プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/11/26 (Mon) 23:18:20
楽天証券が投信の品揃えを大幅に拡充する予定
 本日11月26日に日本経済新聞に「楽天証券、投信の品ぞろえ拡充」との見出しで記事が出ていた。

 楽天証券は投資信託の品ぞろえを強化する。特定の販売会社用の専用投信などを除く公募投信を原則としてすべて取り扱う方針で、実現すれば1000本強に上るとみられ、取扱本数では国内最大となる。


 投信の取り扱い数でいうと「投信スーパーセンター」を超えるところは出てこないと思っていたのだが、楽天証券は「投信スーパーセンター」の約六百本を上回る規模にしようとしているようで、これはすごいことだと思う。

 同時に、

投信の積み立てもできるようにする


ということで、期待が持てそうである。


 今回の記事の内容は、以前、水瀬 ケンイチさんの「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」のエントリ「直接取材敢行@楽天証券(その3) ~海外ETFの売買手数料値下げは?投信の金額指定購入・分配金再投資・自動積み立ては?などなど」で書かれていたことと通じるもので、その内容が実現に向かっているということだろう。

 実現すると、楽天証券でインデックスファンドを積み立てて、ある程度貯まったところで証券会社を変えないで海外ETFへリレー投資ということが可能となる。証券会社を変えてのリレー投資に比べるとかなり手間が省けると思う。

 たくさんの投信を取り扱っても肝心の低コストのものが取り扱われないと意味がないのだが、つい最近、プルデンシャル投信のPRUマーケット・パフォーマーシリーズがノーロードで取り扱われるようになったので、その辺の心配はなさそうだ。

 ただし、分配金の自動再投資が行われていないので、こちらの方はぜひ改善してほしいところだ。水瀬さんの上記のエントリでは分配金の再投資についても検討されていることが書かれているので、いずれ実現するのではないかと期待している。

 楽天証券のサイトを見てみたところ、早速「投信スーパーステーション」が開設されており、力の入れようがわかる。「投信スーパーセンター」と非常に似た名前であるところが気になるところであるが、対抗心をあらわにし、絶対に負けないという意気込みの表れだろうか。期待外れになることのないよう、充実した内容となることを期待したい。

<参考エントリ>
「楽天証券、投信の品ぞろえ拡充」 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
「楽天証券がパンドラの箱を開けます」 (カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!)
「楽天証券のニュースに思う」 (rennyの備忘録)
「楽天証券、投信の品ぞろえ拡充」 (NightWalker's Investment Blog)
「楽天証券・投信スーパーステーション 」 (うんぼぼの投資日記)
「楽天証券・投信スーパーステーション開通」 (投信で手堅くlay-up!)
「楽天証券、投信の品ぞろえ拡充にどこまで期待できるか?」 (道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々))
「投信スーパーステーション」 (20歳からの投信による資産形成)
投資信託雑感 | Trackback:(5) | Comments:(4)
コメント

TBありがとうございます。
楽天証券と投信スーパーセンターとの全面対決になりそうで楽しみですね。
2007-11-27 火 23:16:10 | URL | うんぼぼ #Zp0T3SMo [ 編集]

>うんぼぼ さん

 こちらこそいつもコメントありがとうございます。
 数では楽天証券と投信スーパーセンターの対決かもしれませんが、先日低コストのインデックスファンドの取り扱いを発表したイー・トレード証券も忘れてはならないかもしれません。さらには海外ETFや外国債券の拡充を検討しているもようのマネックス証券にはぜひとも実現してほしいところです。
2007-11-28 水 01:38:46 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


私見では、海外ETFとこの投信関係の話題を合わせて考えるに、「コスト重視のEトレード」と「品揃え重視の楽天」みたいな構図が形成されつつある気がいたします。

またセゾン、さわかみは前者、投信SCは後者に分類される典型的な企業だと思いますが、今の所は前者を私は支持していきたいと感じています・
2007-11-30 金 15:40:56 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

>新幹線 さん

 品揃えを多くしても無駄なものばかりでは意味がないので、私もコスト重視にはなりますね。品揃えが少ないと買いたいものがない場合もあるので、難しいところではありますが。
 コスト重視派と品揃え重視派が存在するのは、お互いの競争も行われる可能性が高いので良いことだと思います。そうやって少しずつ良い環境になっていくのだと思います。
2007-12-01 土 02:20:49 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「楽天証券、投信の品ぞろえ拡充」と題して、大きなニュースとなっているようです。  楽天証券は投資信託の品ぞろえを強化する。特定の販売会社用の専用投信などを除く公募投信を...
【2007-11-26 Mon 23:29:37】 | 投信で手堅くlay-up!
楽天証券が投資信託の品揃えを強化するようです。 【NIKKEI NET 2007/11/26より引用】 楽天証券、投信の品ぞろえ拡充  楽天証券は投資信託の品ぞろえを強化する。特定の販売会社用の専...
【2007-11-26 Mon 23:34:39】 | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
今日のNIKKEINETで楽天証券で今後公募投信を全て取り扱う方針で、実現すれば1000本強となるというニュースが出ておりました。私、このニュース見たときに特に何も感じなかったのでスルーしてしまっていたのですが、今日色々なブログでかなり好意的に取り上げられてお?...
【2007-11-27 Tue 05:54:06】 | 道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々)
すでに相互リンク先の皆様のブログで書かれていることではありますが、楽天証券が「投
【2007-11-27 Tue 10:10:46】 | 20歳からの投信による資産形成
こんにちは、 インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。 (さっそく)日経ネットのこちらの「ニュース」からどうぞ。   【楽天証券、投信の品ぞろえ拡充】 以...
【2007-11-27 Tue 13:52:06】 | カン・チュンドの 投資のゴマはこう開け!
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。