プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/04/06 (Sun) 22:58:50
ポートフォリオの中核はやはり「仕事」だと思う(その2)
 前回「ポートフォリオの中核はやはり『仕事』だと思う」を書いたが、その続きである。前回は、仕事は

  ・ほぼ確実にある程度の金額を稼げる
  ・努力が給料等に反映されやすい

ことを書いた。

 仕事でより多くのお金を稼ぐことができたとしたら、投資についてもより多くのリスクを取ることができるだろう。たとえ投資で損失を抱えることになったとしても、その損失は仕事から得られる報酬が多ければ多いほど埋め合わせが可能となるはずだ。投資した金融商品の価格が下がっても仕事から得られる報酬が多ければ多いほど不安になる度合いも少なくて済む可能性が高い。逆に投資した金融商品の価格が上がれば仕事と投資とでタブルで大きな収入が得られることになる。


 さらに仕事をもう一歩進めて木村剛氏が著書で書いているような「一流」と言われるところまで進めることができたらどうだろう。より一層多くの報酬を得られる可能性があるだろう。職種にもよるが数千万円もの年収を稼ぐこともあり得る。

 また「一流」となると、やってくる仕事も多くなるはずで、その中からより条件のよいもの、自分がやりたいと思える仕事を選べる可能性も高くなる。仕事を依頼する人、一緒に仕事を行う人も一目置くような態度となる可能性も高い。そうなると仕事もやりやすくなるはずだ。そういう中でしっかりとした実績を作っていくと、仕事の成果もその報酬も高い水準で安定して得られるようになる。

 そんな高いレベルまで仕事の質を高められるのは極一部の人だけだとは思うし、仕事に対する努力が表面に表れるようになるまでには、また、人に評価されるようになるまでには、それなりの時間がかかることも事実。でも、仕事から得られる収入を大きくすることが、安心して生活できるのはもちろんのこと、投資に対しても不安を少なくし、投資においてもより多くのリスクを取ることが可能になることは間違いがないことだろう。

 また、多くの人が株式会社に勤めていることだろう。上場会社に勤める人、上場会社じゃなくても上場会社のグループ会社、上場会社との取引が多い会社なども含めると、かなりの割合の人が当てはまるだろう。そんな上場会社または関係する会社に勤めている人が皆、仕事をがんばったらどうだろう。会社の価値、株価は上昇するのではないだろうか。そうなると株式投資からのリターンも期待できることになる。

 仕事は自分以外の人が頑張ればよい?そうかもしれないが、皆がそう思ったら、それは成り立たなくなる。逆に1人でも仕事を頑張って良い成果をあげて勤める会社の株価を上昇させたら、それに対抗してライバル会社が頑張って株価を上昇させ、さらに他の会社が・・・と連鎖するかもしれない。かなり究極の話だが。株価も仕事の上に形成されるものであると思う。

 まとめると、仕事を頑張ると次のようなメリットがあるのではないだろうか。

  ・仕事から直接得られる報酬が増える
  ・投資においてより多くのリスクを取ることも可能
  ・株価が下がっても平然としていられる
  ・投資対象の株式は仕事の上に形成されるので株価も上昇する

 仕事だけでもなく、投資だけでもなく、その両方、欲張ればさらに他のものも、というのが理想だろう。複数のものがお互いに補完し合うようなそんな関係を築いていけたらよいと思う。中桐啓貴氏の「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」にもハイブリッド社員として給料と株主配当の両方を得るというのが書かれている。この考え方に大いに賛成である。

 いろいろと書いてきたが、多くの資産を築くためには「仕事」を一生懸命やることが一番の近道だと思う。仕事から連鎖的に投資の方も好回転していくと思う。言うのは容易いが実行するのは難しい。でも、目標を達成したいならなにがしかの努力は必要である。その努力を仕事にも向けてみようかなとあらためて思ったので、こんなエントリを書いてみた。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント
ポートフォリオの中身に、
「仕事」と「投資」以外もあるのではないでしょうか。
例えば「節約術」や「家族」です。
「節約」は収入ではありません、
ストックされるお金は増えるので、
資産運用に入るのかなと考えました。
「家族」は直接お金にかかわらないですが、
「マイホーム購入時の親からの援助」や「子供の教育費」など、
資産運用に大きく影響を与えます。

「仕事」と「投資」以外の資産も考えたとき、
「中核が仕事」というのに違和感を感じました。
2008-04-07 月 10:28:34 | URL | うたぐら #- [ 編集]

>うたぐら さん

 どの範囲で見るかで変わってくると思います。
 まず、人生という大きな範囲で見ると「家族」は中心的位置を占めるでしょう。「家族」と楽しく暮らすためには、自分自身が快適な生活をおくるとしたら、ある程度の「お金」が必要になると思います。
 では、その「お金」を稼ぐ手段という範囲で見るとどうでしょう。「仕事」の他に「投資」や、うたぐらさんがおっしゃるような「節約」、「親からの援助」なども入ってくると思います。今回のエントリで言いたかったのはこの部分です。この範囲で見た場合には、やはり「仕事」を中心に考えるべきではないかというのが私の言いたいところです。
 何かご指摘のことがあればさらにご意見いただけるとありがたいです。
2008-04-07 月 23:56:22 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

投資以外からの定期的な収入は、私も「仕事」と思います。
ただし、最近は頑張っても収入が増えないのが悩みですが・・・。


2008-04-10 木 19:29:59 | URL | 愛犬クロリス #vXeIqmFk [ 編集]

>愛犬クロリス さん

 仕事でたくさん稼いで、できるだけ多くを投資にまわすというのが理想的だと思っています。
 仕事に対する努力はすぐには形となって表れないのですが、いつかはきっと報われる時がくると思いますよ。

2008-04-10 木 22:46:39 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

既に資産を持っている方はともかく、これから資産を形成しようという段階では元本を安定して積み増していく必要があり、本業を頑張るのが最も近道ですよね。
私も最近、改めて「仕事」に力を入れています。年齢的にも30代半ば、今が頑張り時なんだろうと思います。

とは言っても収入は必ずしも頑張った分増えると限りませんし、うたぐらさんの書かれている「節約」が最も確実で土台となっている部分に感じています(うちは妻が浪費家で・・・本人の小遣いの範囲なので文句は言っていませんが、本音はそこも私に管理させて欲しいです(苦笑))。
2008-04-12 土 00:07:31 | URL | じゅん@ #mQop/nM. [ 編集]

>じゅん@ さん

 30代、40代は仕事の質と量のバランスがとれた、よい成果が出せる時期だと思います。そんな時期に「仕事」を頑張ってみるのは資産形成と切り離しても、世の中のためになる有意義なことのようにも思います。
 今回のエントリには書きませんでしたが、「節約」も自分の努力で成果を出せる有効な手段だと思います。「節約」もやり過ぎるとストレスがたまるでしょうから、やはりたまには贅沢にお金を使うこともよいと思います。贅沢にと言っても「ほどほど」がよさそうですが。
2008-04-12 土 01:54:42 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。