プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/03/08 (Sat) 22:31:58
セゾン投信の2ファンドに新しいファンドが追加
 セゾン投信のファンドである「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」の2月の月次運用レポートにそれぞれ新しいファンドを組み入れる予定であることが書かれていたのだ。アクティブファンドである「セゾン資産形成の達人ファンド」の方はともかくとして、インデックスファンドの「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の方に新しいファンドを組み入れるなんて、何かの間違いじゃないかと思っていた。

 本日、セゾン投信から2つのファンドの目論見書が届き、内容が明らかとなった。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に新しく組み入れられるのは

  ・バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド

で日本を除くアジア太平洋地域の先進国に投資するファンドということだ。なるほど、この地域は投資対象から外れていたので、きちんとした世界分散投資ということを考えると、理にかなっていると思う。


 一方の「セゾン資産形成の達人ファンド」の方は一気に以下の4つのファンドが追加になる。

  ・バンガード・ジャパン・エンハンスト・エクイティ・ファンド
  ・TMA長期投資ファンド<適格機関投資家限定>
  ・ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA
  ・ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA

 「バンガード・ジャパン・エンハンスト・エクイティ・ファンド」以外は「ありがとうファンド」にも組み入れられているものだ。これらのファンドがどのような運用を行っているのか、詳しくは知らないのだが、「ありがとうファンド」に続き「セゾン資産形成の達人ファンド」にも組み入れられるということは、とても注目に値する運用を行っているのだろうと思う。

 「セゾン資産形成の達人ファンド」は特にヨーロッパ地域のファンドを組み入れたことで、本格的なファンドになりつつあると感じている。日本地域がちょっと多いような気もするが、日本で生活する以上は円資産が重要であり、そうであればあまり多くの外貨建資産を持つことは多少問題があるかもしれない。したがって日本で一生生活すると考えている人にとっては日本地域をある程度多くすることは良いことなのかもしれない。

 これで「セゾン資産形成の達人ファンド」のコストは1.3%±0.2%程度ということだ。コストの安さはあまり感じられないがアクティブファンドとして見れば安い方に入ると思う。

 セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」だけで投資対象としては十分かもしれない。あまりいろいろと考えるのが面倒な人は、セゾン投信でこの2つのファンドを適当な比率で持つだけでも、退屈せず十分な資産運用ができるのではないかと思う。

<参考エントリ>
「セゾン投信の新しい組み入れファンド!」 (NightWalker's Investment Blog)
「セゾン投信ウオッチ 2008年3月号」 (rennyの備忘録)
「セゾン投信に太平洋地域を追加」 (カウンターゲーム)
「セゾン投信が久しぶりに動いたです。」 (かえるの気長な生活日記。)
「セゾン資産形成の達人ファンドの新たな組み入れファンド」 (うんぼぼの投資日記)
投資信託雑感 | Trackback:(2) | Comments:(7)
コメント

リンクURLの変更ありがとうございました。

「セゾン・バンガード」にアジア太平洋地域が組み込まれると言うことで、あと残ったのは大物は「カナダ」ですね。資源もあり気になるところです。
2008-03-09 日 01:55:37 | URL | じゅん@ #mQop/nM. [ 編集]


参考エントリありがとうございます

比率で言うと2%と体感的には微々たる話ですがファンドが進歩しているのを感じますね
2008-03-09 日 06:59:53 | URL | とよぴ~ #- [ 編集]

>じゅん@ さん

 そういえば「カナダ」も抜けているんですね。広大な国土にたくさんの資源が眠っており、確かに有望ですね。セゾン投信では「カナダ」も組み入れるように検討しているのでしょうかね?


>とよぴ~ さん

 今回のようにインデックスファンドも進歩しているんですね。頻繁に組み入れファンドが変わるのは問題だと思いますが、意味のある変化なら歓迎です。こんな変化があるとインデックスファンドだけの投資でも退屈しないかもしれません。
2008-03-09 日 21:21:33 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


私も2本とも積立しています。
ただし、少額ですが・・・。
それと外国株式インデックスも少々。
財形年金、自社株も本当に少額を。

2008-03-09 日 23:08:39 | URL | 愛犬クロリス #vXeIqmFk [ 編集]

>愛犬クロリス さん

 少額ずつ投資するのは分散という意味からも良いことだと思います。リスク資産だけではなく財形のようなリスクを取らない資産もしっかりと持つことが大事だと思います。私も財形で積み立てを行っていますよ。
2008-03-09 日 23:48:53 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


>日本で生活する以上は資産が重要であり、そうであればあまり多くの外貨建資産を持つことは多少問題があるかもしれない。したがって日本で一生生活すると考えている人にとっては日本地域をある程度多くすることは良いことなのかもしれない。

はじめまして。
いつもブログ拝見させていただいております。
今回はちょっと気になったので、教えていただきたくコメントさせていただきました。
株式:債券の比率同様、円資産:外貨資産の比率と言うのは、どこでも議論されるところですよね。
私自身はセゾンバンガードのように外貨資産が多くても問題ないと考えております。中野社長も確かどこかの本で書いていました。
fundstoryさんの御意見を聞かせていただけたらと思います。
よろしくお願い致します。
2008-03-10 月 20:09:40 | URL | COCOA #- [ 編集]

>COCOA さん

 どのようなアセットアロケーション(資産配分)が良いのかは、正解というようなものはないと思います。それぞれ取れるリスクの大きさや考え方で大きな違いが出てくると思いますので。
 私個人はリスク資産については外貨建て資産の比率を高くしておりますが、生活防衛資金を入れた資産全体で考えればそんなに大きくありません。今のところ日本で一生生活すると考えているので、生活品に占める輸入品の金額の比率を基本にして考えております。
2008-03-11 火 00:02:57 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

数多くある投資信託の中で数少ない「買い推奨」のファンド セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドに新しいファンドが組み込ま...
【2008-03-09 Sun 07:00:32】 | カウンターゲーム
本日、セゾンから当ファンドとセゾン資産形成の達人ファンドの改正された投資信託説明
【2008-03-13 Thu 21:47:19】 | レバレッジ投資実践日記
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。