プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/04/20 (Sun) 00:54:14
手動積立を導入した理由をあらためて
 今月から自動積立に加えて手動積立を行うことにした。手動積立を行うことにした大きくは理由は、自動積立のみではやはり退屈だから、ではない。え?そうなの?と思った人も多いかもしれない。退屈だというのが理由としてまったくないということではないのであるが、自分の相場観は当てにならないと感じているので、退屈しのぎにタイミングを計って投資をしてパフォーマンスを悪化させてしまうのは本末転倒である。

 では手動積立を行うようにした大きな理由は何かというと、それは投資信託の分配金をいち早く再投資するためである。rennyさんは、「お答えしましょう #1」でも少し触れているように、分配金が嫌いなようだ。私も分配金は大嫌いなのだ。でも、分配金から完全に逃れるのはほとんど不可能。ならばいち早く再投資するべきではないかと考えた。


 私の場合、保有の投資信託(ETF)はまだ少ないので分配金が出ても少額で1万円に満たない。一般に投資信託は1万円からの購入になるので、分配金が1万円を超えるまで現金で遊ばせておくことになる。1万円を超えるまで待つと1年とか2年とかかかることになるが、これが心理的には結構バカらしく感じるのである。

 でも、ある時気づいたのである。自動積立でなく手動で積み立てればその時に分配金も一緒に投資できるなと。そう、投資信託は1万円から買えるものが多いが、1万円単位ではなく、1万円以上1円単位のものが多いのだ。そんなの当たり前じゃん!と突っ込みを入れた人が多いかもしれないが、このことに気づいたのはわずか数か月前だったのだ。

 ということで、早速、年初や今月初めに出た「iShares S&P 500 Index Fund (IVV)」などの分配金を再投資しようと思っている。大嫌いな分配金だが、これで少しは気が収まるのではないかと思っている。

 手動で積み立てることで、やはり少しはタイミングも考えようかと思ってはいるが、タイミングを計ったところでうまくいくものでもないし、仕事が忙しかったりするとなかなか投資の方に気が回らなかったりもするので、ほどほどにしようと思っている。小心者でもあるので、自動積立の日(毎月8日)の15日後(1か月の半分)である23日(休業日の場合は翌営業日)に決めて毎月手動積立してしまうんじゃないかと思ったりする。

 少しタイミングを計って退屈しのぎするのはよいが、やはり必ず守らなければならないことを決めておく必要もあるはずだ。それはその月内に必ず買うということだと考えている。1度そのルールを守らないとそこから乱れていい加減な投資になってしまうものなので、このルールだけは忘れずに守ろうと思っている。

 でも怖いのは、仕事が忙しくて手動積立のことなどすっかり忘れてしまうことだ。あまり忘れるようだと、自動積立だけに戻すかもしれない。そうなったらそうなったで、もしかしたらそれは仕事が充実しているからかもしれないので、それはそれでよいかもしれないと思ったりする。長く続ける投資なので、楽しみながらやっていきたいものである。
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

fundstoryさん、こんばんは(*^ー^)ノ

なるほど。その発想は、私も気づかなかったです。ただ、手動積立だと小額ならば手数料が高くつきそうですね。

私は面倒くさがりなので、手動積立だと忘れてしまいそうですが、fundstoryさんならば、忘れずにできると確信してます!

PS:とよぴ~さんのブログでは恥ずかしい思いをさせてしまいまして、すみません(-人-)。それだけ、私の中で素晴らしいブログだということで、受け取っておいてください。
2008-04-21 月 22:52:23 | URL | スライル #- [ 編集]

>スライル さん

 実は私もかなりの面倒くさがりやさんなので忘れてしまいそうなんです(汗)。毎月家賃の振込をしているのですが、最近結構忘れて月末ぎりぎりになることもしばしばです。
 とよぴ~さんのblogのコメントでは、私のblogがいたらないがために、かえって残念な思いをさせてしまったかもしれず、すみませんでした。他の素晴らしいblogと同等に思っていただいて、うれしくもありましたよ。スライルさんのような言葉を励みにblogを続けていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
2008-04-22 火 01:22:32 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


残念な思いなんてとんでもないです!
私の中での評価は全く変わらないですよ。
これからも、ぜひ応援させて頂きますので、宜しくお願いします(▽⌒*)
2008-04-23 水 00:04:45 | URL | スライル #- [ 編集]

>スライル さん

 どうもありがとうございます。
 最近は同じ内容の繰り返しになってしまっているところが多いと思いますが、読んでいただいている方の声を励みに、続けていきたいと思っています。よろしくお願いします。
2008-04-23 水 01:35:36 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

拙ブログの御紹介ありがとうございます。

ご高察の通り、分配金は大嫌いです。カタキくらいに思っています。
手動積立のアイデアはなかなかGoodですね。ETF(1306)の分配金も証券口座に入金されれば実践するんですけどね。DRIPサービス、欲しいなぁ。
2008-04-23 水 18:21:28 | URL | rennyです #- [ 編集]

>renny さん

 分配金は「カタキ」ですか。穏やかじゃないですが、確かにそのくらいの存在かもしれません。
 私もDRIPサービスをやってほしいですが、実現されないところをみると望んでいるのはまだまだ少数派なのでしょうかね?気長に待つしかなさそうです。
2008-04-24 木 01:30:54 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。