プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/12/02 (Sun) 01:15:16
日本株式の下げ幅が大きいが
 今年の株価であるが、欧米諸国に比べて日本の下げ幅が大きい。先進国の代表的な国について、11月末までの今年の騰落率は次のようになっている。

  米国(DOW)    +7.3%
  英国(FTSE)    +3.4%
  独国(DAX)    +19.3%
  仏国(CAC)    +2.3%
  日本(TOPIX)   -8.9%

 サブプライムローン問題などで大きく下げた印象があるが、日本以外は意外にもプラスとなっている。日本だけはマイナスで、断トツの悪さとなっている。日本はサブプライムローン問題の影響は欧米に比べたら少ないはずであるが、株価は一番悪い。特別に景気が悪いわけでもなさそうである。なぜこれほど株価が下がっているのだろうか?


 この理由はよくわからないが、小泉純一郎氏が内閣総理大臣だった時の構造改革路線で日本経済が良くなるという期待があったが、その後、自民党が参議院選挙で大敗し、安倍晋三氏が内閣総理大臣を辞任するなど政治的な混乱が起き、福田康夫氏が内閣総理大臣になるものの、構造改革は未知数だとの見方が多く、日本の政治、経済には期待できないとの判断によるものだとも一部では言われている。

 小泉純一郎氏が内閣総理大臣であった数年間は、外国人が日本株式を非常にたくさん買っていたようである。それが、構造改革ははげ落ち、人口減少や経済停滞が予想されているので、買いが止まるのは当然かもしれない。特に日本は先進国の中でも一番早い速度で高齢化が進むとも言われており、それによる経済縮小は大きな問題なのであろう。

 日本という国は確かに高齢化が急速に進み経済が縮小するかもしれないが、それがダイレクトに株価に反映されるのが正しいのかは疑問に思う。なぜならグローバル化も進み、企業はどんどん海外へ進出しており、収益を稼ぐ場は日本国内に留まらないはずだからである。

 例えば日本を代表する会社で、世界一の販売台数をうかがっているトヨタ自動車だが、連結ベースの売上高は半分近くが海外となっている。また、ソニーに至っては7割以上が海外となっている。既にこれだけ海外で稼いでおり、今後益々この傾向は強まってもおかしくない。

 そんな企業の姿を表す株価が日本国内だけの状況を表し続けるとは個人的には思えない。今の株価は一時的なもので、いずれは修正されていくのではないかと思っている(日本の株価はそのままで海外の株価が下げるのかもしれないが)。割高なものはいずれ下がって適正な水準となり、割安なものはいずれ上がって適正な水準となるはずである。

 したがって、日本株式が世間で言われているほど先行きが暗いと思っていない。あまり悲観することなく、長期的な視野でじっくりと保有していれば、いつかはきっと良い結果につながると思う。さわかみファンドも未だに日本株式一辺倒で、日本株式に強気であるのも、心の支えとなっている。

 ただ、だからと言ってリスク分散を怠ってはいけない。目標とするアセットアロケーションから大きく外れないように適正な配分とするのは、言うまでもない。あるところでは強気に考えても、行動は行き過ぎないようにすること、そんなバランスが良いのではないかと思う。
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

海外債券インデックス投信を買うより、ドル、ユーロ、オーストラリアドルくらいのMMFを保有するほうがコストが安いため、効率がよいと聞きましたが、本当でしょうか。
2007-12-03 月 21:05:36 | URL | 名古屋ミオ #- [ 編集]

>名古屋ミオ さん

 外貨建てMMFの方が海外債券インデックス投信よりコストが安いとは必ずしも言えないと思います。例えばゴールドマン・サックス・米ドルMMFの信託報酬は上限が0.85%となっており、上限との表現なので実際の率はわかりませんが、異常な低金利下でなければ上限に近い率の信託報酬が引かれているのではないかと思われます。これだと海外債券インデックス投信とそれほど変わらないと思います。
 外貨建てMMFは安全性が高いですし、比較的短期間での運用に適していると思いますが、運用期間が長期間になる場合は長期債も組み入れた投信などが個人的には良いと思います。
 保有コストに着目するなら外国債券を直接買うか、海外債券のETFというのも選択肢になると思われます。ただ、少額での積み立てはできないのが難点ではありますが。
2007-12-04 火 01:06:56 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。