プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/01/12 (Sat) 00:33:49
運用経過(2008年01月11日)
 アメリカ株は、先週末発表の雇用統計が悪化し失業率も上昇したことから景気減速懸念が高まり、大きく下落した。その後もさえず、金融当局の景気減速発言に敏感に反応して、大きく下げたが、週後半はバーナンキFRB議長の大幅な追加利下げを示唆する発言を好感して、大きく上昇した。

 日本株は、先週末の雇用統計を受けたアメリカ株の大幅下落から、大きく下落して始まった。その後、底堅さを見せる場面もあったが、アメリカ株が上昇しても反応は鈍く大きく下落し、週末には米メリルリンチが巨額の損失を計上する見通しとの報道を嫌気して、大幅下落が続いた。

 保有の投資信託は、全体では大きく下落した。ひどい下落が続いているような感じであるが、保有の資産を冷静に見てみると、株式クラスは大きく下落しているものの、債券クラスは上昇している。当然株式クラスの方が値動きも大きく、保有割合も多いので、債券クラスの上昇で全てを補えるわけではないが、多少のクッションにはなっている。株価が大きく下落している時こそ債券クラスをある程度保有することの大切さを身にしみて感じるものだ。

 今週の購入などは以下。

  ・バンガード・ウェルズリ・インカム・ファンド
       口座管理料支払  78円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2008年上期運用経過 | Trackback:(1) | Comments:(2)
コメント

一寸、遅れて謹賀新年です。確かに仰るとおり外債(インデックスもゼロクーポン&ストリップス債も)の癒し効果は有りますね(笑)。小生の場合は、目標達成(FI)して、運用資産は日本国内金融機関に預けて国外逃走(放浪)を企てているので、国外居住中、リバランスが不可(口座凍結)の観点から、株50%程度のインデックス型バランスファンドに運用資産全体の85%まで移し替え中です。残り15%はゼロクーポン債の予定です。まだ完全ではありませんが、今、2,3年前の小生のアセットアロケーション、日本株(生株)80%以上の状態だったらと思うと・・・。分散投資の重要性(国内外)、また債券のアセットの重要性(株とは逆相関)を再認識させられました。やはり、市場から退場させられないように投資するのがポイントですね(笑)。

>株価が大きく下落している時こそ債券クラスをある程度保有すること
>の大切さを身にしみて感じるものだ。

年齢の若いインデックスブロガーの方々は、リターンを重視して80%程度、株式インデックス投信のアセットを組み込んで運用されていますし、小生の場合は個別・生株集中投資でリターンを重視した運用をしました。若いうちはこの戦略で良いと思います。問題はどちらにしても、目標達成したとき如何にアセットアロケーションを変えていくか(債券比率を上げるか)。出口戦略も重要ですね。入口戦略、どうやって資産を増やすか、FXでも株でもインデックス分散投資でも、所謂、How-toもののブログ、書籍は山ほどあるんですが。入口戦略ものばかりだと、個人投資家のブログ(特に株式の)で06年初め(ライブドアショック)で更新が止まってしまった幽霊ブログがなんと多いことか。「もっといける、もっといけ」になってしまうと危険なんですよね。投資は難しいし奥が深い。

追伸;「堂島ロール」?知りませんでした、大阪近郊に住んでるんですが。小生、野郎なもので(笑)。今度、梅田に出るとき、チャレンジしてみます。並んでないと良いけども。
2008-01-12 土 16:13:32 | URL | Werder Bremen #- [ 編集]

>Werder Bremen さん

 今年もよろしくお願いします。

 既に十分な資産を築いたWerder Bremenさんには関係ないことだと思いますが、今後もらう年金で老後は国外で暮らすことを考えている人が結構いるようなのですが、円安が進むと、年金の円資産は外貨にすると大きく目減りしてしまうため、国外で暮らすプランは見直しに迫られるらしいですね。円安っていいことばかりではないと言われていますが、こんなところに影響するなんて以前は知りませんでした。

 おっしゃる「出口戦略」は確かに重要ですね。私も「出口戦略」を考えなくてはいけないなと思ったことはあるのですが、まだ想像が付かず、そのままになっています。あまり債券の比率を高くし過ぎると強いインフレになった時に問題になりますので、株式の比率は下げ過ぎないようにするのが良いのかなとは考えていますが、自分の考えはほとんどまとまっていません。この辺も少しずつ考えていければとは思っています。

 「堂島ロール」ですが、大阪には他にもおいしいものがたくさんあると思いますので、「堂島ロール」だけに注目してもどうかいうところはあると思いますよ。私はたまたま苦労もせずに食べることができたので、意外感からのおいしさを感じたと思いますが、とても苦労して手に入れたのであれば、その苦労に見合うおいしさを感じたかどうか・・・。もし何かのついでに手に入れられそうな機会があれば、ぜひお試しください。


2008-01-15 火 00:39:56 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

追加利下げ に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…
【2008-01-12 Sat 01:21:27】 | 話題のキーワードでブログサーチ!
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。