プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2013/08/30 (Fri) 23:18:17
運用経過(2013年08月30日)
 シリア情勢が緊迫してきている。シリアのアサド政権軍によって化学兵器が使用された可能性が強くなったことを受けて、アメリカ軍の攻撃が現実的になってきた。

 化学兵器の使用は一度に大量の人を殺せるので、非常に悪いことだとは思うのだが、化学兵器ではない兵器でもたくさんの人を殺すことは可能で、現にシリアではそれまでもたくさんの人を殺したとも言われており、化学兵器にスポットを当てるのはちょっと違和感も感じる。そうは言っても、一度にたくさんの不幸な人を発生させてしてしまう化学兵器を使ってはいけないことは確かだ。

 これにより株価は大きく下げたが、一方的に下げるという感じではなく、下げている中でも落ち着いた動きだと思う。悪材料にも過敏に反応せず、市場環境は以前に比べるとよくなったということだろう。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

スポンサーサイト
2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/08/23 (Fri) 23:13:01
運用経過(2013年08月23日)
 お盆休みも終って私個人はすっかり仕事モードの生活に戻ってしまい、お盆休みはもうかなり前のことだったかのような気さえする。お盆休みは鬼怒川まで行ってきたが、観光客と思われる人はそれほど多くない感じで、一昔前の観光地という感じがしてしまった。もっとも、この辺は秋の紅葉がよさそうで、紅葉の時期にはものすごく混雑するのかもしれない。

 株価の方はさえない動きだ。アメリカの金融緩和縮小の噂が効いているようだが、金融緩和を縮小するのは経済を過熱させず、景気のよい時期を長続きさせようとするために行うものであろうから、長期的にはよいことだと思うのに、株価が下がるというのはちょっと違和感も感じる。投資家の多くは短期的な利益しか考えていないのだろうか?そんなことはないと思いたい・・・。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/08/16 (Fri) 22:11:55
運用経過(2013年08月16日)
 プロ野球楽天の田中将大投手が21連勝のプロ野球新記録を打ち立てた。1951~1952年の松田投手(巨人)、1958年の稲尾投手(西鉄)以来の記録更新だ。高校野球では斎藤祐樹投手と争い、花があるように見えた斎藤祐樹投手よりも田中将大投手は上だとも言われていたのだが、まさにそれを証明するかのような活躍だ。

 一方、株価は大きく上下落を続けた。日本株式はひと頃よりは上昇したものの、低空飛行を続けている感じだ。アベノミクスでさらなる上昇を期待されながらも上値を抑えられている。今年は既に上昇したので、これ以上の上昇は難しいのだろう。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/08/15 (Thu) 23:20:12
過去の13年間を振り返って
 毎年このエントリを書いて思うのだが、積立投資を始めて10年以上も過ぎ、時日の経つのは本当に早いものだなあと感じる。

 このエントリはITバブルの崩壊で運用成績が大きく落ち込んだ後、見事に回復した2007年から書いている。2007年の時にはこの後は順調に上昇するはずだと思って書いたのだが、そのようにはならず、サブプライムローン問題、リーマンショックで再び大きく落ち込むことになってしまった。幸いにも昨年終わり頃からの急上昇でプラス圏になり、プラス幅は40%前後まで来ていて、ITバブル崩壊、サブプライムローン問題、リーマンショックで大きく落ち込んだのは、今となってはいい思い出だ。

資産残高推移(2000年07月-2013年08月)


“過去の13年間を振り返って”の続きを読む>>
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(7)
2013/08/09 (Fri) 23:06:19
運用経過(2013年08月09日)
 8月8日(木)の16時頃に緊急地震速報が流れたが、結果的に誤報であった。仕事中であったが、私の携帯電話の他に周りの人の携帯電話も一斉に鳴り出し、何かが起こる!と感じさせるものであった。幸いにも、震度1にも満たないような地震で終わり、東日本大震災のようなことにはならず、よかった。

 この緊急地震速報の誤報のせいで、新幹線は一時止まり、その他のJRや私鉄なども一時混乱に陥ったようで、とんだ災難だったところもあったようだ。

 今回のことで、地震予知の難しさを感じるとともに、しっかりと確立されていない技術や情報をどう役立てるのかは本当に難しいとあらためて思った。

 日本の株価はまた大きく乱高下している。夏休みで株式の売買高が減っていて、少しの売り買いが相場に大きく影響を与えているところもあるようだが、ちょっと動き過ぎではないかと感じる。もう少し落ち着いた動きになってほしいところだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(10)
2013/08/02 (Fri) 23:35:44
運用経過(2013年08月02日)
 日本企業の4-6月期の決算発表が始まっているが、よい内容の決算もあるのだが、思ったほどよくない印象だ。景気回復時だと大幅増益、最高益更新、などという表現が目立つのだが、そんな表現はあまりお目にかかっていない。円安などの影響で原材料価格が上がってしまい、減益となる企業も目にする。

 アメリカのNYダウは最高値を更新したが、日経平均はバブル時の4万円はおろか2006年に付けた2万円にも大幅に足りない。日本企業の株価はもう過去のようには戻れないのかもしれない・・・。

 そう思ってもそのようになるとも自信を持てず、一部は日本株式に、それ以外は外国株式などに分散投資している訳だ。これでよいのか、悪いのかも自信を持てないが、それ以外の自信を持てる方法も見つからず、分散投資を続けている。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。