の運用報告書を取り上げる。設定時に1万円だけ買ったファンドであるが、運用報告書はきちんとチェックしたい。

 第5期(1年間)の運用成績は-10.0%と悪い成績となった。債券も組み入れている「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」とは単純に比べることはできないが、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が-6.8%なので、これと比べても悪い成績と言える。

 基準価額のプラス要因となった組入れファンドは「T.ロウ・プライス大型バリュー株式ファンド(米ドル)」だけであり、それ以外はあまり影響を与えなかったか、マイナス要因となったものだ。

“「セゾン資産形成の達人ファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)”の続きを読む>>
スポンサーサイト
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/25 (Sat) 00:14:48
運用経過(2012年02月24日)
 株価が上昇してきて、日経平均でいうと1万円回復も時間の問題だと思っていたが、一方ではPERなどは割高な水準まで上昇してきているという話もあり、このまま上昇し続けるとはいかない感じもする。

 日経平均の1万円回復には、企業収益のさらなる向上が必要なようで、特に今期悪い予想の総合電機の回復が必須のようにも感じる。まあ、円安が進めば、輸出比率の高い企業には大きな追い風になるが。

 保有の資産は通算損益が-0.45%というところまで回復してきた。今週プラス転換するかと思ったのだが、あともう少し足りなかった。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/18 (Sat) 23:32:41
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)
 昨年12月12日に第5期の決算を行った「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を取り上げる。この運用報告書は毎年1月終わりか2月初めの日曜日に届いており、休みの日にじっくりと読んでもらおうとの意図が感じられる。

 さて、運用成績だが、-6.4%とマイナスの悪い成績であった。ただし、このファンドはインデックスファンドを組み入れたファンドなので、インデックスにきちんと連動出来ていることが重要だ。組み入れられている各ファンドはインデックスにほぼ連動出来ているようで、問題はなさそうだ。

“「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」運用報告書(2011年12月12日決算)”の続きを読む>>
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/18 (Sat) 01:33:11
運用経過(2012年02月17日)
 オリンパス前社長の菊川氏が逮捕された。マイケル・ウッドフォード氏が社長を解任された時には、外国人が何か日本のやり方と合わないことをやろうとして解任されたのだなと思ったのだが、その後間もなく会社側の損失隠しが明らかとなり、マイケル・ウッドフォード氏の評価はまったく180度変わった。

 オリンパスは上場廃止も噂されたが、上場維持の方向で、純資産は大きく目減りしたものの債務超過にはならず、今回の菊川氏の逮捕で、悪材料は出尽くしたようにも思える。これからはコンプライアンス、経営の立て直しをはかって、立ち直ってほしいと思う。

 日本株式は大きく上昇し、明るい雰囲気が出てきた。私の保有の資産も通算損益が-2%まで戻ってきた。元本回復までもう少し。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/11 (Sat) 17:30:00
毎年恒例の「<日経マネー>2012年個人投資家調査」
 毎年この時期に恒例となった「<日経マネー>個人投資家調査」が行われている。調査項目は最大で97問で回答には30分程度の時間がかかるようなので、時間のとれる時にどうぞ。

<5万円の商品券が当たる!日経マネーアンケート募集中>
マネー月刊誌・日経マネーが、個人投資家を対象に運用実態に関するアンケート調査を実施中です。募集期間は2月10日~2月20日深夜まで。回答者の中から抽選で1名に5万円、5名に1万円、10名に5000円の商品券、50名に500円の図書カードなどをプレゼント。ご回答はこちらから。



その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/10 (Fri) 22:43:23
運用経過(2012年02月10日)
 2月に入り株式市場も少しずつ上昇してきたようで、日経平均は一時9,000円を回復した。アメリカのニューヨークダウは13,000ドルに迫るところまで上昇し、3年9か月ぶりの高値を更新したということだ。以前はニューヨークダウも一時1万ドルを割り込むこともあったのだが、日経平均は未だに1万円を回復できておらず大きく出遅れている。

 日本株式が大きく出遅れているのは、いろいろと原因はあろうが、よく分からない。円高が大きく影響しているような気もするが、それだけではないだろう。日本の人口減少、経済の低成長などもあると思うが、既に海外に出て稼いでいる割合も増えており、これといった原因は思いつかない。

 それはそうと、保有の資産は約-5%というところまで回復してきた。今年はどこまで回復するのか。楽しみにしている。逆にまた下がるかもしれないが。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/05 (Sun) 08:09:11
東証で241銘柄が一時取引停止
 2月2日に東証で241銘柄の取引が一時停止された。システムトラブルで、証券会社などに株価や注文数などを配信するサーバーの1台が故障したが、予備のサーバーに自動で切り替わらなかったことが原因だったようだ。

 システムトラブルによる取引停止はもう何度も起こっており、また起きたか、という感じもした。今回の障害は、過去のトラブルを教訓に開発された最新システムでも起きてしまったという意味でより深刻だという見方もあるようだ。

“東証で241銘柄が一時取引停止”の続きを読む>>
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2012/02/04 (Sat) 00:39:50
運用経過(2012年02月03日)
 電機メーカーの業績が大きく悪化している。NEC、ソニー、シャープ、パナソニックなど日本を代表する会社が数千億の赤字に陥ることになった。パナソニックに至っては、2009年3月期に日立製作所が約7880億円もの赤字になったが、この赤字額に迫る赤字となるということだ。

 その2009年3月期に大赤字となった日立は逆に今期は底堅い業績となる模様で、明暗が大きく分かれることになる。これも以前の大赤字の時に構造改革を行って事業の見直しを行った結果だろう。わずか数年の間にこうも大きく変わるとは、世の中分からないものだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2012年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。