プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/08/16 (Thu) 21:51:45
過去の7年間を振り返って(その3)
 前回では、前半の激動の、低迷の、辛い辛い、3年間を取り上げた。深い深い谷に何度も突き落とされた感じであったが、そこからはい上がるためにはどうすべきかを考えることになった、たいへん有意義な期間でもあった。

 今回はその後の4年間を振り返る。


 前半の3年間を含めた7年間の資産残高推移をグラフにしてみた。

資産残高推移(2000年07月-2007年07月)

 3年にも及ぶ低迷の後、徐々に回復に向かい、2004年2月には含み損が解消するまでになった。だが、2004年いっぱいは元本付近を彷徨うばかりで、再び下落してしまうのではないかとの不安は尽きなかった。

 それが2005年になると急激に上昇し、元本を30%も上回るところまでになった。3年ほどの間で-30%以上の含み損から+30%以上の含み益に変わったのである。地獄から天にも昇ったかのような感じだ。

 その間でもその後に備えて債券クラスを増やそうとの努力をしていたが、積み立てを行っていたPRU海外債権マーケット・パフォーマーが販売会社の都合で積み立てを継続できなくなる事態にも見舞われた。代わりにバンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドを購入したり、外国債券を買ったり、彷徨うことが続いた。

 その後も一時急落する場面はあっても基本は上昇が続く展開で、元本を下回ることなくいい感じで資産が増えていっている。つい最近の2007年7月には損益%が一時+50%を超えるところまできた。だが、最近はサブプライムローン問題で急落しており、どこまで下げるかとの心配は残るが。

 グラフを見て気づくのは、前半3年間の大きな含み損の部分がそれほど大きなものに見えなくなっているところだ。これが長期投資のポイントの1つだと思っている。短期的に見ると大きなマイナスに見えたものが、ある程度の期間を経てから見ると誤差のように見えてしまうことが多いのだ。このイメージを持っていないと、短期的な急落に耐えきれなくなってやめてしまう人も少なくないのではないだろうか。

 また、後半の4年間が好調なのは、前半の低迷した3年間に積み立てをやめずに続けていたことも大きいと思う。低迷しているときに買うということは、安く買っていることで、その後の上昇で大きく効いてくる。前半と後半は対照的であるが、低迷期の勇気ある行動が上昇期に役だち、上昇期の備えが低迷期の衝撃を和らげ、相互に関係してくるものである。

 この後半の期間では、内藤忍氏著の「内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法」に出会って、アセットアロケーションを身近に感じることができ、この方法を取り入れることにした。

 「長期」「分散」に、「低コスト」と「アセットアロケーション」を加えて、ようやくまともな投資方法が実現できてきた気がしている。だが、まだ完全には目標のアセットアロケーションに移行しきれておらず、早めに目標のアセットアロケーションに近づけることが目下の課題である。後は毎月の積み立てを続けていき、一部は適当なタイミングでよりコストの低いETFにリレー投資していく予定である。

 その他にも学ばなければならないことは多いと思うが、欲を出せばガセネタに引っ掛かることもあるので、本当に必要と思われるものをしっかりと見極め、見つけて、身に付けていきたいと思う。
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(3)
コメント

私は今が我慢の時期です(1割くらい減っていますので)。
fundstoryのグラフを見ると「我慢するぞー」と思えます。
2007-08-16 木 23:22:10 | URL | うんぼぼ #Zp0T3SMo [ 編集]


前回の初期のグラフと7年間のグラフを見比べると、本当に長期投資のイメージって大切だなと思います。
それにしてもfundstoryさんが凄いと思うのは、損益に関わらず元本を安定して積み増している点です。私はこれが今の課題ですね。
2007-08-17 金 00:20:31 | URL | じゅん@ #mQop/nM. [ 編集]


皆様、コメントありがとうございます。

>うんぼぼ さん

1割くらいの下落幅なら大丈夫ではないでしょうか。このくらいならよくあることだと思います。
でも今日の日本株式市場の下げには驚きました。我慢できずに売ってしまった人が少なからずいるでしょうね。そうならないように、自分の取れるリスクをしっかりと管理しておく必要がありそうですね。


>じゅん@ さん
「こうなる」というイメージトレーニングも必要だと思いますね。それがないとちょっと下げただけで不安心理ばかりが台頭しそうです。
元本の積み増しですが、毎月の積み立てを自動でやっているだけなんですが、意外に難しいものなのですかね?毎月の自動積立だけ、って決めてしまうと、相場が下げようが上げようが、手出しできないので、流れに身を任せるだけと諦めもつき、気持ち的にも楽ですよ。ちょっと退屈になる時もありますがね・・・。
2007-08-17 金 23:38:34 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

staygoldさんの記事でも取り上げられていましたが、fundstoryさんの
【2007-08-24 Fri 06:24:58】 | 20歳からの投信による資産形成
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。