プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/04/02 (Wed) 23:55:20
とりとめのない話をいくつか
 4月、新年度に入った。毎年恒例のことだが、会社には新入社員が入り、初々しい空気が漂っている。と言っても、新入社員を見るのは初日の少しだけで、すぐに研修等に入り、再び配属されるまでにはしばらくの期間が経ってからのことになる。

 私が就職したのは十ウン年も前のことだが、入社式の後は落ち着くことなくすぐに新入社員全員で研修となった。その研修は最初の3日間は会社で、夜は家に帰ることなく会社近くのホテルに泊まらされた。その後1週間は富士山の近くのホテルに缶詰めにされ研修漬け。

 それでも同期の人間と友達になる良い機会であるし、その後長い会社勤めを考えると、頼れる力強い仲間となる可能性もあり、同期の仲間との濃い研修はとても大事なのかもしれない。


 さて、話題は変わるが、プロ野球では楽天が6連勝、巨人は球団史上初の開幕5連敗となるなど、大荒れのようだ。日本プロ野球は大リーグに押されて人気低迷が顕著であるが、ファンの多い巨人がこれでは人気低迷もしばらく続くのではないかと思う。経済が上向きになるためにはプロ野球も盛り上がった方がよいと思うのだが、どうなのか?

 本題の株式市場であるが、こちらは意外にも堅調。日経平均は4月2日だけで500円以上の大幅上昇となった。これが続くのかどうかはまったくわからないが、まだまだ荒れると思った方がよいかもしれない。この数年は5月から7月にかけて大きく荒れた年が多かったような気がするし、また、バーナンキFRB議長は2008年前半はマイナス成長の可能性があることを述べたそうだから。

 相場がどうなろうともあまり一喜一憂せずにコツコツと積立投資を続けるというのが、あらためての決意だ。相場が上がれば既に保有している分に含み益が出るし、下がってもこれから積み立てる分は安く買えるメリットがある。今月から積立金額を増やす予定なので、相場の下落はむしろ好感したいくらいだ。

 とりとめのないこと、いつも書いていることと同じ内容を書いてしまったが、これまでと変わらずのんびりと続けていこうと思っている。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

fundstory 様

いつもお世話になっております。
うちの会社にも新入社員が入ってきましたが、本当に初々しいですよね。うちは研修はちょっとしかなく、ほとんどOJTといった感じです。

楽天強いのはびっくりですが、巨人はあれだけの戦力なのに弱いですよね。やはり巨人が強くないと盛り上がらないですね。巨人ファンの私も弱すぎて、見る気なくなってますから。

バーナンキさんは、マイナス成長の可能性を示唆しましたが、NYも日経も思ったより下がらなかったので、底は近いのかなと思っています。とかいって私、本日空売りして痛い目にあってるんですけどね(ノω・、)

では、また遊びに来ます。
2008-04-04 金 23:10:02 | URL | スライル #- [ 編集]

>スライル さん

 最近の新入社員の研修は短くなる傾向なのでしょうか?うちの会社は結構長いですね。4か月近くやってますね。その後OJTに移りますが、OJTも研修みたいなものかもしれません。
 相場の動きは分からないものですね。悪材料も更なる悪材料の引き金と見られる時もあれば、悪材料出尽くしで好感される時もありますから。投資を続ければ続けるほど先の動きは読めないと感じております(汗)。
2008-04-06 日 00:53:53 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。