プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2013/11/29 (Fri) 23:26:29
運用経過(2013年11月29日)
 主要生命保険9社のうち5社が、長らく苦しめられた逆ザヤから解消されたとの報道があった。この逆ザヤで破たんした生保もあったので、逆ザヤの解消はとてもよいことだと思う。自分の死亡に備えて生命保険に入ったが、その生命保険会社が死亡(破たん)してしまっては元も子もないから。

 私は生命保険に入っているが、予定利率が高い時期に入ったので、生命保険会社としてはおそらく逆ザヤだろう。配当金も長らく付いておらず、今回の報道のように逆ザヤが解消されていれば配当金も付く可能性があり、加入者にもメリットがある。

 株価の方は上昇したが、イマイチ力強さに欠ける感じがする。力強さがない分、また下げるのか、それともじわじわと上昇するのか、先のことはやはり分からない・・・。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

スポンサーサイト
2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/24 (Sun) 17:27:15
「BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)」2014年1月号に掲載された
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2014年 01月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2014年 01月号 [雑誌]

 2013年11月25日発売の「BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ)」2014年1月号に掲載された。この号の特集記事である「いまの貯金額で将来、大丈夫?「給料+副収入」で毎月40万円を貯蓄するお金に困らない人の手法」の中で紹介されている。こういう雑誌などの記事は派手なものばかり載せがちであるが、積立投資という地味な方法も載せているところは好感が持てる。

 大きな金額を稼いでしまう派手な副業もあるが、それは誰にでもできるものではなく、根気と粘り強い忍耐力があれば誰にでもできると思われる積立投資は、非常に地味ではあるが、それなりに効果を発揮する可能性の高い方法だと思う。この方法も投資なのでリスクがあり、確実に利益を上げられる方法ではないので、その点は注意してほしい。

その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/22 (Fri) 23:18:09
運用経過(2013年11月22日)
 クリスマスに向けていろんな場所でイルミネーションが出現してきている。私の勤める会社が入っているビルにもクリスマスツリーのイルミネーションが飾られ、とてもきれいだ。立ち止まってスマホや携帯で写真を撮る姿をよく見かける。

 株価は今週は上昇したが、大きく上昇したというよりも伸び悩んだという印象が強い。NYダウは最高値を更新、日経平均は5月に付けた年初来高値に迫ってきた。ただ、日本株式は5月の年初来高値を付けた後は急激に下落したので、今回もそうなる可能性もあり、楽観的にはなれないだろう。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/20 (Wed) 21:52:00
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」
 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」に投票した。投票しようと思いながら延ばし延ばしになっていたが、なんとか締め切りギリギリ投票した。

 投票したのは以下の3ファンド。理由はどれも長期投資で重要なコストの低さがよいと思ったこと。「(3)SBI-EXE-i先進国株式ファンド」の実質コストはまだ判明していないが、期待値を含めての投票。

  (1)バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
  (2)ニッセイ日経225インデックスファンド
  (3)SBI-EXE-i先進国株式ファンド


その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/16 (Sat) 00:00:10
運用経過(2013年11月15日)
 今週は株価がいい感じで上昇した。NYダウは最高値を更新し、日経平均は今年5月以来の15,000円台を回復した。特に日経平均は今週だけで1,000円以上も上昇した。次期議長に指名されたイエレン氏が米量的金融緩和策の早期縮小に慎重な姿勢を表明したことや、円安が進行し1ドル100円を超えたことなどが好感されたようだ。

 特に日本株式はこの調子で上昇し続けるのか、5月の時のようにまた大きく下げるのか、それは分からないが、来年には再び上昇するように、少なくとも足場を固めてほしいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/09 (Sat) 00:09:02
運用経過(2013年11月08日)
 欧州中央銀行(ECB)が政策金利を現行の年0.5%から0.25%引き下げ、過去最低の0.25%とした。専門家の間ではいずれ利下げが行われると予想されていたようだが、リーマンショックから5年も経ち、その傷からも立ち直りつつあると個人的には感じていたので、今回の利下げには驚いた。

 日本のバブル崩壊後に非常に長い期間に渡って経済が低迷したことを参考にしたとも思われるが、非常に大胆な行動だと思った。日本もさらなる金融緩和が噂されるが、思い切った政策でデフレ解消、経済成長に一役買ってほしいと思う。

 そんな利下げもあったが、今週の株価は世界的に低調だった。まあ、のんびり見守っていきたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2013/11/01 (Fri) 23:54:59
運用経過(2013年11月01日)
 日本株式の株価は上に抜けられず、さえない動きが続いている。少し前に2年連続で数千億円にもおよぶ巨額の赤字を出したパナソニックは最終利益が1693億円の黒字と中間期としては過去最高を更新するなど、意外にもよい決算もあるが、下方修正する企業も目立ち、企業によって大きく違うところが日本株式全体ではさえない原因かもしれない。

 ところで、11月に入り、今年も残すところ2か月となった。今年はこの先もさえない動きが続きそうな感じもするが、毎月の積み立てが高値で買わなくて済むと思って、よい方に考えたいと思う。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。