プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/10/28 (Sun) 23:23:22
いよいよ東証に海外ETFが上場か
 もう既に他のblogでも紹介されているが、本日10月28日の日本経済新聞に「東証 海外ETF 来月上場へ」との見出しで記事が出ていた。ビッグニュースではあるが、ちょっと喜べないところもある内容ではあった。

 記事によると、

 東証は11月1日から海外ETFの上場申請を受け付ける。米大手運用会社ステート・ストリートはニューヨーク証取に上場する金ETFの上場を申請する方針。韓国で株価指数連動型の商品を設定している運用会社なども申請を検討している。


とのことで、まずは金のETFになりそうだ。


 んー、やはり金か。金ってそんなに人気があるのかな?個人的には金には投資するつもりはないので、今回の上場を機に次の海外ETFに期待をしたいところだ。

 ところで、今回の海外ETF上場は、

日本では対象が国内の株価指数連動型などに限られていたが、九月末に全面施行になった金融商品取引法でこうした制限がなくなった


とのことで、法律の問題がクリアされてようやく実現されそうだということだ。なかなか海外ETFの上場が実現されず、東証は何をやっているのか?と思ったものであったが、法律の問題が大きかったようだ。

 東証に期待したいのは、やはり先進国の株価指数へ連動するETFを品揃えすることだ。金や新興国もいいが、株式の時価総額の大きな割合を占めるのは先進国である。投機ではなく長期の投資資金を呼び込むためには先進国の株価指数へ連動するETFは欠かせないと思う。

 望む内容にはまだ足りないが、まずは1歩を踏み出そうとしているところだと思う。この1歩から次の1歩、また1歩と進んでいってほしいと思う。少しずつでも望む内容に近づいていってほしい。

参考エントリ
「東証、海外ETFを11月上場へ」 (NightWalker's Investment Blog)
「東証、海外ETFを11月上場へ」 (道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々))
「東証に海外ETFが上場!」 (rennyの備忘録)
「東証、海外ETFを11月上場へ」 (うんぼぼの投資日記)
「東証が外国ETF を11月に上場させます」 (カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!)
投資信託雑感 | Trackback:(1) | Comments:(5)
コメント

TBありがとうございます。
はじめの一歩としてはこんな感じなのかな、と思っています。
期待を裏切られるよりは気分的にマシですしね(笑)。
2007-10-28 日 23:45:43 | URL | うんぼぼ #Zp0T3SMo [ 編集]


 あとは、大証でも東証でも良いから、マトモな海外ETFを上場させて欲しいですね。金、コモディティー、上証50とかマイナーなやつではなく。MSCIexJapanとか、欧州株ETFとか、EEMのようなやつ。NET証券で日本株売買手数料が適用されて円換算で決済。為替手数料要らずだとパーフェクトですね!
 これだと、落ち目のマネックスも救われるかな?

 但し、東証外国株式部みたいに売買成立せず、薄商いで流動性無しだと困ってしまうかな?こんなふうになったら、トラッキングエラーも大きくなるだろうし。
2007-10-29 月 00:59:04 | URL | Werder Bremen #- [ 編集]

>うんぼぼ さん

 まず1歩踏み出さないと何も始りませんから、まずは歓迎ってところですね。この先の動きに期待です。


>Werder Bremen さん

 言葉は少しきついですが私も「マトモ」なETFを上場してほしいです。MSCIexJapan、これいいですね。これ1本で十分かもしれません。
 おっしゃるように上場するだけで売買が少ないと、それはそれで問題です。水瀬さんの楽天証券インタービューでも触れられていましたが、あまりに売買が少ないと、トラッキングエラーもそうなのですが、楽天証券などを通じて本国の証取で売買することが必要かもしれません。日本の証取に上場が実現しても、問題となりそうなことは残りそうですね。



2007-10-29 月 01:22:42 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


1328(既に10口私は保有)がある時点で、余り必然性が感じられるものではありませんが、商品系ならば上場廃止にならないだけの需要があると判断したのか、単に手続きその他の関係かなんかが働いてのことでしょう。

MSCIwolrdないしMSCIexJapan(MSCIKokusai)連動のETFが東証に上場されれば、コストが年0.5%程度になったとしても、私はある程度の人が飛びつきそうな感じは致します。取引制限とかがなく、ほとんどの証券会社を通じて、売買できるようになればですが。
2007-10-29 月 23:00:01 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

>新幹線 さん

 世の中には短期で大きく儲けたい人が多いと思うので、私個人はMSCIwolrdやMSCIexJapanのような広く分散されたETFはおそらく値動きが小さく、売買は少ないのではないかと危惧しています。長期で投資する人は増えてはきているものの、まだまだ少数派ではないかと感じています。
 海外ETFの上場が日本で実現するのは、小さいようでも実は大きな一歩かもしれません。この先の動きに注目ですね。
2007-10-30 火 01:11:07 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

朝起きてみると東証が海外ETFを上場というビッグニュースが出ておりました。大証に8月に金ETFは上場済みなので、商品としても金ETFには興味をもてないのですが、「東証が海外ETFへ第一歩を踏み出した」という点にニュースバリューがあります。ただ、今回の海外
【2007-10-28 Sun 23:37:05】 | 道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々)
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。