FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/02/22 (Sat) 08:30:00
ポーランド旅行(2019年8月)その3
 今回の旅行では小さな不運がいくつかあった。

 その一つがホテルの予約である。飛行機の予約をした後すぐにホテルの予約もしたのだが、日程の変更や、もっとよさそうなホテルが見つかったら変更できるように、すべてのホテルの予約はキャンセル可能な予約にしていた。

 だが、Apartamenty Bonerowskaは予約直後にクレジットカードにチャージされていた。これまでの経験では現地決済のキャンセル可能な予約は、予約直後にクレジットカードにチャージされることはなかった。



 それで不信に思い、予約したホテル予約サイトに問い合わせたところ、システムの問題があり、キャンセル不可の予約として処理されてしまっているとのこと。キャンセルした場合は当然キャンセル料はかからないようにしてくれるとの回答であった。

 しかし、現地決済であるにも関わらず予約直後にチャージされていること、さらに問題は外貨ではなく円貨でチャージされていることには大きな疑問が残った。通常はクレジットカードに外貨でチャージされ、クレジットカード会社で円貨に換算されるのだが、クレジットカードに直接円貨でチャージされていて、円換算の為替レートを計算してみると、かなり割高な為替レートであったのだ。

 これについて予約したホテル予約サイトに問い合わせたところ、チャージする時期などはホテル側に決める権利があり、直接円貨でチャージされているのは、クレジットカードの問題で、ホテル予約サイト側には問題がないと言うばかりであった。この件で何度もメールでのやり取りをしたのだが、最終的に割高な為替レート分を補填するクーポンをもらうことで決着した。

 もう1つが飛行機のキャンセルであった。出発の1か月前だったと思うがアエロフロートロシア航空からメールが届いた。メールは日本語ではなくロシア語と英語。ロシア語は全く分からないので英語の方を読んでみると、帰りのワルシャワ-モスクワの飛行機がキャンセルになるとのこと。理由は特に書いていなかった。

 キャンセルになった便を別の便に振り替えてもらう必要があるが、コールセンターにコンタクトするようにと書いてあったが、英語で会話する自信はない(後でわかったが、日本語での対応もしてもらえるようだ)。その前に振り替える適当な便があるかどうか分からない。アエロフロートロシア航空のWebサイトで調べたら、予約していた便の約3時間前にワルシャワ-モスクワの便があることが分かった。約3時間前というと当日はかなり早くホテルを出る必要があり、またモスクワでの乗り継ぎも6時間近くの時間が出てしまう。それ以外というと他社便を探す必要もあり、他社便に振り替えてくれるかも分からない。仕事の関係もあり日程を変更するのは避けたいので、約3時間早い便に振り替えてもらうしかなさそうだ。

 そんなことを調べて、アエロフロートロシア航空のコールセンターに連絡を取ろうと思ったら、アエロフロートロシア航空からメールが届いて、約3時間早い便に振り替えたとのこと。これで無事に帰ってこられるが、朝早く出発しなければならないこと、乗り継ぎに6時間近くもかかってしまうことがあり、気の重さが残ることになってしまった。

ポーランド旅行(2019年8月) 目次
項目 内容
ポーランド旅行(2019年8月)その1 飛行機、ホテルの準備
ポーランド旅行(2019年8月)その2 観光スポットの準備
ポーランド旅行(2019年8月)その3 準備段階での小さな不運
ポーランド旅行(2019年8月)その4 往路、インターコンチネンタル ワルシャワ
ポーランド旅行(2019年8月)その5 1日目 インターコンチネンタル ワルシャワのラウンジ、キュリー夫人博物館、ポンチキ、ワルシャワ旧王宮
ポーランド旅行(2019年8月)その6 2日目 ワジェンキ公園、ワジェンキ水上宮殿、クラクフへ移動、Apartamenty Bonerowska、Starkaでの夕食
ポーランド旅行(2019年8月)その7 3日目 ヴィエリチカ岩塩抗、聖マリア教会
ポーランド旅行(2019年8月)その8 4日目 アウシュビッツ強制収容所博物館
ポーランド旅行(2019年8月)その9 5日目 オスカー・シンドラー工場博物館、ヴァヴェル城、ポンチキ
ポーランド旅行(2019年8月)その10 6日目 ワルシャワへ移動、ワルシャワ・マリオット・ホテル、Rozanaでの夕食
ポーランド旅行(2019年8月)その11 7日目 ワルシャワ・マリオット・ホテルの朝食、復路
ポーランド旅行(2019年8月)その12 ポーランド旅行を振り返って
旅行 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • 松井証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXISなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。販売会社が受け取る信託報酬の一部(0.3%を超える分)を返してくれる「毎月現金還元サービス」が特徴的。(2020/9/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他