FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2020/05/16 (Sat) 08:30:00
経済的にもたないのだろう
 5/6までであった緊急事態宣言が5月末まで延長されていたが、一部地域を除いて解除された。新型コロナウイルス感染者がまだ相当数出ている中で、緊急事態宣言の解除は早いのではないかと思うのだが、2か月間近くの緊急事態宣言は長く、これだけ長い期間、経済が停滞してしまうと、経済的にもたないのだろうと思う。

 経済と命のどちらが重要かと言えば命だと思うが、経済的に立ち行かなくなって自殺に及んでしまう人もいるため、実際のところはどちらも重要だということだろう。お金がなければ命をつなぐ食料も変えず、病気になっても病院にも行けず、命を脅かしてしまう。



 今後であるが、「with コロナ」と言われるように、コロナウイルスと付き合いながら生活を続けていく必要がある。新型コロナウイルスに感染し、抗体を作り、集団免疫を獲得していくことになるのだろう。それにはまだ長い時間がかかり、時には新型コロナウイルス感染者が多くなって、医療崩壊寸前になったりするのだろう。

 そうなると、また緊急事態宣言が出され、今回のような経済停滞が起こり、落ち着いたらまた緊急事態宣言が解除される、というのを繰り返すのだろう。緊急事態宣言が解除されている間で経済を少し回復させて、経済的につないでというのを繰り返す必要があるのだと思う。そんなことを覚悟して、この先1-2年間は続くのではないだろうか。

 その間の資産運用はというと、これまでと変わらず、インデックスファンドの積み立てを継続するつもりだ。株価が下がれば、安く買えることになり、株価の低迷は悪いことばかりでもない。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高によりマネックスポイントが貯まる。(2020/1/1現在)
  • 楽天証券
    ニッセイアセットマネジメント、eMAXIS、SBI雪だるまなどの低コストのインデックスファンドを取り揃えており、インデックス投資を行える環境が整っている。投信(一部銘柄を除く)の残高により楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントでの投信の購入が可能。(2020/1/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大し、残高は2,000億円を突破。「セゾン資産形成の達人ファンド」も本格的なファンドに成長し、残高を伸ばしている。(2020/1/1現在)
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。定期預金の金利が比較的高く、2週間満期預金などのユニークなものがある。(2020/1/1現在)
投資の参考になった本
その他