プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/10/20 (Sat) 23:59:53
ブラックマンデーから20年
 昨日の10月19日で、ブラックマンデーから20年が経った。ブラックマンデーは、NYダウが一日で22.6%も下落してしまった歴史的な日である。現代では経済や株式は研究が進んで、思いがけない株価の大幅下落に見舞われることは少なくなってもおかしくないとも思うのだが、現実にはそうではなく、突然急落してニュースになることも多い。

 ブラックマンデーが起こった日は私はまだ学生で、株式のことになど興味もなかった頃だが、TVのニュースで見た記憶がかすかながらある。その当時はまだ完全にコンピュータ化されておらず、取引所には人間が介していたはずなのだが、アメリカ市場で起こったブラックマンデーの影響を東証も受けて大混乱、引けたあとのゴミがたくさん散らばった取引所の映像がTVニュースで流れていたように思う。


 一日で22.6%も下落したというのは本当に信じられないくらいの下落幅だ。これが東証一部で起こったとするとすごいことになる。東証では値幅制限があるのだが、値幅制限表をみると20%位を目安に設定されているようなので、かなりの数の銘柄がストップ安水準になってもおかしくないように思う。

 自分のリスク資産が22.6%も下がったとしたら、7年以上かかって積み上げてきた利益が約40%なので、かなりの部分をたったの一日で失うことになる。自分の資産は一部債券も含んでいるので、これほど下がることはないとは思っているが。

 ちょうど20年経った昨日のアメリカ市場では、キャタピラー、ハネウェルなどの悪い決算発表や原油価格が90ドルを付けるなどで、NYダウは366ドルも下げる結果となった。市場参加者はブラックマンデー再燃かと思った人もいたのではないかと思う。

 今年は特に株価の変動幅が大きいような気がする。原因の勝手な想像をすると、非常に多額の金余りと、サブプライムローン問題や原油価格上昇による経済減速とが、株価の上昇と下落の綱引きをしているのではないかと思う。金余りがなければもっと株価は下落しているとも思われ、個人的には今の株価は経済実態より割高なのかなという気がしている。

 そうは言っても、おそらく自分の予想、想像は当たらないとも感じるので、拙速な行動はしないつもりである。株価が上がっても下がってもどっちに転んでも良いように、時間分散をして毎月の積み立てを続けるだけである。目標のアセットアロケーションを逸脱しないように注意することはもっともである。

 昨日のアメリカ市場が大きく下がった後、休日明けの月曜日はどうなるのであろうか?そうなってほしくないので、あえて書いてみる(私の予想、想像は当たらないので)。20年経って再びブラックマンデーが起こるなんて、無いよね?
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
はじめまして!

【資産運用に必要なこと?それは時間と複利と分散です!】
http://sisansekkei.blog121.fc2.com/
のブログを書いています「JT」と申します。

いつも楽しみに読ませてもらっています。

資産運用のスタイルで共通点がありますので、
いろいろ情報交換をさせてもらえると嬉しいです。

まだまだ未熟なブログではありますが、
よろしければ相互リンクをさせていただけませんか?
よろしくお願いします。

JT
 
2007-10-21 日 11:33:48 | URL | JT #- [ 編集]

>JT さん

 はじめまして。
 資産運用は難しいようですが、インデックス投資に気付くと、意外に難しいものではないのかもしれません。私も、分散させて、時間をかけて複利効果を得ていきたいと思っています。
 こちらからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

2007-10-22 月 01:00:27 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。