プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/03/09 (Sun) 23:58:22
楽天証券でも「住信-STAMインデックス・オープン」を取り扱い
 他のblogで既に紹介されているが、低コストのインデックスファンドである「住信-STAMインデックス・オープン」が楽天証券でも取り扱われる。というか、既に3月7日から取り扱われるいるようだ。このニュースはトップページや最新情報には掲載されておらず、いろいろと探してみたら「新規取扱」のところにあった。

 これは予想できなかった。当初は「住信-STAMインデックス・オープン」はSBIイー・トレード証券の看板ファンドになるかと思ったのだが、先日フィデリティ証券、ジョインベスト証券で取り扱われることになり、これに続いて楽天証券でも取り扱いが決まった。


 海外ETFの取り扱いでは楽天証券が先行したのだが、その後、投資信託では「住信-STAMインデックス・オープン」の取り扱いや自動積立でSBIイー・トレード証券などが巻き返していた感じで、楽天証券の魅力がちょっと薄れた感もあった。それがここにきて投信積み立てサービスに続いて、低コストの「住信-STAMインデックス・オープン」を取り扱うこととなって、また1歩リードした感がある。

 今回のが楽天証券からのアプローチなのか、住信アセットマネジメントからのアプローチなのか、よくわからないが、勝手に次のようなことを思った。これまでインデックスファンドでは中央三井アセットマネジメントのインデックスファンドシリーズが運用実績でもコスト面でも際立っていたと思う。中央三井アセットマネジメントは中央三井信託銀行の傘下、住信アセットマネジメントは住友信託銀行の傘下、ともに信託銀行傘下の運用会社でありライバル関係にあると言っても過言ではない。中央三井に対抗して住信が攻めに出たという感じではないか。住信アセットマネジメントは純資産残高の増加のために販売チャネルを増やし、いずれは中央三井を追い抜く、そんな思惑があって立て続けに取り扱い会社を増やしたということろではないだろうか。

 そんな競争なら大歓迎だ。競争によりどんどん受けられるサービスが良くなる。もっともっと競争してもらいたいくらいだ。

 今回の楽天証券の取り扱いで、自分がどこでインデックスファンドを積み立てるかがまた大きく迷うことになりそうだ。楽天証券では「住信-STAMインデックス・オープン」は今のところ自動積立に対応しないようであり、また手動で買うにしても分配金受取コースのみのようである。いずれ近いうちに改善されるとは思うが、できるだけ早く改善してほしいと思う。

<参考エントリ>
「STAMシリーズ  ~2008/3/7」 (NightWalker's Investment Blog)
「楽天証券も「STAM インデックス・オープン」シリーズ取扱い開始 」 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
「STAM-インデックスファンドシリーズ、取り扱い拡大中」 (投信で手堅くlay-up!)
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。