FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/02/08 (Sat) 08:30:00
SPGアメックスカードの魅力
 今回は資産運用とは関係ない話題なので、興味のある方だけお読みください。しかも少し長文です。

 以前書いた記事「SPGアメックスカードの収支(2019年)」で書いたようにSPGアメックスカードで結構大きな得ができたことを書いた。このクレジットカードは宿泊を伴う旅行に行く人に威力を発揮するものであるが、あらためてSPGアメックスカード魅力について書きたいと思う。

 SPGアメックスカードはスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの略称で、アメリカン・エキスプレス社が発行するマリオットとの提携のクレジットカードだ。マリオットはマリオットブランドのホテルだけではなく、ザ・リッツ・カールトン、シェラトン、ウェスティンなどでもホテルを展開しており、世界最大のホテルチェーンだ。



 SPGアメックスカードはアメックスのカードであるが、クレジットカードを使った時に付与されるポイントはアメックスカードのポイントではなく、世界的にホテルを展開しているマリオットの会員制度Marriott Bonvoyポイントとなる。Marriott Bonvoyポイントはマリオットグループのホテルの宿泊に利用できたり、飛行機のマイルに変えることができる。

 まず、SPGアメックスカードの最大の魅力は、マリオットの会員制度Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格を得られることだ。Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格は、通常、年間25泊以上の宿泊を達成した場合に付与されるものであるが、SPGアメックスカードを作るだけでMarriott Bonvoyのゴールドエリート資格が得られる。

 Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格を得ると、Marriott Bonvoy参加のホテルに宿泊した時に部屋がアップグレードされたり、チェックアウトを14時まで延長できたりする。当然、アップグレードやチェックアウト時間延長は空室状況によるので、必ずされるものではないが。

 SPGアメックスカードを使用した場合のポイントは、SPGアメックスカード利用額100円当たりMarriott Bonvoyの3ポイントになる。大体の場合、Marriott Bonvoyの3ポイントで1マイルに交換でき、SPGアメックスカード利用額の1%のマイルに交換できる。

 Marriott Bonvoy参加のホテルに宿泊した場合は、付与されるポイントが大幅に増える。宿泊費(税、サービス料を除く)に対して1米ドルあたり12.5ポイント(これは通常会員の25%増し)と、SPGアメックスカード利用額に対して100円当たり6ポイント(これは通常のSPGアメックスカード利用額100円に対して3ポイントの2倍)とが付与される。つまり、Marriott Bonvoy参加のホテルに宿泊した場合は、1米ドル110円とすると、ホテル宿泊費の約15%のポイントが付くことになる。1ポイント当たり0.67円とするとホテル宿泊費の約10%の価値のポイントが付くことになる。さらにウェルカムギフトとして250ポイントまたは500ポイントも付与される。

 あと、大きいのは2年目以降SPGアメックスカードを継続すると、1泊の無料宿泊ができる。この無料宿泊はMarriott Bonvoy参加のすべてのホテルではないが、Marriott Bonvoyの50,000ポイント以内で宿泊できる部屋に利用できる。この無料宿泊だけでSPGアメックスカードの年会費34,100円(消費税10%込み)を回収できるとみてよいかもしれない。注意点はSPGアメックスカードを作った初年度はこの無料宿泊は付かないことだ。代わりに初年度はカード作成後3か月間で10万円を使うと入会特典として30,000ポイントがもらえる。

 他にも旅行で役立つメリットがいくつかある。その1つは保険だ。海外旅行の場合、自動付帯(旅行費用をSPGアメックスカードで決済しなくても)で死亡保障や疾病保障が付き、この保障は本人だけではなく家族にも付く。利用付帯(旅行費用をSPGアメックスカードで決済した場合)だと保障額が大きくなる。私は過去の海外旅行先で医者にかかったことがあり、疾病保障は重要だと思っている。

 旅行保険では他に航空便が4時間以上遅延した時に最高2万円まで食事代などを補償してくれたり、ロストバゲージの場合に最高2万円まで衣料品などの購入を補償してくれたりする。あと、急な出張などで旅行をキャンセルすることになった場合は最高10万円まで補償があるようだ。

 さらに海外の旅行先で困ったことが起きた場合に、フリーダイアルやコレクトコールで日本語で問い合わせができるサービスがある。外国語で交渉したりするのは非常に難しいので、日本語で問い合わせできるのは非常に安心できる。

 これだけのメリットを備えておきながら、一つ無いものがある。それは海外の空港のラウンジを利用できるプライオリティパスが付いていないことだ。それを補って余りあるサービスがあるとも言えるので、プライオリティパスまで欲張ってはいけないと思う。

 このような私がよいと思ったSPGアメックスカードの主なメリットを以下にまとめてみた。

SPGアメックスカード(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)の主なメリット(2020/2/8時点)
分類 内容
SPGアメックス Marriott Bonvoyゴールドエリート資格取得
初年度のみ入会後3ヶ月以内にカードで合計10万円以上利用でMarriott Bonvoy 30,000ポイント獲得
2年目以降の継続で除外日なしの無料宿泊特典(Marriott Bonvoy 50,000ポイント以内の部屋に宿泊できる)
カード利用金額100円につきMarriott Bonvoy 3ポイント獲得(一部例外あり)
Marriott Bonvoy参加ホテルに宿泊の場合はカード利用金額100円につきMarriott Bonvoy 6ポイント獲得
主に国内29空港の空港ラウンジを利用可能(同伴者1名まで可能)
航空便が4時間以上遅延した場合に臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償(最高2万円)
急な出張で海外旅行に行けなくなった場合などのキャンセル費用などの損害を補償(キャンセル・プロテクション)(年間最高10万円)
手荷物の到着遅延や紛失などにより負担した衣類や生活必需品の購入費用を補償(遅延2万円、紛失4万円)
海外旅行 死亡保障(利用付帯 本人1億円 家族1,000万円、自動付帯 本人5,000万円 家族1,000万円)
海外旅行 障害・疾病保障(利用付帯 本人300万円 家族200万円、自動付帯 本人200万円 家族200万円)
海外旅行先でのレストランのご予約や医療機関の紹介などに、24時間日本語でサポート(オーバーシーズ・アシスト)
購入した商品の破損・盗難などの損害を補償(ショッピング・プロテクション)(購入90日以内、年間最高500万円)
購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合に補償(リターン・プロテクション)(購入90日以内、1商品最高3万円、年間最高15万円)
カード会員専用高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジ」利用可(同伴者3名様まで)
Marriott Bonvoyゴールドエリート資格 空室状況によりエンハンスドルーム(より良い部屋)へのアップグレード
空室状況によりチェックアウト時間を14時まで延長
Marriott Bonvoy参加ホテルに宿泊で利用金額1米ドルにつきMarriott Bonvoy 12.5ポイント獲得(通常会員資格に比べて25%増し)
Marriott Bonvoy参加ホテルに宿泊でウェルカムギフトとしてMarriott Bonvoy 250または500ポイント獲得
Marriott Bonvoyポイントを40社以上の航空会社のマイルに移行可能(多くの場合はMarriott Bonvoy 3ポイントにつき1マイル、まとめてMarriott Bonvoy 60,000ポイントをマイルに交換する場合はMarriott Bonvoy 15,000ポイントのボーナスポイント獲得)
アジア太平洋地域のMarriott Bonvoy参加レストランおよびバーの飲食代金が15%オフ

 SPGアメックスカードを作るにはカード保有者などから紹介を受けて作ると少しだけ得をする。SPGアメックスカードを作って3か月以内に10万円以上利用すると30,000ポイントもらえるのだが、紹介を受けてSPGアメックスカード作って3か月以内に10万円以上利用すると36,000ポイントもらえる。もし、紹介者がいない場合は私から紹介してもいいので、「SPGアメックスカード-紹介依頼」から問い合わせをしてもらいたい。

SPGアメックス | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • 松井証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXISなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。販売会社が受け取る信託報酬の一部(0.3%を超える分)を返してくれる「毎月現金還元サービス」が特徴的。(2020/9/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他