プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/10/24 (Wed) 01:13:35
口で言うのは容易いが
 YAHOO! ファイナンスを見ていたら「一時的『悪材料』の意味 国際優良株を株価急落時に買う それが最も賢い方法だ」という見出しの記事が出ていた。確かにもっともなことなのだが、口で言うのと、それを実際に行動に移すのでは大きな違いがあり、この見出しには大きな違和感を感じた。

 株価の急落時に買いを入れるのは、「落ちてくるナイフをつかむようなものだ」という言い方を聞いたことがあるのだが、なんとも的を射た言い方だと思う。落ちてくるナイフをつかもうとするとそのちょっとしたタイミングのずれで、柄の部分をつかんだり、刃の部分をつかんだりしてしまう。うまく柄の部分をつかめれば良いのだが、刃の部分をつかもうものなら大怪我を負ってしまう。


 そんなことをあまり意識せずに、株価が急落したからと言って買ってしまうと、買った後にさらに下がって痛手を負うことだってにある。これがナイフだったら刃の部分をつかんだのならすぐに痛い!となって失敗がすぐわかるのだが、株の場合は買った瞬間はうまくいったと思えて、それが成功だったのか失敗だったのかは後になって初めてわかることになる。

 今年8月のお盆の時期を思い出してみよう。それまでに株価は大きく下がっていたのだが、お盆に入ると急落。急落は一日で終わるかと思えば、連日続いて、その週はずっと大幅下落を続けていたように思う。おそらく初めの日の方で買ってしまった人は、その後も続く急落で大きな痛手を負ったのではないだろうか?

 高いところで買うよりは、少しでも下がったところで買うのが良いのは当たり前なのだが、どこまで下がるかは読めるものではないと思うので、やはりタイミングを図って売買を行って儲けようとするのは、結構難しいように思う。

 その辺をうまくやっている一つが「さわかみファンド」かなと思える。下がればご機嫌で買い、さらに下がっても資金流入があってさらに買う。それでいて、指値に引っ掛からなければ縁がなかったと諦め、株価は追いかけない。全ての行動が成功ばかりではないだろうが、総じてうまくいっているように見える。

 そんな芸当は誰にでもできることではないだろう。それは信用できるファンドにでも任せて、そういうファンドか、低コストのインデックスファンドに、少しずつ積み立てていくのが、安心していられる。

 株価の上げ下げに一喜一憂、売り買いするのも退屈しなくて良いとも思うが、それは資産運用の本来の望むべきところではないような気がする。自分はやはり毎月の積み立てでじっくりと責めたいと思う。そう心を決めると、株価が急落して低迷が続いても、安く買えるので、結構楽しく思えるものだ。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

おっしゃる通りですね。
毎日、毎日のニュースや日経平均、ニューヨークダウなど気にしていると限がありませんね。だって、何かあれば上がったり、下がったりですもいのね。
先日読んだ本に、株式相場は例年一日最高4~5%の動きがあるそうで、それでも平均年間15%程度の上下におさまっているのだそうです。気をもむだけ損・・・・・
とにかく、コストの安いインデックスを選び、毎月定期定額で積立式にを買うことが一番ですね。
それでは何かもの足りませんけどネ・・・・・
2007-10-26 金 20:49:45 | URL | 名古屋ミオ #- [ 編集]

>名古屋ミオ さん

 「気をもむだけ損」と思えるようになるには、ある程度の経験をして相場の動きに慣れることが必要にも思います。慣れてしまうと「また起こったか」という感じで、動揺することも少なくなると思います。短期的な動きを楽しむくらいの余裕を持ちたいものですね。
2007-10-27 土 03:32:27 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


私も今月分の投資をしたとき、身をもって感じたことではあります。購入したときには、そこから先下がるか上がるかなんて予想できないのですから、資金量に限りがある以上、タイミングを図ろうとするのは無謀な挑戦だと思いました(ちなみに、投信を購入したのは19日です)。
2007-10-29 月 23:06:28 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

>新幹線 さん

 私も常にではなくても、今回のタイミングは当たるだろうと思って追加投資したい気持ちになることはよくありますよ。「無謀な挑戦」と思えるようになるにはかなりの経験と時間がかかるように思いますが、そういう経験をしないと、いつまでたっても自信過剰でうまくいかないようにも思います。無謀な挑戦も時には必要で、それはいつかは役に立つのではないでしょうか。
2007-10-30 火 00:55:26 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。