FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/02/15 (Sat) 08:30:00
ポーランド旅行(2019年8月)その1
 今回からしばらくの間は資産運用とは関係ない記事なので、興味のある方だけお読みください。

 2019年8月にポーランドに旅行に行ったのだが、12回に分けて書こうと思っている。

 まずはその準備について。

 この数年、年に1回、だいたい夏であるが、海外旅行に行っているのだが、ツアーではなく、飛行機もホテルも自分で予約して行っている。まずは飛行機の予約であるが、今回はいつもより早く、年が明ける前に予約しようと思った。それは早い方が料金が最安ではないかもしれないが、安い方であるとの期待と、座席がよいところを抑えたいとの理由からである。



 ポーランドというとLOTポーランド航空でワルシャワまでの直行便が出ている。でも、調べた2018年12月時点ではLOTポーランド航空のチケットはそれほど安くはなかった。安くて、時間が多くかからない飛行機会社というと、アエロフロートロシア航空があったのだが、あまりよくない評判を聞いていたので、最初は選択肢から外していた。

 しかし、いろいろと調べてみると、アエロフロートロシア航空は最近はそれほど悪くないという評判が出てきており、また2019年春から成田-モスクワ便でB777-300ERが投入され、コンフォートクラス(プレミアムエコノミー)が新設されるとのニュースが見つかった。コンフォートクラスの機内食はメインディッシュがビジネスクラスと同じとのこと。コンフォートクラスの料金はエコノミークラスと比べると格段に高い訳ではないことが分かり、アエロフロートロシア航空にすることに決めた。

 日本からポーランドのワルシャワまでの時間は、LOTポーランド航空の直行便だと11時間強に対して、アエロフロートロシア航空だと乗り継ぎ時間約2時間を入れて約14時間。他の飛行機会社だと乗り継ぎ時間を入れて16時間以上かかるところが多く、アエロフロートロシア航空は比較的短い時間で行けることが分かった。また、アエロフロートロシア航空はコンフォートクラスでもLOTポーランド航空のエコノミークラスよりも安かった。

 その次はホテルの予約。観光は首都ワルシャワと、日本の京都に例えられるクラクフを考えていた。外国のホテルというとどのホテルがよいのかよく分からず、メジャーなインターコンチネンタル、マリオットなどが安心できる。これらのホテルは料金が多少高いのであるが、ワルシャワではインターコンチネンタルとマリオットがあり、前半の宿泊はインターコンチネンタル、後半の宿泊はマリオットにした。

 クラクフではマリオットなどのホテルではなく、アパートメントホテルのApartamenty Bonerowskaというところにした。アパートメントホテルにしたのは、何といっても広い部屋があることで、過去の旅行では狭い部屋ばかりに宿泊していては何となくだが疲れが取れない感じがすることが多かったので、今回は広い部屋にすることにした。Apartamenty Bonerowskaのエグゼクティブ アパートメントは広さが63平米もあり、かなり広い。

 飛行機とホテルの他には必要により観光スポットの予約もしておく必要があるが、それは次回に。

ポーランド旅行(2019年8月) 目次
項目 内容
ポーランド旅行(2019年8月)その1 飛行機、ホテルの準備
ポーランド旅行(2019年8月)その2 観光スポットの準備
ポーランド旅行(2019年8月)その3 準備段階での小さな不運
ポーランド旅行(2019年8月)その4 往路、インターコンチネンタル ワルシャワ
ポーランド旅行(2019年8月)その5 1日目 インターコンチネンタル ワルシャワのラウンジ、キュリー夫人博物館、ポンチキ、ワルシャワ旧王宮
ポーランド旅行(2019年8月)その6 2日目 ワジェンキ公園、ワジェンキ水上宮殿、クラクフへ移動、Apartamenty Bonerowska、Starkaでの夕食
ポーランド旅行(2019年8月)その7 3日目 ヴィエリチカ岩塩抗、聖マリア教会
ポーランド旅行(2019年8月)その8 4日目 アウシュビッツ強制収容所博物館
ポーランド旅行(2019年8月)その9 5日目 オスカー・シンドラー工場博物館、ヴァヴェル城、ポンチキ
ポーランド旅行(2019年8月)その10 6日目 ワルシャワへ移動、ワルシャワ・マリオット・ホテル、Rozanaでの夕食
ポーランド旅行(2019年8月)その11 7日目 ワルシャワ・マリオット・ホテルの朝食、復路
ポーランド旅行(2019年8月)その12 ポーランド旅行を振り返って
旅行 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • 松井証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXISなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。販売会社が受け取る信託報酬の一部(0.3%を超える分)を返してくれる「毎月現金還元サービス」が特徴的。(2020/9/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他