プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/03/16 (Sun) 00:00:16
株価下落で含み損拡大、踏みとどまるのか、ふるい落とされるのか?
 株価の下落が止まらない。2003年くらいから株価が上昇して2005、2006年になるとちょっと好調すぎた感じがあったので、一昨年くらいからちょっと大きめの調整(下落)があるだろうなと感じていたのだが、これほどまでの下落は予想できなかった。ちょっと驚いてはいる。

 これで株価の下落がおさまる気配はあまりなく、1ドル100円を突破する円高ドル安が進み、原油価格も1バレル100ドルを超えて最高値を更新しており、景気後退が現実のものとなりつつあって、さらなる株価下落も予想される。


 そんな中、特にこの1、2年で投資を始めた人は非常に辛い気持に陥ってしまっている人も多いかもしれない。日経平均でみると、一時は18,000台にあったものが12,000円台にまで落ちた。30%以上が減ったことになる。日本株式を中心に投資している人は30%くらいの含み損を抱えている人が少なからずいるのではないだろうか?外国株式の割合を多くしている人でも円高ドル安が大きく進行したため、同じくらいの含み損を抱えている人もいると思われる。

 30%の含み損と言っても実際にそれを抱えてみると結構堪える。私もつい6年まえくらいには30%くらいの含み損を抱えたことがあった。30%という含み損の大きさもあるが、含み損を抱えた期間も約3.5年間と長かったため、かなり堪えた。

 でも、リスク商品に投資するということはそういうことも覚悟しておかなくてはいけないということだ。これだけ株価が下落してさらなる下落もあるかもしれない中で、投資に対する姿勢を試されているということかもしれない。踏みとどまれるなら投資する資格があると言えるし、逆にふるい落とされるならそれまで、つまり投資など止めた方がよいということではないだろうか?

 私自身は以前大きな含み損を抱えた時には踏みとどまることができた(損に対して鈍感だっただけかもしれないが)。その後、株価が上昇してある程度の含み益を抱えるほどにもなった。この経験に気をよくして投資を続けようと思った。しかし、その含み益も底を突こうとしている。

 これを見て、やはり投資は難しい、ギャンブルと同じではないか、ある程度儲かったところで売り抜けるべき、と思う人も多いと思う。それも一つの考え方だと思う。それぞれの考え方があると思うので、もし、今起こっている株価の大きな下落を見て、非常に不安に思う人は、やはりやめた方がよいと思う。

 でも、私は踏みとどまって投資を続けようと思う。成功するか失敗するかはわからない。でも長期的な株価の上昇を信じている。その根拠となるものは、過去の長期的なデータがそれを示していることが大きい。逆説的には資本主義経済は経済の成長(経済の成長は株価の上昇につながる)なしに成り立たない経済だと思うから。

 だから、含み益から含み損に転じることになったとしても、投資をやめるつもりはまったくない。むしろ含み損に転じるほど株価が下落するということは安く買える好機である。将来株価が上昇すると信じるなら今の株価下落は安く仕込むために望むべきものだ。最近ではそういう考えを強く持つようになったため、今の株価下落はちっとも辛くない。

 このように考えるべきというつもりはまったくないのだが、今の株価下落をいい機会ととらえて、今後の投資についてきちんと考えてみてはどうだろうか?数多くのプロが集う投資の世界で素人の個人が簡単に儲けられるものではないと思うので、本当にいい機会だと思うし、後で後悔しないためにも考えてみるべきだと思う。
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(5)
コメント
ここ1~2年で投資を始めましたので、
現在、含み損拡大中です。
昨年1年間では、マイナス1%程度のトントン。
今年度は、2月末締めで約8%程度のマイナス。とほほ。
今月末は、もっとマイナス幅が増えるだろうな。つらい。

しかし継続して投信を購入するぞ。
安く買えて嬉しいな。

と、自分自身に言い聞かせて投信を少額購入しています。


2008-03-17 月 19:46:22 | URL | 愛犬クロリス #vXeIqmFk [ 編集]

>愛犬クロリス さん

 投資を始めた時期によっては、いきなり含み損を抱えてしまうこともありますので、仕方がないことだと思います。どのようなアセットアロケーションなのかわかりませんが、株式中心なら8%程度の損失はよくあることだと思います。
 ただ、自分の取れるリスクを超えているかもしれませんので、その辺はもう一度見直した方が良いのかもしれませんね。長く投資を続けること、そのために適切なリスクに抑えることが大事だと思います。
2008-03-17 月 22:36:02 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


そうですね。
少しリスクをとり過ぎかな?
日本株式と少々のリートが足を引っ張っています。
(先進国株式もですが・・・)
流動性ポジションを少し高めにします。
2008-03-18 火 08:41:21 | URL | 愛犬クロリス #vXeIqmFk [ 編集]

 昨年より投資信託をはじめ、昨日の時点で含み損20%を超えてしまいました。おもに新興国の落ち込みがひどいです。
 すぐ使うお金ではないので、数年持ちつづければやがては、今よりは回復するだろうとは思ってはいますが、マイナスの%ではなくマイナスの金額自体を見てしまうと、やはり胃が痛い毎日が続いています。
 いまさら、もう損切りも出来ないですし、のんびりと回復を待つしかないですね。。。
2008-03-18 火 13:12:41 | URL | デイブ #8Y3ok39U [ 編集]

>愛犬クロリス さん

 リスクを取り過ぎかどうかは、なかなか分からないものですので、リスクを下げると言っても実際にはどの程度下げればよいのか難しいかもしれません。将来上がっても、下がっても、後悔が少ないような適正なリスクのポートフォリオが作れるといいですね。


>デイブ さん

 投資金額の大きさによっては含み損金額も大きくなりますので、平然としていられないという気持ちはよくわかります。よい機会だと思いますのでリスクの存在を改めて認識されて、今後に生かしてみてはどうでしょうか?起こってしまったことはある意味仕方がないことだと思いますので、それを今後にどう生かすかが重要だと思います。
2008-03-19 水 00:06:53 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

私のリンク先で 先輩投資ブロガーさんである fundstoyさんのエントリーで大変参考になるものが 掲載されています 株価下落で含み損拡大、踏...
【2008-03-16 Sun 10:34:16】 | 投信で投資
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。