プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/12/30 (Sun) 23:48:37
2007年下期運用結果
 2007年の運用成績をまとめた。

 まずは、2007年下期(半年間)。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \3,558,806 \3,227,018 \-331,788 -9.32%

 1割近いマイナスとなった。金額にすると33万円強のマイナスで、結構大きい。でもこのくらいでうろたえてしまうようだと投資を続けることは難しいと思う。自分のアセットアロケーションだと1年間で20%程度マイナスになる可能性がある(2σで考えた場合で、2σの範囲に収まる可能性は約95%)。だから1割弱のマイナスなどまだまだ序の口、想定の範囲内だと思っている。



 次に2007年通期(1年間)。 投資状況(グラフ)はこちら

  期首 期末 損益 損益%
全体 \3,296,261 \3,227,018 \-69,243 -2.10%

 2%強のマイナスとなった。金額では7万円弱のマイナスで、1年間では小幅な動きで終わったことになる。前半の好調さが、後半は一転して大きく崩れ、ほぼ相殺したような感じだ。これを見て、「やはりある程度利益が出たところで利益確定して、下がったら買い戻すべき」と考える人もいるだろうが、そううまく先が読めるものではない。この結果に満足するものではないが、利益確定しなかったことを全く後悔するものでもない。長期的な上昇を信じているので、それだけを狙うので十分だ。

 2007年の株式相場は久しぶりに大きく揺れたような気がする。その原因はサブプライムローン問題だ。最初は楽観視されていたものの、夏場になってから欧米金融機関が多額の損失を発表して深刻化した。どこまで深刻になるかわからないが、そろそろ最終局面との見方をする人も多く、来年中にはある程度目途が付く可能性もあるのではないかと個人的には思っている。

 10年ごとに繰り返される経済的な大事件。

   1987年 ブラックマンデー
   1997年 アジア通貨危機
   2007年 サブプライムローン問題

と、見事に10年ごとに繰り返されている。2007年の年初にも何か経済的な事件が起こるのではないかと言う人もいたのだが、言っていた人も本当に起こるとはどれだけ思っていたのだろうか?10年後の2017年も何かが起こると言われると思うが、それがまた起こるのか、不安でもあり楽しみでもある。

 また、年初は一部では日経平均が2万円超えなどの景気の良い予想がされていたが、サブプライムローン問題などで日本株は大きくマイナスになるなど、予想は大きく外れたと言ってよいだろう。これを教訓として予想は当たらないものと考えて、偏ったポジションを採らないなど気を付けるべきだと思う。

 株式相場は大きく揺れたが、投資信託には良いことがたくさんあったように思う。まずは、なんと言ってもセゾン投信の誕生であろう。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は低コストで株式と債券に世界分散投資できる非常に良い投資信託であると思う。11月にはイー・トレード証券などで「住信-STAMインデックスファンドシリーズ」の取り扱いが発表されるなど、低コストの投資信託が増えた。

 また、海外ETFの「iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)」が購入できるようになり、 「iShares S&P500 Index Fund (IVV)」などとの組み合わせで、低コストな海外ETFでも世界分散投資が可能となった。さらに年末近くなって「iShares MSCI KOKUSAI Index (TOK)」が購入できるようになり、TOKこれ1本で外国株式は十分と言えるような環境になった。海外ETFは日本市場への上場が期待されるところだが、商品としてはほぼ十分にそろったと思う。

 1年を通して見るといろいろなことがあったが、来年もおそらくいろいろなことが起こると思う。何が起こっても動じないように、また浮かれないようにしていかなければならないと思っている。そんな動きを楽しむ余裕をもって臨みたいと思う。

 それでは良いお年をお迎えください。
2007年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。