プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/10/02 (Tue) 23:24:10
「『長寿投信』販売が低迷」だそうだ
 本日の10月2日の日本経済新聞夕刊に「『長寿投信』販売が低迷」との見出しで記事が出ていたのだが、

発売から十年以上を経過した「長寿投信」の販売が日本で低迷している


そうだ。これは以前から言われていたことで驚くほどの内容ではないのだが、今回記事になったところを見ると、その傾向が強くなっているかもしれない。

 記事によると

 七月末時点の調べによると、全体の純資産残高に占める比率は米国の六五%に対して、日本は五%にとどまる。残高上位十五位までの人気投信をみても長寿投信はふくまれていない。


とのことだ。長寿投信の比率が、アメリカの65%という数字はこれまた驚くほど多いものだと思うが、日本の5%というのも驚くほど少ないものだと思う。日本がこれほど少ないとは思っていなかった。


 売る側もその時々のテーマものなどを積極的に宣伝し、販売にも力を入れ、そんな投資信託を喜んで買う投資家も多いと感じる。どちらが悪いというよりは、どっちもどっちで、どちらも投資信託に対する勉強が足りないと言わざるを得ないかもしれない。

 私も投資信託を購入し始めたころは、古いものよりも新しく発売されるものに目が集まっていたと思う。実際に購入したのも発売から1、2年しか経っていないものが多く、一時的に上昇するものの、長くは続かず、大きく下がって初めて「発売間もなくの投資信託は先が読めない」と認識するのであった。長寿投信でも先は読めないのだが、発売間もなくのものではなおさらであろう。

 一方で、身近に消費する品物はどうであろうか?新しい商品が生まれては消え、生まれては消えを繰り返し、ある時点で見ると新しい商品の方が圧倒的に多いような気もする。昔から愛用されているものも確かにあるが、少数派であるだろう。

 このような身近な商品は新しいものが多いので、投資信託も同じではないかと思いたくなるかもしれないが、そうではないような気がする。投資信託は資産運用を行うためにあると考えている。資産運用は一朝一夕に成せるものではなく、長い年月を要する。したがって長い間付き合っていけるような投資信託が必要ではないだろうか?

 そう考えると、日本のわずか5%という数字は少なすぎると思う。宣伝文句などに惑わされず、しっかりとした投資信託を選び、長く付き合って、良い結果に結び付けたいものである。短期で儲ける必要は決してない。じっくり、のんびりといきたいと思う。
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(3)
コメント
改めて「販売会社主導の運営体制」(新たなファンドに次々乗り換えてもらったほうが、信託報酬だけでなく販売手数料なども稼げる)と、「投資家の意識欠落」(古いファンドを簡単に見捨て、新しい商品に飛びつきたくなる)という両側の負要素が浮き彫りになった印象を受けます。

100億円を資産総額が突破したセゾン投信、独立系の元祖であるさわかみ投信、それに投資教育をしているマネックスの資産設計ファンドなどには、こういう悪弊を打破してほしいと思います。
2007-10-03 水 23:43:56 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]


商売根性丸出しのファンド側に責任を押し付けることも
できますが、個人投資家の無知も新しい悪貨をはびこら
せている原因ですよね。

少なくとも既存商品と類似でコストだけは高くなるような
ファンドは駆逐されるような環境になって欲しいものです。
2007-10-05 金 00:51:42 | URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]

>新幹線 さん

セゾン投信にしても、さわかみ投信にしてもマネックスの資産設計ファンドにしても、すでに投信に良い影響を与えていると思います。私は特にさわかみファンドなくしては、ここまで投資を続けてこられなかったかもしれないと感じています。資産設計ファンドは保有していないものの、マネックスでは投信の積み立てや外債の購入なども行っていますし、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドもお気に入りで積立しており、これらのもの無くして私の投資は成り立たないと思っています。


>吊られた男 さん

 おっしゃるように「個人投資家の無知」も問題だと思います。自らの身は自らで守ることも必要だと思います。
 でも、悪いことに気付く人もこれから増えていくはずです。時間はかかると思いますが、すこしずつ良い方向へ向かっていくのではないでしょうか。そう期待したいです。
2007-10-05 金 02:02:41 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

rennyさん、NightaWalkerさんの記事で既に取り上げられていましたが
【2007-10-04 Thu 00:01:20】 | 20歳からの投信による資産形成
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。