プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/02/21 (Thu) 23:52:28
日経マネー4月号に「インデックス君」の1人として掲載されました
日経マネー 2008年 04月号 [雑誌]
日経マネー 2008年 04月号 [雑誌]

 今日2月21日発売の日経マネー4月号の「インデックス君10人の運用術」の記事に、相互リンクしていただいているblogの管理人の方が多く出ているのだが、その中に私fundstoryも掲載された。「インデックス君」とは「インデックス投資を行っている人」と一般には解釈されると思うが、日経マネー4月号の記事では少し違う表現で紹介されている。ちょっと褒め過ぎた表現だと思えるが、なかなか良い表現だと思った。どんな表現かが気になる人は記事の方を読んでみてください。


 「インデックス君」の記事で感じたのは、私以外の他の方が実に若いことだ。まさか私が1、2番に年をとっていたなんて記事を読むまで思いもしなかった。それだけ若いうちにまともな投資方法を身につけると、将来が非常に楽しみだろう。私が若かった頃はまだ投資が今ほど一般的に広まっていなかったこともあり、環境面で今の若い人がうらやましく思う。

 あとは、意外に私のインデックス投資歴が長いということにも驚いた。私が投資を始めた当初はアクティブファンドばかりでインデックスファンドには見向きもせず、途中からインデックス投資に移行したため、インデックス投資には出遅れた感を非常に強く持っていたのだが、年を取っているせいもあってか、その分投資歴自体が長く、結果的にインデックス投資歴も長かったようだ。

 私の直近1年間の成績は大きなマイナスで散々だが、直近3年や投資を始めてからのトータルではプラスとなっており(直近1年以外は「インデックス君」の記事には載っていないが)、私自身が長く続けることの重要性をあらためて感じるし、最近投資を始めた人、これから始めようとする人にも感じてほしいと思う。

 日経マネー4月号ではこの他にも、さわかみ投信の澤上篤人氏と「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」の勝間和代氏の対談や、山崎元氏やジム・ロジャーズ氏の記事など、個人的に興味深い記事がたくさんあり、後でじっくりと読んでみたいと思っている。

<参考エントリ>
「日経マネー2月21日発売号に掲載されます!」 (うんぼぼの投資日記)
「日経マネー4月号 サラリーマン資産倍増計画」 (NightWalker's Investment Blog)
「日経マネー4月号に掲載されました」 (カウンターゲーム)
「日経マネー4月号特集「サラリーマン資産倍増計画」」 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
投資本 | Trackback:(4) | Comments:(6)
コメント

いつも大変参考になる記事をありがとうございます。やはり先達の言葉は重みが違いますね。私は最近投信等を始めた若輩者で、ここのところの相場には凹んでいますが、fundstory さんの blog に勇気づけられております。日経マネーはまだ見ておりませんが ^^; 拝見させていただきます。
2008-02-22 金 06:42:50 | URL | bcshu #JalddpaA [ 編集]

”大相場師君”とか”山師君”とかいう記事はないんですか?なければ、小生が呼ばれハズないか、トホホ(笑)。
2008-02-22 金 20:35:39 | URL | Werder Bremen #- [ 編集]


早速、買って読みました。
「インデックス君」達のアセットアロケーションは勉強になりました。
100人100様でどれがベストかは自分次第ですね。
2008-02-22 金 22:20:51 | URL | nobita #x8agKnGY [ 編集]

>bcshu さん

 投資を始めたばかりで含み損を抱えてしまうと確かに凹みますね。でも、そういうものだと受け入れることも必要だと思います。一度受け入れてしまうと、そんな相場も安値で買える好機だと思えてくると思います。お若いようですし、まだまだ時間はたっぷりあると思いますので、焦らずじっくりと運用していってほしいと思います。


>Werder Bremen さん

 Werder Bremen さんのこれまでの投資歴は、ぜひ本などにしてもらって読む機会を作ってほしいと思います。あの大きく下げ続ける相場の中で辛抱して大きな果実を得て、そこでいい気にならずリスクを減らす運用に移行するのは、なかなかできないと思います。


>nobita さん

 アセットアロケーションをどうするのかはとても難しいと思いますので、他の人のものはそのまま当てはめられなくてもかなり参考になると思います。私も相互リンクしていただいている方のものなどを参考にしています。
2008-02-23 土 00:11:18 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


アセットアロケーションにはその人の考え方や思いが表れるので、他のかたのアセットアロケーションはとても参考になりますよね。
2008-02-23 土 13:37:12 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

>水瀬 ケンイチ さん

 他人がどういうアセットアロケーションにしようが、自分とは生き方も考え方も違うので、参考になる場合ばかりとも言えないのかもしれませんが、自分だけで一からアセットアロケーションを築くのは難しく、やはり他の人のものはたいへん参考になると思っています。
 私は自分の考え方に自信がなくなることも多いので、他の人のものをかなり参考にさせてもらっています。
2008-02-24 日 01:44:29 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日経マネー4月号P.27の端っこに紹介されています。 日経マネー 2008年 04月号 [雑誌](2008/02/21)不明商品詳細を見る インデックス君10人の中のひ...
【2008-02-22 Fri 06:36:19】 | カウンターゲーム
数日前に発売された「日経マネー4月号」ではサラリーマン資産倍増計画という特集が組まれており、「下げ相場でも動じない!インデックス君...
【2008-02-24 Sun 09:47:21】 | 投信で手堅くlay-up!
JUGEMテーマ:株・投資  愛読している各投資ブロガーの皆さんが「インデックス君」として紹介されている、「日経マネー 4月号」を買ってみた。  敬愛する水瀬ケンイチさん、34歳なんだ……(汗)。  澤上のおっちゃんと対談していた勝間和代さん、メンズライクに...
【2008-02-27 Wed 13:35:12】 | nancix Diary
インデックス投資家の皆さんの紹介と勝間さんと澤上さんと また、ぺらぺらと見ていたらいろいろ面白かったので備忘録も兼ねて書いてみるTest こちらのブログでリンクを貼らせて貰っているインデックス投資家の皆さんのアセット・アロケーションなどが紹介されている。 ...
【2008-04-06 Sun 00:10:13】 | のらFPのブログ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。