プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/09/08 (Sat) 22:06:19
バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド運用報告書(2006年9月30日決算)
 8月の終わりに郵便物の整理をしていたらバンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドの第36期運用報告書が出てきた。5月頃に届いていたようにも思うが、すっかり忘れていた。遅くなってしまったが、今回のエントリはこの運用報告書を取り上げる。

 バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドは、全体の資産のうち60%~65%を高格付けの中長期債に、残りは配当のある株式に投資するファンドで、特に債券は高格付の長期債(15年以上)へ、株式は平均を上回る配当を行うものへ投資する方針である。


 さて、第36期(1年間)の運用成績は

   ファンド      +7.6%
   ベンチマーク    +7.7%
   競合ファンド平均  +5.0%

となり、ベンチマークとほぼ同じ成績となったが、競合ファンドの平均と比べると約2.6%も上回った。

 競合ファンドとの比較でいうと、バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドが素晴らしいのは、第36期だけでなく過去の10年間で見ても年平均リターンが約3.2%も上回っていることだ。この約3.2%が10年間積み重なると、10,000ドルの投資で約6,000ドルも差がつくということだ。日本円に直すと約115万円の投資で約69万円の差となり、実に大きな差だ。

 これだけの素晴らしい成績を収められる要因の1つはコストの低さだろう。エクスペンスレシオ(運用コスト)は0.25%で、競合ファンド平均の1.18%を大きく下回っている。長期間でみるとコストの差は確実に運用成績に効いてくるものと思われ、実際の運用成績にも表れているように思う。

 また、このファンドは成績が安定している。過去の10年間でみると、S&P500インデックスはリターンがマイナスになったのは3回あるのだが、バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンドはたったの1回しかないそうだ。株式と債券のバランス型ということもあろうが、高格付けの社債やと割安な株式の中で収益水準の高さを重視しながらの入念な銘柄選択の結果だということだ。

 これだけの結果を見せつけられて、あらためてこのファンドの素晴らしさを認識したしだいだ。

 ただ、残念なのはこのファンドは日本の金融機関ではマネックス証券でしか取り扱っておらず、マネックス証券では0.63%も口座管理手数料がかかってしまうことだ。これではこのファンドのせっかくの低コストが台無しだ。ぜひとも口座管理手数料の引き下げを検討してほしいところだ。そうすれば追加購入を検討したいところである。
運用報告書 | Trackback:(1) | Comments:(4)
コメント

私も5口だけ、スモールキャップと共にマネックス証券で購入しています。マネックスの口座管理料を除けば、そんなに良いファンドなんですか。さすが低コストのバンガード、といった所です。

私はfundstoryさんがご指摘なされた手数料の問題の他、投資国がアメリカに傾斜していること、金額指定の購入が出来ないこと、分配金が再投資できないこと(これが多分一番大きい)などを理由に、余り積極的に買おうという気にはなりませんでしたが、日本で多く販売されているバランス型の多分配ファンドを買うよりは、まだましな選択肢になるのではないかな、と感じています。
2007-09-08 土 23:42:19 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

>新幹線 さん

 「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」は株式が組み込まれていますが、私は外国債券クラスとして見ています。外国債券のインデックスファンドは、「年金積立インデックスF海外債券へッジなし」など、信託報酬が低くノーロードで買え、金額指定での購入もでき、分配金が再投資されるものが出てきていますので、口座管理手数料の他にもご指摘の問題は確かにあると思います。でも口座管理手数料が下がれば、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」のトータル運用コストは「年金積立インデックスF海外債券へッジなし」などよりも低くなるので、有望な投資対象となると考えています。完璧なものはないということで、私個人はこのファンドを評価しています。
 あとはマネックスに口座管理手数料の他にも分配金の問題などの改善をしてもらえるといいのですがね。せめて分配金は外国債券と同様にドルでの受け取りが可能となって、そのドルでファンドが買えるようになってほしいのですが。
2007-09-09 日 00:54:23 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

僕も債券ファンドの代用として、このファンドを使っています。
何人もの人から、ブログコメントで「なぜ外国債券インデックスファンドにしないのか?」としつこく問いただされてますが…(^^ゞ
昔は、ろくな外国債券ファンドがなかったですからねぇ。
2007-09-09 日 23:31:54 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

>水瀬 ケンイチ さん

 「なぜ外国債券インデックスファンドにしないのか?」は水瀬さんのblogで見た記憶があります。先生のような存在の水瀬さんと同じやり方でないと気になってしまう人が多いのだと思います。私もいろいろと参考にさせていただいています。
 外国債券のインデックスファンドはこの1年間くらいで良いものがそろったと私も感じています。ETFまで買えるようになりましたしね(米国債券のものだけですが)。まだまだ日本の投資環境は発展途上だと思いますが、昔に比べるとずいぶん良くなったという印象です。
2007-09-10 月 00:36:38 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

運用会社:バンガード長期的視野での投資元本の成長を目指して運用し、高水準かつ維持可能な水準の分配金を配当することを目的とする。債券と普通株式に配分し、全体の資産のうち60~65%を高格付の中長期債に、残りは配当のある株式に投資する。購入単位購入単位は....
【2007-10-07 Sun 19:29:51】 | ノーロード投資信託ブログVer.2-手数料無料投信データ-
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。