プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/11/04 (Sun) 00:23:59
新興国株式に対する迷い
 新興国株式については積極的に投資しない方針から、少し投資した方が良いのではないかと若干スタンスが変わったのだが、やはり迷いが生じる。

 もともと先進国株式でもその企業が新興国へ進出して事業を行っていれば間接的に投資していることになるという考えがあったため、ことさら新興国株式へ投資する必要はないと考えていたのだが、最近の先進国株式が低迷する中で新興国株式は絶好調と言っても言い過ぎではない展開となっており、分散効果を考えると新興国へも少し投資した方が良いのではないかと考えたのであった。(参考エントリ:「エマージング国への投資について」「新興国株式への投資を考える」)


 しかし、最近の新興国株式はやはり行き過ぎの感が強い。特に中国。上海総合指数は今年だけで3倍近い上昇であり、バブルだと言う人が増えている。庶民が株式を買うために証券会社に群がる光景をTVで見ることもあり、私個人は完全にバブル状態だと思う。中国以外でもBRICsをはじめとして新興国ファンドが設定され、一時に比べるとかなり収まってきてはいるが、それを我先に買おうとする光景も見られる。

 そんなことを考えると、分散効果を狙うにしてもそんなリスクの高いものに投資する必要があるのか?という疑問が起こってきたのだ。最初の考えに戻ってしまうが、先進国株式への投資でも一部は間接的に新興国へ投資されていることになるはずではないか。

 そんなところに先週29日のマネックスメールの「廣澤知子のやさしいマネー講座」のコラム。

ちなみに新興国市場は先進国、特にサブプライムがらみの変動にはあまり連動はしませんが、そのものの高騰ぶりや変動の大きさも注目されており、先進国株式のリスク分散先(逃避先)としてはあまり向くとは言えませんね。


 私が迷いながらも感じた内容と同じ。これをそのまま真に受ける訳ではないのだが、やはり大きく影響を受けてしまう。

 考えが完全に元に戻ったわけではないが、もう少し慎重に考えた方が良いと思っている。だが、長期的に見ると新興国の成長はまず間違いなく進むはずであり、慌てずじっくりと納得するまで考えてから決めたいと思う。よく言われる言葉だが「わからないものには手を出すな」を忘れないようにしたい。

 そうは言っても、直近の投資行動は何も変わらない。新興国株式が一部組み込まれているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは今後も積み立てを続けていく。トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドも同様である。将来海外ETFへ乗り換える時に新興国のETFも購入するかどうか、それが要検討事項であるが、買うとしても全資産の10%以内にするだろうし、あまり考えても大きな差は出ないようにも思う。

 考えている間に新興国株式が落ち着いてくれることを切に願う。そうすれば安心して投資することができる。もし、今が行き過ぎているとしても、いずれ時間が解決してくれるだろう。そんな気がする。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

管理人さん初めまして!
偶然にこのブログにたどり着き、僕と同じような投資方法の方がこんなに沢山いたのだと(リンクの方など)感激しています!
早速お気に入りに入れさせて頂きました。ちょくちょくお邪魔したいと思っているのでよろしくお願いします♪
管理人さんは新興国投資に迷っておられる様ですが、僕はこれは年齢が大事になってくると思っています。
僕は27歳の時にパッシブ運用を始めたので(今は31です)、新興国株の比率は全体の37.5%にも上っています。
僕の場合、目標運用年数が何十年と余裕があるのと、長期ではその国の経済成長に比例していくことを考えて、多少の短期のボラは積立投資で吸収していくと考えています。
管理人さんの目標とする運用年数に応じて投資比率を考えられてはどうでしょうか?
2007-11-04 日 04:32:57 | URL | nini #LnAlA0og [ 編集]


こんにちは。
その後も悩まれているようですね。先進国株と新興国株の相関関係が1では無い以上、理論上はわずかでも組み合わせる事でポートフォリオ全体のリスクを下げられる事になりますが・・・
同じように私の場合コモディティクラスをどうしたものかと悩んでいます。計算上はリスクは大幅に縮まるのですが、あまり気が乗りません。
まぁ大きく下げるような機会でもあれば、少し加えてみようかな程度に考えています。
2007-11-04 日 15:49:02 | URL | じゅん@ #mQop/nM. [ 編集]

>nini さん

 はじめまして。
 新興国株式が37.5%と割と積極的に運用されているようですね。新興国株式は絶好調なので、かなりniniさんの資産も増えていることと思います。
 私は基本的にはインデックス投資がメインだと考えていますので、新興国株式に投資しても多くても10%程度かなと考えております。したがって、新興国株式へ投資するにしてもあまり大きな差は出ないという気もしています。
 ところで、資産運用は投資期間や年齢によって異なる部分があると思いますが、年齢については、新興国株式云々というよりも株式クラス自体の比率をどうするかという方が重要だと考えています。


>じゅん@ さん

 迷っているというよりは優柔不断なだけという気がしております(汗)。
 「コモディティクラスをどうしたものかと悩んでいます。計算上はリスクは大幅に縮まるのですが、あまり気が乗りません。」とおっしゃっているのが、まさに私の新興国株式への思いと同じかもしれません。理屈は分かったつもりだけど、感覚的にしっくりこないところが・・・。永遠に悩むものなのだと思ったりしますが。
2007-11-05 月 00:44:44 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。