プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/09/22 (Sat) 23:46:20
「だまされない!投資信託の選び方」を読んでみて
だまされない!投資信託の選び方 (別冊宝島 1477)
だまされない!投資信託の選び方 (別冊宝島 1477)

 他のblogでも話題になっている「だまされない!投資信託の選び方」だが、期待通りというか、期待以上というか、とても良い内容だと感じた。「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」など、これまでもインデックス投資の良さを前面に出した本はいくつかあったのだが、一部難しい内容もあり、これから投資を始めようとする人にはちょっとハードルが高いところもあったと思う。

 「だまされない!投資信託の選び方」はムックというだけに、図表を多く用いてわかりやすく表現しており、誰にでも読みやすい仕上がりとなっている。基本的な内容を書きながらも、きちんと重要な点も書かれており、インデックス投資の教科書と言っても良いかもしれない。


 投資を行おうと考えている人、投資の初心者だけではなく、インデックス投資に少しでも興味のある方、すでに投資を行っているがまともなやり方が行えていないと感じる方など、一度読んでみる価値があると思う。

 内容の方だが、表紙に出ている

 ・楽天証券経済研究所  山崎 元氏
 ・バンガード・グループ駐日代表  加藤 隆氏
 ・マネックス・ユニバーシティ  内藤 忍氏
 ・ファイナンシャルプランナー  カン・チュンド氏

が記事を書いており、読みごたえのある内容だ。

 この他にも

 ・セゾン投信社長  中野 晴啓氏

が「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」をつくる過程で考えたこと、こだわりなどが書かれており、あらためてこのファンドの良さを感じた。

 何と言っても最大の注目は

 ・水瀬 ケンイチ さん (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
 ・renny さん (rennyの備忘録)
 ・NightWalker さん (NightWalker's Investment Blog)

による鼎談ではないだろうか。いつもblogで主張されている内容ではあるが、この3人が集まっての話だと内容に深みが増し、実践している話でもあって、大きな説得力を持つ。と同時に、一般のサラリーマンであることもあって非常に身近に感じる点は、我々庶民がインデックス投資を行うにあたって、とても安心感を持たせてくれる。

 個人的に特に興味を持った部分だけ紹介したが、他にもインデックス投資の内容満載である。興味のある方は読んでみて、自分の投資に役立ててみてはどうか。

トラックバックした記事
「宝島ムック「だまされない!投資信託の選び方」に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました」 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
「Q 「はい・いいえ」でお答えください。」 (rennyの備忘録)
「別冊宝島1477 だまされない!投資信託の選び方 9/21 発売! 補足」 (NightWalker's Investment Blog)
「「だまされない!投資信託の選び方」(別冊宝島)さっそく読んでみました」 (カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!)
投資本 | Trackback:(2) | Comments:(7)
コメント
はじめまして、あずです。

投資信託をはじめたばかりで、「だまされない!~」で、はじめてインデックス投資やアクティブ投資を知りました。
勉強不足でしたね。。。

もしよろしければ、リンクしてもいいですか?
よろしくお願い致します。
2007-09-23 日 15:01:10 | URL | あず #- [ 編集]


いつも楽しく読ませていただいています。

私もブログを書いているので、是非相互リンクをお願いしたいと思いコメントさせていただきました。
よろしくお願いします。

【株の亡者】株で生きると誓った大学生の日記
http://kabudaigakusei.blog115.fc2.com/
2007-09-23 日 16:46:29 | URL | 株で生きると誓った大学生の日記 #- [ 編集]

>あず さん

 はじめまして。
 何事も勉強は必要ですね。でも、まずいと思った点は少しずつ修正していけば良いのではないでしょうか?資産運用の道のりは長いですので、焦らず行うことが大事だと思います。
 もし、このblogを気に入っていただけたのなら、リンクしていただいてかまいません。あずさんはblogをはじめられたばかりのようですので、どのようなものになっていくのか、もう少し見させていただいてから、こちらからのリンクは検討したいと思います。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


>株で生きると誓った大学生の日記 さん

 投資のやり方はいろいろあると思いますが、私は長期投資を実践しており、短期の回転売買には抵抗があります。すみませんが、こちらからのリンクは見合わさせていただきたいと思います。本当に申し訳ありません。
2007-09-24 月 01:35:58 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


楽天で海外ETF(米国)の取り扱い開始したのが昨年の10月ですが、そこから1年で投資環境は劇的によくなってきていると思います。
私が投資を開始したちょうど2年前は海外投資のコストが非常に高いだけでなく、ヨーロッパや新興国等投資できないセクターがかなりありました。
最近連日海外ETFの話題が雑誌、新聞等で取り上げられている中での「だまされない!投資信託の選び方」は現在出ている商品を有効に使った長期投資の戦略を考えるなかでの教科書と言っても良いものになると思ってます。
理論が実践できる環境ってやはりいいですね。(まだまだ改善すべき点は多いですが)
2007-09-24 月 20:45:50 | URL | 道産子 #- [ 編集]

>道産子 さん

 本当にこの1年くらいで投資環境は良くなってきていると感じます。インデックス投資が取り上げられる機会も確実に増えてきていると思います。今回の「だまされない!投資信託の選び方」はその傾向を加速させる可能性があると思ったりします。日本ではインデックス投資はまだまだ始まったばかりで、これから益々そのための環境も整っていくのではないでしょうか。期待したいと思います。
2007-09-24 月 23:43:36 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


こんにちわ。
今日リンク貼らしていただきました~ありがとうございます。

長い資産運用の道のりを楽しみながら、少しずつ自分にあったもの選んで行きたいですね♪
焦らず、じっくり勉強していきます(〃∇〃)
2007-10-08 月 20:08:00 | URL | あず #- [ 編集]

>あず さん

 リンクしていただいてありがとうございます。
 こちらからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
 ところで、何に取り組むにも勉強は大事だと思います。世の中は永遠に変わらないものもある中で、少しずつ変わり続けていくものもあるので、永遠に勉強を続けることが重要だと思います。

2007-10-08 月 21:20:28 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

本日9月21日発売の、宝島ムック「だまされない!投資信託の選び方」に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。 これは、8月に取材をお受けしていた時のも...
【2007-09-23 Sun 10:15:31】 | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 (本を読むまで 半信半疑 だったのですが)【だまされない!投資信託の選び方】(宝島社)は、 本当にまるごと「インデックス投資」の本
【2007-09-24 Mon 07:45:45】 | カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。