プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/02/11 (Sun) 01:26:47
エマージング国への投資について
 いつもブログを拝見させていただいているrennyさんが「エマージング国株式投信になぜ投資するのですか」と題して書かれている。

 BRICSなどエマージング国への投資については、「外貨建て資産について」で簡単に触れたが、もう少し詳しく書きたいと思う。

 今のところ私もエマージング国へは直接は投資するつもりはない。その理由は以下の通り。



 日本が世界第2位のGDPにまで成長したように、BRICSなどの国は今後の高成長が期待されており、そういう国への投資が魅力的だと感じるのは否定できないことだと思う。

 だが、問題だと感じるのは、そういう国での投資の過熱ぶりが度々報道されており、例えば、現地の人が値上がりを見込んで借金をしてまでビルを購入したりするような状況では、既にバブルに入っているように思うところだ。

 また、日本でもエマージング国の投資信託が相継いで設定され、それだけでなく一部のBRICs投信が資金が集まり過ぎて販売停止になるなど、これまたバブルの様相を呈している。

 さらに私の身近な知り合いも、これまで投資を行ったことが無い人が初めての投資でエマージング国の投資信託を購入するような事態が結構見られる。投資についてそれなりの知識がある人がエマージング国へ投資するならまだしも、素人に近い人が安易にエマージング国へ投資するのは、正常な状態だとは思えない。

 このようにエマージング国への投資は既に行き過ぎていると感じていることが、投資をしない1つ目の理由だ。1980年代の後半の日本のバブル経済、1999年のITバブルを見ている者にとっては、その後の暴落ぶりは決して忘れることはできない。行き過ぎたものはいつか反転するのが通常である。1本調子で上昇し続けることは無いと思った方が良いと考えている。

 また、その道の専門家ではない人までがたくさん参入してくるのもバブルの兆候だと思う。身近な人が多く参入したり、一般のニュースでも多く取り上げられるようになったりすると、一つの危険信号だという人も多い。
 
 2つ目の理由は、経済は政治に左右される要素が大きいと思っているが、エマージング国は政治的に不安定であり、また、政治が時に暴挙とも言えるようなことを行ってしまう危険性があることだ。

 最近の例では、ロシアがサハリン2プロジェクトを停止させ、事業会社の株式の過半数をロシア政府系独占企業ガスプロムに譲渡させた。エマージング国の発展には先進国からの投資が不可欠で、このようなことを行ってしまうと新たに投資しようと思う外国人はいなくなるだろう。その結果経済が冷え込んでしまうことになりかねない。

 先進国に比べて相対的にこのようなリスクがあると考え、エマージング国へは直接投資はしていないし、今後もしばらくは直接は投資しないだろう。自分の資産は命の次くらいにとても大事なもので、それなりのリスクを取って運用すると言っても、やはり過度なリスクを取らずにまずは守るべきものと考えている。増やすことばかり考えて過度なリスクを取った結果、大きく資産を減らしてしまっては資産運用としては本末転倒だ。資産運用はかなりの悪い事態が起こっても問題がないように考えるべきだと思う。

 だからと言ってエマージング国へ一切投資しない訳ではない。先進国の既に大きく成長した企業が数多くエマージング国へ進出しており、そういう会社へ投資するだけでも一部は間接的にエマージング国へ投資されていることになる。また外国株のインデックスファンドにも若干エマージング国が組み入れられていると思うし、リスクを考えるとエマージング国への投資はこのくらいで十分だと思っている。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(9)
コメント

TB&エントリのご紹介ありがとうございます。
非常に冷静なご意見だと思います。
ボクが問題提起したかったのは、投資を始める人がいきなり「ベトナムが今後面白いと思うんですよね」という理由でコストの塊のような商品に食いつく現状なんです。
2007-02-11 日 09:22:31 | URL | renny #- [ 編集]


失礼ながらブログを拝見し驚き感じたので、恥ずかしながら投稿します。
私は投信歴7年、株式歴30年超(はっきり分かりません。年齢が分かってしまいますね)の会社員です。
最近は年齢制限(!)から10年程度株式から手を引いています。ただし持ち株会の長距離メンバーで、かなり利が出ました。もう少しで退職です。
私はあなたと若干ちがい、実益と勉強の意味を兼ねて、全投資信託の2%を限度にをチャイナ(国を限定)に組み込んでいます。全体の押し上げには平均よりかなり寄与します。ただし、理由はお分かりだと思いますが、今年いっぱい(中?)でチャイナから手を引きます。
また、海外リートにも20%を限度に組み入れています。最近はかなり全体を押し上げました。(感謝、感謝) ただし、2年~3年程度かけて15%以下に変更します。あなたと年齢が違うため海外債券の比率が大半です。
年齢が違うとアセットアロケもずいぶん違うのだなーーー と驚いたので、失礼ながら投稿しました。また拝見させていただきます。ご指導ください。
2007-02-11 日 11:26:34 | URL | tomosa #- [ 編集]


rennyさん、こちらこそいつもTB、CMをいただいてありがとうございます。
私もrennyさんとほとんど同意見でして、思わずTBしてしまいました。
高いコストというのもそうなのですが、軽い気持ちで流行(投機)に乗って、思った結果にならなかった場合のことも心配しています。もっともそうなるかどうかは全く分かりませんが・・・。

tomosaさん、はじめまして。
記事に書いた考え方はあくまでも趣味に近いかたちで投資を行っている私個人のもので、「勝手なことを言っている」と思われる方が多いとは思っております。ただ、いろいろな考え方があると思いますので、その中の1つの考え方としてご意見をいただければ、私も今後の参考としたいと思っております。
tomosaさんは自分の置かれている状況から資産配分をどうすべきかをきちんと考えて投資を行っているようにコメントからは思いました。今のところ運用もうまく行っているようで、しっかりとした投資方法なのだと思います。
私もいずれは定年を考えるような年になりますので、またコメントをいただいて参考にしたいと思っております。
よろしければまた遊びにいらしてください。よろしくお願いします。
2007-02-11 日 16:26:48 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


私は全体の15%ほどをエマージング株式で保有しています。
最大でも2割くらいに抑えていれば暴落しても傷は浅いのではないかと思います。中国やインドはそろそろ長期投資に適してきたような気がします。
松井やマネックスでETFが買えますしね^^
メインにしてはいけないがまったく無視するのもミスミス儲けを失うことになりもったいないと思ってます。
2007-02-16 金 09:44:09 | URL | にじ@Ray #SFo5/nok [ 編集]


にじ@Ray さん、コメントありがとうございます。
確かに、にじ@Rayさんのように比率を抑えての投資であれば問題は無いと思います。エマージング国に直接投資するだけが利益を得られる手段ではなく、そういう国に進出している先進国の会社に投資するのでも間接的に一部の利益は得られると思いますので、今のところは後者を選んでいます。あと、私の目標とするアセットアロケーションは株式の比率が80%も占め、これ以上リスクを高めるのも問題ありというのも理由の一つです。
2007-02-17 土 00:55:36 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

ちょっとした駅前の中小書店に、「BRICs投資」の本が所狭しと並びだした時点で、やはり危ないにおいを感じておりました。
非常に論理的で、参考にさせていただきました。
2007-02-22 木 23:56:10 | URL | 世界のREIT #/p.sSoD. [ 編集]

世界のREIT さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
エマージング国の投資は危ない匂いは感じるものの、正直なことろよく分からないのです。世界のREITさんのように危険な匂いを感じる人がまだいるうちは大丈夫なのかもしれません。
事前にバブルを当てることは困難で、後にならないとわからないところが、投資の難しいところでもありますね。
2007-02-23 金 01:01:55 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


fundstoryさん

私もあまりエマージング諸国には投資するには少し気後れしていましたが、あらゆる情報を調べた結果 中国は投資に値するのではないかと感じチャイナファンドのみ長期保有していくつもりです。
でもこのfundstoryさんの記事は大変参考になりました。リスクがありながら保有していくことを忘れないつもりです。
2007-02-24 土 22:41:29 | URL | takenuko #- [ 編集]


takenuko さん、はじめまして。
「儲かる!」などの記事に煽られてしまうのは危険だと思いますが、自分なりにいろいろと調べた上で投資されるのは、良いのではないでしょうか。自分なりの考え方がきちんと持てることが重要だと思います。
2007-02-24 土 23:19:13 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。