プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/01/23 (Tue) 22:38:03
外貨建て資産について
 資産運用において外貨建て資産をどうするかの問題がある。

 資産運用に関する本や新聞のコラムなどでは、外貨建て資産を3割程度持つことを薦めるものが多い。その根拠は、海外旅行をしたりして直接外貨を使用しない人でも、日常生活で購入するものの中には輸入品が多く含まれており、その割合が金額ベースでだいたい3割程度だというところからきているようだ。



 この割合や考え方が理にかなっているかどうかははっきりとは言えないが、一つの考え方だと思う。

 では、直接海外に投資しなければならないかというと、そうとも限らない。日本企業は海外に広く進出している企業も多く、そういう会社の株式に投資するだけでも間接的に海外に投資していることになる。例えばトヨタ自動車は売上高の7割強が海外からのものだそうだ。

 したがって、日本の会社の株式に投資するだけで実質的にはそれなりの割合を海外に投資していることになると思う。ことさら海外に直接投資する必要はないかもしれない。

 でも、自分は海外に投資したいと思う。その理由はいくつかある。

 1つ目は、日本は今後人口が減少する予測がされており、人口減少に伴って経済成長も高くは望めないが、外国にはまだまだ人口が増えて経済成長が高く望める国がたくさんあることだ。人口と経済成長は必ずしもリンクしないだろうが、衣食住にかかわる物は人口が多い方が伸び、経済成長も大きいと思われる。

 2つ目は、日本以外にも優良な企業はたくさんあることだ。INTEL、IBM、、GE、デュポン、グラクソ・スミスクライン、コカ・コーラなどなど、すぐに何社も思いつく。日本企業以上に収益を上げている会社が多く、こういう会社に投資しないのはもったいないことだと思う。

 3つ目は、良いものを創ったとしても、特に政治的な問題で圧力がかかって潰されてしまうこともあるが、日本の国際的な政治的地位が高いとは言えず、外国企業が有利になってしまうこともあると思うからだ。

 有名な例の一つがコンピュータOSのTRONだ。TRONは無料を謳っていたにもかかわらず、アメリカが自国のものが売れなくなると困るので、政治的な圧力をかけて潰してしまった。結果としてマイクロソフトが莫大な利益を得た。

 日本は世界で政治的に高い地位が築き上げられているとは決して言えない状況だと思うので、TRONのようなリスクを避ける意味でも、政治的な高い地位を築いた国への投資は必要に思っている。

 4つ目は、流動性資産の大きさを考えると実質的な外貨建て資産の割合が小さくなってしまうことだ。流動性資産の考え方のところで述べたように、流動性資産は積極的に運用する分からはすっかり除いている。流動性資産が仮に年収の1~2年分だとするとそれなりに大きな金額となるが、この分は当然リスクをとらない純粋な円貨である。したがってこの分を考慮すると実質的な外貨建てはかなり少なくなってしまうので、実質的な外貨建ての比率を上げるためは海外のものに投資する必要がある。

 ざっと、このような考えから海外に投資するようにしているが、個別の国や銘柄への投資は実際のところ良くわからないので、インデックスファンドでの投資でいいと思っている。今後の高成長が期待されるBRICS諸国などもインデックスファンドに組み入れられている会社が投資しているだろうから、それで十分だという考えである。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

こんばんは いつもはぎれのいいプログありがとうございんます。このような場合は管理人さんはどういう投資戦略とるのかと思いアドバイスお願いします。家の父はアパート経営しています。リフォーム資金確保する為に金融機関の進めにより定期積み立てしてまいりました。その資金のおかげで1回目のリフォームができました。多分大掛かりな資金かかるのは10年後と考えられます。このまま定期積み立てもと考えますがほとんど利息つかないものはどうかなとも考えます。
自分のものでしたら違う選択もありますが、わたしは資産設計ファンド、もしくはセゾン投信、あるいは個人向け国債を
ミックスしたものを父に進めようかと思っています。
管理人さんでしたらどういう選択とりますか・・・
ちょっとプログの趣旨とは違うとおもいますが
2007-01-24 水 20:50:49 | URL | yokotyannn #- [ 編集]


yokotyannnさん、こんにちは。
私ならどうするか?ですか。ん~、正直言って難しいですね。
明確に、いつ、いくら必要だと決まっているものなら、基本的にあまりリスクを取りません。積極的に運用するのは、将来に備えてとか、どちらかというと漠然とした目的のためのお金かなあと私個人は思っています。
将来に備えての余裕資金の運用なら、yokotyannnさんが書かれているような分散されたポートフォリオが良いと思いますが、10年後のリフォーム資金の運用をどうするかは、やはり私にはわかりません。yokotyannnさんの考える運用方法をお父様と話し合われて、お父様が納得されることが重要だと思います。
求める内容の回答でなくて、すみません。
これに懲りず、またこのブログに遊びに来てくださると嬉しいです。
2007-01-24 水 23:43:57 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

fundstory 様
 私の場合は、ちょっと極端かとは思いつつも、日本円の資産運用は不必要で、全額を外貨で運用してもいいと思っています。
 よろしければ、
http://otsu.seesaa.net/article/40856855.html
をご覧下さい。
2007-05-06 日 16:08:37 | URL | 乙川乙彦 #aggRNquY [ 編集]


乙川乙彦 さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
「日本円の資産運用は不必要」との大胆なご意見ですが、人によってはその方が良い場合もあると思います。ですが、やはりそうでない場合も多いような気がします。詳しくは貴blogの方へコメントさせていただきました。
2007-05-06 日 20:44:20 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。