FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/04/18 (Sat) 08:30:00
経済と命のどちらが大事かと言ったらそれは・・・
 緊急事態宣言が出され、一部の店には休業要請が出されたが、先週末の商店街には通常の日と変わらないくらいの人出があったようだ。私も近くのスーパーに買い物に行ったのだが、結構な人出で驚いた。

 また、テレビのニュースを見ると、休業要請など出されては店は立ち行かない、経済支援が少な過ぎるなどの声が多く聞こえてきた。国や都道府県の自粛要請などに大きな不満があるようだ。お店を経営している人にとっては死活問題だと思うが、ん~、文句を言うのがいいのかなと感じた。



 今はまず新型コロナウイルス感染拡大を防ぐことを一番に考えるべきだと思う。これを実現するために、国や都道府県は緊急事態宣言や自粛要請を出しているはずだ。それを批判して何がよくなるのだろうか?批判し、緊急事態宣言や自粛要請を無視すれば、確実に新型コロナウイルスはもっともっと広がるだろう。

 専門家の試算では、人と人との接触を8割減らすことで、対策が長引くことを避け、社会や経済へのダメージを最小限に抑えることができるとのことだ。逆に言うと、人と人との接触を8割まで減らせなければ、対策が長引き、社会や経済へのダメージも広がるということだ。

 この専門家の試算を知らない人がいるのかもしれないが、この試算を信じれば、緊急事態宣言や自粛要請を批判したりはできないと思う。経済と命のどちらが大事かと言われれば、それはもちろん命だろう。命を守るために、経済へのダメージを最小限にするために、不要、不急の外出は避けようとしているのだ。

 日本はまだイタリアやアメリカのように新型コロナウイルス感染者が増大していないから、経済的なことを優先するようなことを言ってしまうのだと思う。日本でも、緊急事態宣言や自粛要請が出ている中で安易に外出しては、イタリアやアメリカのように新型コロナウイルス感染者が増大し、医療崩壊につながってしまうと思う。

 イタリアやアメリカも感染爆発のちょっと前には今の日本と同じような状況だったとの話も聞く。日本でもイタリアやアメリカと同じように感染爆発が起こるかもしれないのだ。日本も感染爆発の道に突き進んでしまうかもしれないのだ。日本だけ特別である可能性は低いのだ。

 感染爆発が起こらないように、辛いとは思うが、安易な外出を避け、新型コロナウイルスに立ち向かおうではないか。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他